今夏にアストン・ヴィラへ移籍したマルティネスが色々語る

本日も更新していきます!!!

 

 

 

先日アストン・ヴィラに衝撃的な敗戦を喫したアーセナル。

僕はリーグ戦は長いからと前向きに捉えようと努力していますが、中々落ち込みから抜け出せられないです。

皆様はいかがお過ごしでしょうか。。。

 

とはいえ、ブログは平常通り続けていきたい所存であります。たまにフラッとお立ち寄りください。。。

今回はアストン・ヴィラ戦後に今夏にアーセナルを離れたエミ・マルティネスがインタビューに答えていたので、そちらをまとめてレポートしていきます!

 

 

移籍について

 

先程紹介したように、今夏にアーセナルから2000万ポンドの移籍金でアストン・ヴィラに加入したエミ・マルティネス。

昨シーズン後半戦に大きなインパクトを残しFAカップ優勝にも貢献した同選手が、件のアストン・ヴィラ戦後のインタビューで改めて当時の状況を答えていた。

 

「周りの人達は皆、移籍が私のキャリアのステップダウンだと言っていたが、私はいつもそれがステップアップだと言ってきた。私がヴィラに来ることを決めたのは監督とクラブの野心を信頼し、ヴィラの可能性を知っていたから。」

「アルテタ監督に週に1回はプレーしたいと懇願していたが、彼はそれを保証できなかった。」

「コミュニティ・シールドの前日でさえ、彼は誰がゴールを守るのか決めていなかった。私はただファーストチームでサッカーしたかったが、アーセナルはそれを保証できなかった。」

「クラブで10年過ごした後、フラム戦に出場するのか試合の前日の夜まで待つことが出来なかった。」

「だから、僕はアルテタ監督に『アストン・ヴィラへ行きたいから放出してほしい』とテキストメッセージを送った。」

 

とのこと。

恐らくアルテタ監督はマルティネスに残ってもらい、1年掛けて正GKのはどちらが良いのか判断したかったのでは。

しかし、マルティネスが移籍を望んだことでそれを受け入れたと。理想の上司みたいな話。

また、アストン・ヴィラはFAのカップ優勝後すぐに連絡をくれたそうで、そういったところも野心をくすぐられたとのこと。

 

 

アルテタ、アーセナルについて

 

移籍背景を語ってくれたマルティネスだが、アルテタ監督に対してこのようにコメントしていた。

 

「彼はとても正直で、僕に対してとてもオープンだった。長くアーセナルに在籍した私が移籍することを助けてくれた。」

「私はそのことにどれだけ感謝しているか、そして彼がアーセナルで上手くやっていることにどれだけ満足しているか。。。彼がクラブのリーダーであることをとても嬉しく思う。」

 

とのこと。

アルテタがマルティネスの移籍を先導していたなんて。選手思いなのがわかる。

ということはアストン・ヴィラ移籍が『ステップダウン』と表現した人は他の人達なんだろうなぁ。サンジェイとかかな?笑

また、アーセナルとの対戦についてこのように語っていた。

 

「正直言うと少し感情的。2ヶ月前、私は2つのトロフィーを彼らと一緒に持ち上げていたし、アーセナルには10年も在籍した。」

「だけど、今彼らと対戦する時はただ勝ちたいと思う。」

 

苦労人だからか、なんだか嫌いになれないですねマルティネスは。アーセナル愛にも溢れているし。

 

 

アストン・ヴィラ

 

その他、マルティネスはアストン・ヴィラの今後についても語っていた。

 

「アストン・ヴィラに来た初日、私の野心はこのクラブと共にヨーロッパへ行くことだと言った。」

「私はこのクラブをできるだけ押し上げたいと思っているし、今私達は正しい道を進んでいる。今シーズンで達成できるか?もちろん、だけどそのためには努力しなければならない。」

 

現在アストン・ヴィラはリーグ戦7試合を消化して5勝2敗の6位。

トップ4は難しいかもしれないが、この調子を維持すればEL出場ラインに到達できる可能性は十分にありえる。

まさか本当にステップアップになってしまうのか。。。

 

インタビュー動画↓

 

 

今後も新たな情報があり次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

今年2度目のまじどうする!?アーセナル試合レポート

『ショボスライへの関心は本物』1月のアーセナル加入はあるのか!?

セルジュ・ニャブリはPLに戻るならアーセナルが『お気に入り』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です