今シーズン最も改善された4人の選手

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は先日「FUNSIDED」にて『今シーズン最も改善された4人の選手』なるレポートが上がっていたので、そちらをご紹介します!

 

はじめに

 

簡単にまとめると、アーセナルはこれまで信じられないような長い道のりを過ごしてきた。

しかし、まだまだ若いチームであることから、さらなる成長も感じさせており、トップ4に向けて着々と進んでいる。

チームの中にはアレクサンドル・ラカゼットのように、今後若くパワフルな選手へ入れ替わる必要があるポジションもあるが、その他のポジションを見てみると、以前よりもレベルアップした選手が何名かいる。

今回はそれらの選手を紹介していく。

 

 

エミール・スミス・ロウ

 

ガブリエル・マルティネリをメンバーから外すことは出来ないが、エミール・スミス・ロウが毎週プレーしていないことを見るのは残念。彼は今シーズン素晴らしい。

一連の小さな怪我と、マルティネリが輝いていることの犠牲者である彼は、過去16試合で5試合をスタートからプレーした。限られた時間の中でも彼の試合全体への影響は顕著だった。

傑出した部分は、彼のゴールスコアへのアウトプット。ミケル・アルテタ監督はNo.10の選手に15ゴール10アシストを求めており、その中でも今シーズン、ゴールの部分は達成出来る可能性がある。

彼の動き出しは今までも滑らかだったが、今はボックスに到着する際に熟練されたフォワードのようなタイミングを見つけている。

更に両足でフィニッシュ出来るようになったこともここまでのゴールの多さに影響している。

元々、彼はポジショニングに優れた選手だったが、今では逆サイドのブカヨ・サカと同様に自身の体格を上手く利用したスキルを見せている。

彼の将来にはまだまだ光が灯っている。

 

 

マーティン・ウーデゴール

 

1年以上前にアーセナルへ到着したマーティン・ウーデゴールは、当時と比べて驚くような飛躍を遂げており、ファンは驚きを隠せない。

ただそれは、彼が貧弱だったからではなく、今シーズン別次元のプレーを見せているからである。

昨シーズン、彼がアーセナルへ到着した際、私達に輝かしい走り出しを見せた。才能があるのは明らかだったので、残るポイントはPLに慣れるという作業だけだった。

また、度々批判にさらされたポイントだったのは、彼が90分通して華麗なプレーをできなかったこと。昨シーズンの彼は試合の流れが相手に傾くと、そこから復帰する事に苦しんでいた。

しかし、今シーズンは打って変わり、全ての試合、時間で影響力を発揮している。

クリエイティブなプレーを見せてくれるだけでなく、ボールを持っていない時間も精力的に動き回っており、彼の試合に対する欲求やエネルギーはアーセナルでトップ。

そして、彼がまだ23歳ということを鑑みれば、更に信じられないことのように感じる。

全体的に大幅な成長を見せた。

 

 

ガブリエル・マルティネリ

 

スミス・ロウと並び、いやそれ以上に改善を見せたのがガブリエル・マルティネリ。

ニューカッスル戦で交代出場した際に華麗なゴールを決めた彼は、それ以降スターティングメンバーとして確固たる地位を築いてきた。

20歳という若さの選手は毎試合で改善点を見つけては成長を見せてくれるので、その姿を見ているだけでも魅力的に感じる。

これまでの彼はあらゆる場面でヒーローになるためのプレーを選択してきたが、今シーズンはよりチームのためのプレーにシフトしている。

そして、それだけでなく彼のドリブル能力はより良くなっている。以前のように猪突猛進なドリブルだけでなく、相手DFを左右に揺さぶるようなドリブルは相手にとって悪夢のよう。

また、彼のファーストタッチは靴に魔法が掛かっているよう。そのような才能を目に出来るのは私達にとって幸せなことである。

何よりもこれから更なる成長が待っている。彼の成長曲線は肉眼では見えない。

 

 

ガブリエル

 

昨シーズンのガブリエルはオープンマッチとなったフラム戦でゴールを決めるなど、エキサイティングなスタートを見せた。

昨シーズンのアーセナルは10〜11月に悲惨な状態を迎えたが、サウサンプトン戦でレッドカードを貰うまで、ガブリエルは印象的なプレーを見せていた。

しかし、ファンの誰もが彼を彼のファーストシーズンで世界最高の選手になるとは考えておらず、英語を話すことが出来ず、長期的なパートナーになる選手もいない状態で最高を迎えることが出来ないことは理解していた。

そして、今シーズンの彼は大きく飛躍した。彼のタックルのタイミングはスマートで、ポジショニングもタイトになった。パートナーであるホワイトと完全に互換性がある。

更に元々のパワフルな空中戦の強さを発揮しており、昨シーズンよりも不用意に倒れる機会も減った。

しかし、彼もまだまだ成長著しい選手。今後数年間のアーセナルのCBとしてプレーするだろう。

 

 

いかがだったでしょうか?

おおよそ皆さんも考えただろう選手のラインナップ。

名前が出てきた選手の誰もが昨シーズン以上のプレーを見せており、更に成長の余地を感じさせるという。

彼らが今後数年間のアーセナルを引っ張っていき、CL優勝まで成し遂げてほしい。想像するだけでよだれが。。。

残りシーズンの活躍にも期待していきましょう!!!

 

 

元記事はこちら→4 most improved players this season

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ラウタロ獲得の可能性は未だ消えず?モンレアルがエジルについて語る

ASローマはナイルズの買取を行いわない!エイブラハムは今や非売品

今夏にレンヌの若手MF獲得へ動く?ランスの若手FWへの関心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。