ホールディングに対するミケル・アルテタのスタンス。その他ニュースも

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

ホールディングに対するミケル・アルテタのスタンス

 

弊ブログでは紹介していなかったのですが、先週末にニューカッスルやレスター・シティからの関心が伝えられていたロブ・ホールディング。

アーセナルが今夏にブライトンからベン・ホワイトを獲得したことで、現在クラブのCBの競争が激化。そのため、ホールディングを狙うクラブが現れていると報じられていた。

しかし、本日の「football london」によれば、週末に報じられていたホールディングへの噂の根拠は特になく、選手は今週末に行われるブレントフォードとのPL新シーズン開幕戦に出場できるよう調整を続けているとのこと。

ホールディングは、先日行われたチェルシーとの親善試合で軽いけがを負っていたため、先週末に行われたトッテナムとの親善試合には欠場していたが、現在は回復しているそうな。

恐らく、トッテナムとの親善試合に出場しなかったことで移籍の噂が立ってしまったのではないかと。

また、「football london」によれば、アルテタ監督含むフロント陣はプレー以外でもホールディングのことを高く評価しているそうで、今年1月に同選手が契約延長した後にアルテタ監督が語っていた話を紹介していたので、弊ブログでもそちらをご紹介。

 

アルテタ監督「私達は彼のことを高く評価しており、今では彼がチームとクラブで重要だと多くの人が感じていると思う。

彼はこのクラブにとても満足していると思うし、それはとても良いこと。彼は自身がチームにとって重要であることを理解しているから、リーダーシップがとても向上した。

彼は人としての自身の立ち振舞、他の選手へのケア、そして自身のパフォーマンスに関しても自信を持っているのでとてもリスペクトされている。

それらは彼にとってナチュラルな成長であり、私は彼にとても満足している。

彼がどれほど一生懸命ワークしているか、彼がどれだけ学びたいか、彼がどれほど謙虚であるか。

彼の物事が全て上手くいっていても、彼は更に良くなりたいと思っている。」

 

とのこと。

大絶賛ですね。

アルテタ監督はチームメイトから尊敬される選手のことを高く評価する傾向があり、ホールディング以外にもチェンバースのことを高く評価しているとも伝えられている。

たしかに彼らのインタビューから聞こえるコメントはいつも真面目で謙虚さが伺える。

あとは、彼らがクラブの中枢人物として活躍し、チームを引っ張ってもらいたい!!!

僕は彼らのような謙虚で実直な選手が大好きなので、本当に本当に活躍してほしいです!!!

 

 

コランタン・トリッソに関心か

 

今夏の移籍市場も残り数週間。

最近の報道によれば、アーセナルは残りの移籍期間でアタッキングMFとGKの獲得に全力を注ぐと伝えられていたのだが、本日の報道によれば、CMF獲得にも関心をいだいている模様。

ドイツ紙「Bild」によれば、現在アーセナルはバイエルン・ミュンヘンに所属するコランタン・トリッソ獲得に関心をいだいているとのこと。

同メディアによれば、バイエルン・ミュンヘンは今夏に残り契約が1年となるトリッソを売却したい意向があるそうで、獲得時に4150万ユーロかかった同選手を1000万ユーロで売却する用意があるそうな。

そのため、アーセナルの他にも、ユベントス、ウエストハム、マンチェスターUが関心をいだいているという。

そして、同クラブはトリッソを売却した後、RBライプツィヒに所属するマルセル・ザビッツァー獲得に動く予定なのだとか。

また、この報道はフランス「レキップ」でも報じられており、アーセナルの関心がどれほどなのかまではわからないが、少なくともバイエルンが格安になってもトリッソを売却する用意があることは間違いない。

現在アーセナルはウィロックが退団に近づいている他、トレイラも退団する可能性が高まっているため、中盤の選手がジャカ、ロコンガ、パーティ、エルネニーとなっている。そして、パーティとエルネニーが1月にネイションズカップで離脱するため、中盤にもう1人選手が欲しいところだった。

フランス代表にも選出歴のある選手が1000万ユーロで獲得できるのであれば獲得に向かうべきだと思うが、果たしてどうなるのか。

 

 

ラツィオがコラシナツに関心

 

今夏にアーセナルから退団することが濃厚だと伝えられていたものの、今のところ退団の見通しがついていないコラシナツ。

最近の報道によれば、フェネルバフチェが同選手の獲得に前進しているそうなのだが、本日の報道によればラツィオも獲得に関心を抱いているとのこと。

thelaziali」によれば、現在ラツィオは今夏に新たに監督に就任したサッリ氏のために左SBを補強したいと考えているそうで、そこにコラシナツの名前が挙がった模様。

ラツィオは過去にもコラシナツに関心を抱いており、今回改めて獲得に動く可能性がある様子。

しかし、コラシナツ以外にもフィオレンティーナのヘルマン・ペッツェラにも関心を寄せているそうな。

まだ具体的なオファーなどは報じられていないものの、もしかするとコラシナツは今夏に売却できそうな予感。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルが移籍市場終了までにリンクされているストライカー3選

ジョー・ウィロックが2500万ポンドでニューカッスル移籍へ

ブライトンがエンケティア獲得に2000万ポンド用意!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です