ブライトン、クリスタル・パレスが1月にもエンケティア獲得へ!?

本日も更新していきます!!!

 

 

ブライトン、クリスタル・パレスが1月にもエンケティア獲得へ!?

 

現行契約が今シーズン限りとなっているため、1月から海外クラブを含め、自由に交渉することが可能になったエディ・エンケティア。

アーセナルは残留を望んでいるものの、選手本人がプレータイムの増加を望んでいることで交渉がこじれているとも伝えられているのだが、昨日のイギリス「Sun」によれば、そんな状況のエンケティアを1月に獲得しようと動いているクラブがいる模様。

同メディアによれば、現在エンケティアに対してクリスタル・パレスとブライトンが1月の獲得に向けて強い関心を見せているのだとか。

両クラブとも夏からアタッカー獲得を目指しており、ブライトンは先日アーロン・コノリーをレンタル放出してアタッカー獲得のための枠を空ける動きを見せている他、クリスタル・パレスはマインツからレンタルで獲得しているマテタを完全移籍で獲得するつもりがすでにないそうな。

そのため、両クラブとも1月の間に新たなアタッカーの獲得に熱心だという。

また、以前から関心を示しているレバークーゼンはフリートランスファーになる夏の獲得を目指しているとも。

ブライトン、クリスタル・パレスは比較的エンケティアに合いそうなサッカーをしているチームなので、選手自身は移籍に傾く可能性は十分あるのではないか。

しかし、アーセナルは今月からFAカップとカラバオカップのセミファイナルが始まるため、エンケティアに一定のプレータイムを与えるはずで、そういった試合で結果を残せばPLで出場する可能性も出てくる。

その際にアルテタ監督から説得されれば意外と残留する可能性も?

 

 

1月のオーバメヤンへのオファーを受け入れる方針

 

先日懲戒処分を受けて数試合を欠場し、その後早々にネーションズカップの準備に向かったピエール・エメリック・オーバメヤン。

同選手にはニューカッスルが関心を示しているとの話も噂されているが、昨日の「Sky Sport」によれば、アーセナルは1月に同選手の売却に耳を傾けるつもりがあるとのこと。

同メディアのダーメッシュ・シェス氏はこのように紹介している↓

 

「(オーバメヤンに)オファーが来たら検討すると言われている。

ただ、そういった話はあるのだが、どのクラブがそんな事を出来るかわからない。

彼の契約は残り18ヶ月で週給は35万ポンド。契約が成立するとすれば、どんな契約体系になるだろうか?」

 

とのこと。

オーバメヤン売却の可能性は十分あるとしつつも、現実的に彼を獲得できるクラブは多くないとしている。

オーバメヤンに対しては、ニューカッスルの他、バルセロナ、ユベントスからの関心があるとも伝えられており、アーセナルも売却先を探していると報じられている。

ただ、前述した通り、オーバメヤンの高給はかなり障害になっているため、めぼしい売却先は見つかっていないという現状である。

このまま進めばエジルの二の舞になる可能性も。。。一部報道によれば、アーセナルはオーバメヤンを早めにネーションズカップに送ったのは関係をリセットするためだとも伝えられているがどうなるのだろうか。

ちなみに、昨日ヴラホヴィッチに5500万ユーロ+トレイラのオファーを送ったと報じられている。

 

依然としてヴラホヴィッチはアーセナル移籍に関心がないされているが、こういった動きはオーバメヤンの退団が近づいていることと関係しているのだろうか!?

 

 

カラバオカップ準決勝が延期の可能性?

 

今週、日本時間の金曜日の早朝にカラバオカップ準決勝リヴァプール戦が控えているアーセナルだが、もしかするとこの試合は新型コロナの影響で延期になる可能性がある模様。

https://twitter.com/Arsenal/status/1478465690810134531

 

本日朝にリヴァプール戦が開催できるのか協議中とアナウンス。

事前に話は出ていたのだが、どうやら現在リヴァプールは選手・スタッフ間で新型コロナが蔓延しているようで、アーセナル戦に差し当たって起用できる選手が何名いるか微妙な状況なんだとか。

アーセナル的にはメイン選手がいない状況で開催してもらいたいところではあるが、その試合でアーセナルの選手に感染してしまっては元も子もない。なるべく問題のない形で開催してもらいたいところです。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

1月の移籍市場で去ることが出来る4人のディフェンダー

ジャカと同じ状況。アーセナルはナイルズを1500万ユーロ以下で売らない

悪い予感は大概当たる。恐怖の1対1。アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です