ガブリエル・ジェズスとリサンドロ・マルティネス獲得に7000万ポンド準備

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

ガブリエル・ジェズスとリサンドロ・マルティネス獲得に7000万ポンド準備

 

ファビオ・ヴィエイラの公式発表が迫った後、現在ガブリエル・ジェズスとリサンドロ・マルティネスの両獲りを画策していると伝えられるアーセナル。

すでにメジャーなジャーナリストからトップターゲットだと伝えられる両選手だが、本日のイギリス「daily mail」によれば、アーセナルは両選手の獲得に7000万ポンドを準備しているとのこと。

同メディアによれば、ガブリエル・ジェズスの獲得交渉はマンチェスターCが5000万ポンド評価しているものの、4000〜4200万ポンドほどで合意するのではないか?と予想されており、リサンドロ・マルティネスはアヤックスが3000万ポンド求めていることから、総額7000万ポンドの支出を準備しているという。

直近の情報ではファブリシオ・ロマーノ、デイビッド・オーンステインの両ジャーナリストがリサンドロ・マルティネスもトップターゲットの1人にしていると報じているため、獲得に動いていることは間違いない様子。

ただ、ロマーノ氏によれば、現状の最優先はジェズスらしいので、早くそちらの交渉をまとめて欲しいところ!

https://twitter.com/FabrizioRomano/status/1538342556970491905

 

ちなみにガブリエル・ジェズスに関しては、ブラジルのジャーナリストが「ジェズスはエドゥが口説き落とした」的なレポートをあげていたので、あとはクラブ間合意を待つだけなのかも!?

続報が待たれます!

 

 

アセンシオへの関心は失わず?

 

以前よりアーセナルが関心を抱いていると噂されていたマルコ・アセンシオ。

ここ最近はアーセナルがリーズに所属するラフィーニャの獲得に関心を抱いていると噂されたため、少々トーンダウンしていたのだが、昨日のスペイン「Sport」によれば、アーセナルはまだ関心を抱いている模様。

同メディアによれば、現行契約が残り1年となったアセンシオは、現在レアル・マドリーと契約延長交渉を行っているのものの、サラリーの問題で合意から離れているそうな。両者とも契約延長の意思があるのだが、レアル・マドリーは現在提示しているサラリーよりも高額なオファーを出すつもりがなく、返答次第で売却に動く予定だそう。

そして、そこにアーセナル含む数多くのクラブが関心を示しているとのこと。

以前からこのような噂は流れていたのだが、現在アーセナルが強い関心を見せているラフィーニャはバルセロナと個人合意済みなため、もしかするとプランBとしてアセンシオに注目している可能性も。

ただ、今夏の移籍市場はサプライズが多いので、全く別のところから話が出てくるかもしれないが。

ちなみに、すでにラフィーニャと個人合意済みのバルセロナだが、リーズが求める5500万ポンドの移籍金を支払う余裕がないため、獲得に動けない可能性があるという。

https://twitter.com/FabrizioRomano/status/1538404209166471168

 

アーセナル以外のPLクラブも関心を寄せているそう。こちらも注目です!

 

 

エンケティアとの契約延長が公式発表!

 

おめでたいニュース!

昨日ついにかねてより契約合意に達したと伝えられたエディ・エンケティアとの契約延長が公式発表!

https://twitter.com/Arsenal/status/1538138307414081537

 

俺たちのエディ!

エンケティアは昨シーズン、チェルシー戦を境に状況が一変!まさかの14番を与えられるという!

エンケティアが14番を与えられることに関して不満を言った不届きなサポーターがいたそうだが、エンケティアにはこれから14番の背番号に負けない活躍を見せて欲しい!

とりあえず、来シーズン(もう今シーズン?)はジェズスと一緒に公式戦トータル20ゴールを目指して欲しい!

契約延長の際のコメント等はもっと翻訳の上手で詳しく伝えてくれるブログでお願いします!!!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ファビオ・ヴィエイラの初コメント!アヤックスDFにオファー?

ファビオ・ヴィエイラは何者?!3400万ポンドの漢のプレースタイル等

今後数時間でガブリエル・ジェズス獲得交渉が大きく変化する模様!

ガブリエル・ジェズスとリサンドロ・マルティネス獲得に7000万ポンド準備” への4件のフィードバック

  1. 凄く情報が錯綜していますね!
    ガナがジンチェンやめてリサンドロに行くかと思えばシティがやっぱククレジャ欲しくてジンチェンが移籍か?
    みたいな話になってますし

    リサンドロとFW(ジェズス)で7000万ならジェズスは買えないだろうって話だし、アルテタは
    がサラリー圧縮したいらしいならジェズスは違うだろうって話にもなるし、結局ジェズスとシティ側の都合の案件っぽさが未だ濃厚という…。

    ガナやPLに対するモチベ高めの(無名寄りの)選手がスパスパ決まれば高額選手はどんどん後回しになり、実際の市場価値や需要が露呈していくのでは

    1. @EddieNketiah9とか言ってた癖に14番で喜んでそうなところとか、エンケティアって十分ガナーですよね。

      1. エンケティアにはこのままアーセナルの14番に似合う活躍をして欲しいところです!

    2. 情報量が多すぎて困っています(泣)
      リサンドロ・マルティネスのプロフィールを鑑みれば、ジンチェンコに関心を持っていたのは間違いなさそうですね!
      ただ、CBも出来るリサンドロ・マルティネスの方が欲しい!という結論な気がします!
      ジェズスに関してはマンチェスターCが資金を増やすためにも高く売りたい希望がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。