アドリアン・ラビオの動向に注目?レアル・マドリーはガクポ獲得へ動かず

本日も更新していきます!!!

 


アーセナルファン必見!W杯ベスト16でアーセナルがリストアップする選手!

 

ACミランがマルティネリ獲得に関心?

 

現在アーセナルが契約延長交渉を行っているガブリエル・マルティネリ。

今シーズンの活躍により、マルティネリはワールドカップのブラジル代表にも選出されるほどの選手に成長しており、クラブは契約延長を急いでいるのだが、そんな中、昨日の「calciomercatoweb」によれば、ACミランがマルティネリの獲得に関心を抱いているとのこと。

同メディアによれば、ミランは来夏の移籍市場以降にチームの主力選手であるラファエル・レオン売却の可能性があり、その後釜にマルティネリ獲得を検討している模様。

また、別のメディアではバルセロナもマルティネリ獲得に関心を抱いているとのことで、数多くのクラブがマルティネリに注目し始めているそうな。

ただ、アーセナルとの契約は2024年まで残されているだけでなく、2年の契約延長OPが付いているとも伝えられているので、マルティネリが退団を望まない限り、売却する可能性はないだろう。

ちなみに、マルティネリはアーセナル大好きなので、エージェントが何か変なことをしない限りは契約延長もしてくれるはず!

 

 

アドリアン・ラビオの動向に注目?

 

1月の移籍市場で中盤補強に動くとされるアーセナル。

現時点での有力候補はパルメイラスに所属するダニーロとレスター・シティに所属するユーリ・ティーレマンスと伝えられているが、具体的な動きを示すレポートは出ておらず、今後の動向が注目されていた。

そんな中、「calciomercato」によれば、アーセナルとニューカッスルがユベントスに所属するフランス代表のアドリアン・ラビオの動向を注目しているとのこと。

同メディアによれば、ユベントスはここ最近騒がれているように、粉飾決算?の問題によって1月の移籍市場で数名の選手売却を試みる可能性があり、その中で現行契約が今シーズン限りとなっているラビオ売却の可能性がある模様。そして、その状況にアーセナルとニューカッスルが関心を示しているという。

どうやら1500万〜2000万ユーロで売却可能だそうで、1月に中盤補強を行いたいクラブが注目している様子。ただ、ラビオの代理人を務めるラビオのお母様は度々メディアを騒がせる人物で有名であり、ある意味リスクある選手獲得に動くのかは微妙なところではないかと。

 

 

レアル・マドリーはガクポ獲得へ動かず

 

ワールドカップで活躍し、評価を高めているPSVに所属するコーディ・ガクポ。

アーセナルも獲得に関心を抱いている選手であり、アーセナル以外にも多くのクラブとリンクされていたのだが、どうやら本命の1つと考えられていたレアル・マドリーは獲得へ動かない予定なんだとか。

marca」によれば、レアル・マドリーは1月の移籍市場で選手補強に動かないことを明確にしており、仮に現在のチームから2〜3名の選手を放出したとしてもリプレイス獲得に動かない構えを見せているそうな。

また、同メディアによれば、レアル・マドリーにはスーパーエージェントのホルヘ・メンデス氏からラファエル・レオンの名前もテーブル上に挙げられたが、全ての選手獲得にノーと答えたという。

アーセナルはガクポ獲得に動くのかはわからないが、少なくとも獲得へ動く際の有力候補が1つ減ったのは大きいのではないかと。ただ、このところのレポートでマンチェスターUが水面下で獲得に動いているとも伝えられており、獲得へ動いた場合は同クラブと獲得レースになるのではないかと。

アタッカー補強はムドリク獲得へ動くのか、それとも他の選手獲得へ動くのか。どうなるのだろうか。

 

 

 


最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

ダンフリース獲得のオファーに冨安を絡める?インカピエに関心

ティーレマンスはすでに次のクラブと合意済み?フロント陣が会合する

1月にジェズスの代役獲得には動かず!予定通りの補強の意向

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です