VARは言い訳にならない。アーセナル試合速報

本日も更新していきます!!!

 

今回はPL第32節アーセナル対フラムの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合結果を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから紹介していきます!

 

アーセナル:4−2−3−1

アーセナルは連戦だったこともあり、久しぶりに大幅なローテーション。

GKはレノに代わりライアン。ディフェンスラインは左からジャカ、ガブリエル、ホールディング、ベジェリン。

中盤はエルネニーとセバーヨスが出場し、2列目は中央にスミス・ロウ、右にサカ、左にマルティネリ。トップにはラカゼットが起用された。

PLで楽に勝てるチームは存在しないが、今回対戦するフラムはリーグ開幕戦で快勝した相手であり、現在リーグで下から3番目に位置するチーム。これからエヴァートン、ビジャレアルの試合が続くアーセナルはこのタイミングで主力選手を休ませた上で控え選手のアピールする機会を作った。

 

フラム:4−4−2

前述した通り、現在リーグで下から3番目の18位に位置しているフラム。ここ5試合は1勝4敗とチーム状況も良くない様子。

そのため、目立った注目選手はいないが、中盤のレミナとCBのアンデルセンは、ウナイ・エメリがアーセナルを指揮していた際に獲得候補となっていた選手たちであり実力者である。気を抜かないようにしなければならない。

 

 

試合内容

 

力強い入りを見せたアーセナルは、7分に最初の決定機。

右サイドから仕掛けたスミス・ロウの折り返しに正面のマルティネリが戻りながら合わせる。ボールは枠に飛ぶも、ジャストミートできなかったこともあってアレオラがセーブ。

ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となる。

アーセナルは40分、サカのパスを受けたベジェリンのクロスからゴール前のセバージョスがヘディングシュートでネットを揺らす。

セバージョスのPL初ゴールかと思われたが、VARの結果、直前のプレーの中でサカがオフサイドに。ノーゴールとなり、0-0のまま試合を折り返した。

迎えた後半もアーセナルがより力強い入りを見せたが、58分にボックス右で仕掛けたレミナに対するガブリエウのチャレンジがVARの結果、PKに。このプレッシャーがかかる場面、キッカーのマジャが冷静にゴール左上に決めて、フラムが先制点。

71分にはアーセナルにチャンス。ボックス左奥のマルティネッリが入れたクロスにファーでペペが合わせるも、これはアレオラの好守に阻まれる。

その後もリスクを冒して攻めたアーセナルはアディショナルタイムに同点に。

CKの場面で上がってきたGKライアンがクロスに触ると、流れたボールをセバージョスがシュート。アレオラが弾いたこぼれ球をエンケティアが詰めて、土壇場で追いついた。

結局、試合は1-1で終了。

 

この試合の簡単なスタッツ等↓

 

 

VARは言い訳にならない

 

少し強烈な言い回しかもしれない。。。とはいえ、今回の試合を引き分けた原因はVARではないよなぁと。

もちろん、今までのアーセナルであれば最後に1点取って引き分けに持ち込むなんてことは出来なかったかもしれないが、今回の試合で勝ち点3を取り切れないところにここ数シーズン不調である理由がある気がした。

しかもラカゼットが負傷するという最も恐れていた主力の怪我も出てしまうし。

すごく漠然とした言い方になるかもしれないが、強いチームは今回の試合展開でPKを与えることはないだろうし、なんなら前半のうちに試合を決められたのではないかと。

こういうところとかも↓

 

サカがVARの判定でオフサイドになりセバーヨスの得点が取り消された場面は、『さすがにこれでオフサイドないだろう。。』と思ったし、今回の試合がウルブス戦で主審をしていたクレイグ・ポーソンだったから『またか。。』とも思ったが、今回のような試合で勝ちきれなかったのはそれだけじゃないよなぁとしみじみ。

ちなみにサカのオフサイドはこちら↓

 

現地では『サカは爪を切るのを忘れた』なんていじられているんだってさ。

 

 

 

その他

 

気になったポイントを箇条書きで

 

  • エルネニーとパーティの差が激しい
  • マルティネリにサンチェスの雰囲気が見える
  • サカとスミス・ロウの相性を見るとスミス・ロウは中央で使いたい
  • サカはこのレベルの相手だと少しレベチ。ワールドクラス候補
  • エンケティアのゴールは嬉しい
  • ベジェリン。。。
  • ガブリエルとパブロ・マリの差は窮地になった時のの反応力?
  • スコット・パーカーはカッコ良すぎる。俳優になるべき

 

こんなところ?

 

今回の試合でアーセナルが作り出した得点機会はおよそ3点分。

これを不運と捉えるか、力不足と捉えるかはあなた次第。

あれだけブロックを敷いている相手に対してこれだけチャンスを作れているのだから、一概にアルテタ監督のセレクションだけが問題ではない気がする。

奇しくも悲惨な負け方をした2月のウルブス戦と似たような空気感を感じた。主審もクレイグ・ポーソン。。。

 

なんだろう、このやるせないモヤモヤは。明日バッティングセンターでも行こうっと。

 

でもアーセナルはやめられない。

 

ELだけは絶対に獲ろう!!!

COYG!!!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

「football london」番記者がアーセナルの今夏について語る

ウーデゴール獲得が難航した場合はロカテッリ獲得へ?5年越しの獲得なるか。

やってくれたワンダーキッド達と7200万ポンドの漢。アーセナル試合速報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です