リヴァプールvsマンチェスターC ~今シーズン1のビックマッチおさらい~

プレミアリーグ第12節、アンフィールドで行われる1戦についてレポート

この試合を見るにあたっての前情報を伝えていきます

最近はアーセナルが絶賛大不調ですので、ブログを更新する気持ちがかなり落ち込んでいましたが、頑張って書いていきたいと思います

 

出場選手

 

ホームのリヴァプールは普段変わらない顔ぶれです

GKにアリソン、バックラインは右からTAA、ロブレン、ファンダイク、ロバートソン

中盤はヘンダーソン、ファビーニョ、ワイナルダム

前線はいつも通りの超強力フロント3、サラー、フィルミーノ、マネの3人です

 

対するアウェイのマンチェスターCは

GKはブラーボ、バックラインが右からウォーカー、ストーンズ、フェルナンジーニョ、アンヘリーノ

中盤はギュンドアン、ロドリ、デブライネ

こちらの前線も強力で、スターリング、アグエロ、Bシウバの3人です

 

リヴァプールはマティプがケガしているため代わりにロブレンが起用されています

それ以外は特に変わりなくほぼベストメンバーといったところでしょうか

マンチェスターCはCLでエデルソンがケガのためブラーボが起用

CBはオタメンディのコンディションが上がっていないこともありフェルナンジーニョを起用

レフトバックのアンヘリーノも絶対的なスタメンとは言い難いので、バックラインは少々危険な気もしますが、どこまで対応できるかがかなり試されます。

 

注目選手

 

個人的な注目選手はマネでしょうか!

今回の試合にあたってペップから「マネはダイブするよね」なんて言われていましたので、この発言に対してプレーで返すのではないでしょうか

また不安定なバックラインにリヴァプールのフロント3がどういった具合に攻めていくのかというところでかなり見所があるのではないでしょうか!

マンチェスターCも同様に前線がかなり強力です

バックラインの不安を取り除いてくれるくらいに攻めていくと思うので、ファンダイク要するリヴァプール守備陣をどう切り崩していくのかが見どころです

 

注目ポイント

 

注目ポイントとしてはこの試合の結果次第ではタイトルレースにかなり影響を及ぼす試合になりかねないので、ペップがどれくらいリスクを冒して攻めてくるのかというところに注目したいですね!

この試合でリヴァプールが勝った場合、9ポイントも離されてしまうので、それだけはなんとしても阻止しないといけないのでは!

まだまだタイトルに関して話すのは早すぎるかもしれませんが、今シーズンは悲願のプレミアリーグ制覇を目指すリヴァプールにとってかなりモチベーションを感じるので、そういった意味でもマンチェスターCは何とかしたいところではないでしょうか!

 

試合展開は予想がかなり難しいので何とも言えませんが、主なポイントとしてはこの辺りでしょうか

それではリヴァプールvsマンチェスターCはこのあとすぐです!

是非お見逃しなく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です