ASローマが1月に改めてグラニト・ジャカ獲得へ動く!?

本日も更新していきます!!!

 

今日はついにリヴァプール戦ですね!

夜中の2時半に行われるのですが、それまでの暇つぶしにいくつかのゴシップニュースを見ていただければ幸いです!

 

 

ドルトムントがヴラホヴィッチ獲得へ具体的なオファー?

 

先日、アーセナルが1月の移籍市場で大金を積んで獲得に動くと報じられていたフィオレンティーナのニコラ・ヴラホヴィッチ。

弊ブログでも紹介したように、同選手には多くのクラブが関心を寄せていることで代理人が移籍先を精査しているとも伝えられているが、具体的なオファーを提示したクラブが現れた模様。

昨日のイタリア「カルチョ・メルカート」によれば、ブンデスリーガのドルトムントがヴラホヴィッチ獲得にドニエル・マレン+3000万ユーロのオファーを提示したと報道。

マレンは今夏の移籍市場でドルトムントに加わったものの、これまで決定的な仕事をこなせていない。リーグ戦は未だ無得点が続いている。

そのため、チームのエースストライカーであるハーランドが来夏の移籍市場で退団する可能性が高いドルトムントは同選手を提示することで新たなエースストライカー獲得に向かおうとしているということだろう。

ヴラホヴィッチの代理人は、同選手がレアル・マドリーでぷれーしたいような趣旨のコメントを残していることから、ドルトムント経由で目指す可能性は少なくないかと。

しかし、ヴラホヴィッチに対してはフィオレンティーナと同じセリエAのユベントスが獲得に強い意志を見せているそうな。

1月の移籍市場で退団するかはわからないが、多くの噂が流れるはず。このところアーセナルはラカゼットとの契約延長を考慮しているとも伝えられているため、以前ほどの興味は持っていない可能性も。

どうなるのだろうか。

 

 

ASローマが1月に改めてグラニト・ジャカ獲得へ動く!?

 

今夏の移籍市場でグラニト・ジャカ獲得に迫り、選手と個人合意していながらも移籍金の額でまとまらず破綻となっていたASローマ。

その後、ジャカはアーセナルと契約延長したことで、ローマ移籍はなくなったと思われていたのだが、昨日のイタリア「コリエ・デッロ・スポルト」によれば、ローマが1月の移籍市場で改めてジャカ獲得に動く可能性があるとのこと。

同メディアによれば、今夏の移籍市場ではスピナッツォーラの怪我とジェコの退団によって、彼らの穴を埋める補強を優先したためにジャカ獲得から撤退したが、未だジャカへの興味は失っておらず、特にモウリーニョ監督がジャカ獲得を熱望しているという。

そのため、1月の移籍市場でジャカを獲得し、中盤の選択肢を増やしたい意向があるのだとか。

とはいえ、ジャカはアーセナルへの残留が決定した後、怪我で離脱することにもなったトッテナム戦では好プレーを披露したことで今後もチームに残ることが期待されている他、1月にパーティとエルネニーがANCで離脱することもあるため、1月の移籍市場でクラブが売却を検討する可能性はかなり低いはず。

可能性があるとすれば1月に超強力な中盤の選手を獲得できるくらいなはず。フレンキー・デ・ヨングとか?

できれば今シーズンにロコンガとナイルズが中盤でもっと計算できるようになって、来夏に改めて中盤の補強に動けるのが嬉しいのかなと。

 

 

ミランがぺぺ獲得に動く?

 

このところ退団の噂がつきまとい、弊ブログでは紹介しなかったが、エヴァートンやニューカッスルからの関心が噂されているニコラ・ぺぺ。

昨シーズンはある程度期待させてくれるプレーも見せていたのだが、今シーズンはサカとスミス・ロウの陰に隠れてしまい、ここ最近は終盤にも出場機会がなくなっている同選手だが、PL以外からも獲得に関心のあるクラブが存在する模様。

先日のイタリア「Il Milanista 」によれば、ACミランがぺぺ獲得に関心を抱いているとのこと。

同メディアの報告書によれば、ミランはぺぺ獲得にかなり熱心だそうで、ミランのステファノ・ピオリ監督がぺぺを加えたいと思っているのだとか。

また、アーセナルはぺぺを引き止めるつもりがなく、2500万ポンドで売却に応じる可能性がある模様。

ぺぺはアーセナル史上最高額である7200万ポンドで獲得され、かなりの期待を背負ってやってきたのだが、半分以下の移籍金で売却される可能性があるなんて。。。

ニューカッスルにレンタルさせて、活躍したら4000万ポンドで売却とか出来ないのかな??

個人的にぺぺにはかなり期待していたのだが、残念なところ。

ただ、ここ最近の彼はボールロストやドリブル失敗が避難されているが、加入当初はそこまでそういったプレーが少なかったようにも感じる。やはり自信を失うとプレーも消極的になっているのだろうか。

なんにせよ、こんな感じで退団となると少し悲しいです。。。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

サニャ「クラブがスミス・ロウにNo.10を与えた事に疑問を持っていた」

エヴァートンが1月にチェンバース獲得へ動く?

「怖いアーセナルが戻ってきた!」ウォルコットが現在のアーセナルに太鼓判

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です