1月の移籍市場で去ることが出来る4人のディフェンダー

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は、昨日「FUNSIDED」にて『1月の移籍市場で去ることが出来る4人のディフェンダー』なるレポートが上がっていたので、そちらを紹介していきます!

 

はじめに

 

3ポイントを獲得できなかったにもかかわらず、1月1日のアーセナルは間違いなく前向きなスタートを切った。若いチームはリーグで最高のチーム相手に良い勝負を挑み、重要な場面で大きな犠牲を払った。

アーセナルは戦術の準備と応用が完璧だったのだが、この試合をなぜ落としてしまったのか完全に理解できている。

そして1月の移籍市場に目を移そう。

アーセナルは補強やオーバメヤンの去就などで騒がせているが、今冬の中心的な舞台となるのは選手の退団だろう。退団するときには必ずしも補強が必要とされるが、現在アーセナルのディフェンス陣には補強の必要なしにチームから去れる選手が存在する。

これまでチームのアイデンティティを作り直す上でいくつかの移籍が行われてきたが、現在のグループ内にはその興奮の源のグループに入っていない選手もいる。

今冬の移籍市場で退団する可能性のあるディフェンダーは4人いる。4選手全員が退団することはないかもしれないが、一部の選手は退団に限りなく近い。1人ずつ紹介していく。

 

 

セアド・コラシナツ

 

  • 年齢:28
  • 契約満了:2022年6月
  • サラリー:週100,000ポンド
  • 関心のあるクラブ:ワトフォード、フェネルバフチェ

 

全選手の中で最も明確な状況。

現在所属している選手の中で、コラシナツほどかつてのアーセナルを表している選手はいない。彼は完全に不要であり、彼の退団はアーセナルがかなりの給与削減出来ること以外に影響を与えることはない。

シーズン終了までの契約を考えると、彼が1月に退団することとなれば200万ポンド以上の節約が出来る。現状の彼は出場する可能性がないまま、給与が支払われ続けている。

ノッティンガム・フォレストとのFAカップでも、アーセナルはすでに2人の左SBを揃えている。幸いなことは彼が足首の怪我から復帰して、トレーニングに復帰していること。これは交渉に役立つ。

意外にもクラディオ・ラニエリ率いるワトフォードがコラシナツに関心を示している。

これはアーセナルにとって嬉しい動きで、他からのオファーがない限り合意するだろう。

ただ、契約前に海外のクラブと自由に交渉が出来るようになった今、来夏の海外移籍が現実的な選択肢だと思われる。

しかし、彼は長い間プレーできなかったことに満足しているわけがなく、いくつかのオファーが舞い込むことが期待されている。

 

 

カラム・チェンバース

 

  • 年齢:26
  • 契約満了:2022年6月
  • サラリー:週50,000ポンド
  • 関心のあるクラブ:エヴァートン

 

昨シーズン、エクトル・ベジェリンとセドリック・ソアレスを右SBでペッキングするという印象的な戦いから、カラム・チェンバースは忘れられた存在になりつつある。

今シーズンのチームでスタメンか、少なくとも2番手には選ばれると考えられていた彼は、今では3番目の選択肢ですらない。オプションを考えると、アルテタはベン・ホワイトに彼のやっていた役割を求める可能性が高い。

リーズ戦まで13試合スカッドに含まれなかった彼は非常に将来が見通せる状況にある。

幅広い用途をこなし、イングランド出身で、選手として良い年齢を迎えている彼は、恐らくボトムハーフのクラブで受け入れ先があるはず。

現行契約が今夏までのチェンバースはアーセナルが1年の契約延長OPを持っている。それは、もしチェンバースの買取先が見つかった際にトリガーされ、より多くの移籍金を手にするだろう。

彼と同じポジションには3人の選手が居るが、彼が退団しない可能性があるとすれば、アーセナルからイングランド出身の選手が退団し、ホームグロウンの調整のためだろう。

 

 

パブロ・マリ

 

  • 年齢:28
  • 契約満了:2024
  • サラリー:週85,000ポンド
  • 関心のあるクラブ:フラメンゴ

 

シーズン最初の2試合でゾッとさせた彼はシーズン前から不安だったが、それはパブロ・マリにとって不幸な物語の始まりだった。

議論の余地がない明白な理由でポジションを失い、唯一出場できるカップ戦が開催される時に彼は怪我と新型コロナの影響で出場できず、アーセナルが彼を頼るための時間は勝手に過ぎていった。

その後、ロブ・ホールディングが彼の代わりに左CBのポジションでプレーするようになり、左右のバランスを重視するような試合でも左利きの彼は呼ばれることがない。

彼は去る可能性があるか?少なくともフラメンゴは試みているようだ。

当然のことながら、6節以降は1回マッチデーで出場しただけの彼はクラブを離れたいと考えており、かつての所属先は彼を連れ戻すことに熱心な様子。

現在チーム内でCBとしてカウントされている選手は4人しかいないため、ケガのことを考えると放出するのは懸命な判断だと思えないかもしれないが、ホールディングが問題なく穴埋め出来ている他、富安は代表で左CBとしてプレーしている。

シーズン中にディフェンスの選手を放出することはリスクになりかねないが、アーセナルがそれを拒否することは難しいだろう。

 

 

セドリック・ソアレス

 

  • 年齢:30
  • 契約満了:2024
  • サラリー:週75,000ポンド
  • 関心のあるクラブ:うーん…

 

トランスファーウィンドウで決して言わないほうが良いが、多分ありえる?多分。

1月にアーセナルを離れる可能性があるディフェンダー4人の中で、恐らくセドリックは最も可能性が低い。彼が退団する可能性があるとすれば、もう少しプレータイムを得ている場合だろう。

どんなクラブでも、余剰戦力となってトレーニングしかしていない選手意外であれば、もっと熱心になる可能性がある。欠点は?彼の契約状況、サラリー、年齢、全て。

そして、4人のうちアルテタ監督が残留させることに最も熱心に見えるのはセドリック。彼はセドリックのプロ意識を尊重し、ある程度彼の能力を支持している。

ただ、ファンの観点からは彼の退団に熱心だろう。彼はキア・ユーラブシアンのクライアントの1人であり、彼に関わっている選手が退団するのは早いだけ良い。

関心があると伝えられたクラブの中でセドリックにサインする気持ちがあると伝えられたのはトルコの一握りのクラブだけである。

前回の移籍市場でも数クラブがセドリックに興味を示したが、毎回セドリックはアーセナルに留まり戦う意志を述べていた。

状況は変わる可能性があるが、それは希望以上のものではない。

 

 

どうするんだろうと感じる選手達の名前がずらりですね。

もはやチェンバースも退団候補筆頭になってしまって、今夏には完全な入れ替わりになりそうな予感。

ひとまず1月のうちにどれだけの選手が抜けるのだろうか。個人的にはコラシナツとパブロ・マリが退団と予想!

 

元記事はこちら→4 defenders who could leave in January transfer window

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ジャカと同じ状況。アーセナルはナイルズを1500万ユーロ以下で売らない

悪い予感は大概当たる。恐怖の1対1。アーセナル試合レポート

ブルーノ・ギマランイス獲得へチャレンジ?富安がマンC戦に復帰!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。