1月に格安でエンケティアを売却する可能性。今夏にエンネシリ獲得に失敗?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

1月に格安でエンケティアを売却する可能性

 

今夏に現行契約が残り1年となるため、クリスタル・パレスへの移籍に近づいたものの、最終的にアーセナルに残留したエディ・エンケティア。

これまでのところ、アーセナルはエンケティアを将来的な戦力として数えている他、安く売らないためにも契約延長を打診したのだが、同選手はプレータイムを求めているという理由で契約延長を拒否していた。

弊ブログで過去に紹介した通り、アーセナルは未だエンケティアとの契約延長を望んでいると伝えられているが、昨日のイギリス「Sun」によれば、1月の移籍市場で格安で売却せざるを得ない可能性がある模様。

同メディアによれば、前述した通りエンケティアはプレータイムを求めているため、アーセナルと契約延長するつもりはないとのこと。

そして、そんな折にボルシアMGからの関心があり、同クラブはエンケティアに十分なプレータイムを与えるつもりがあるそう。また、エンケティアは1月になると残り契約が半年となり、他クラブと自由に移籍交渉を行うことが出来るため、アーセナルはその際にボルシアMGと事前合意することを危惧しているのだとか。

訂正→ボルシアMGは1月にエンケティア獲得に動くことを検討している模様でした。失礼しました。

そのため、来夏にフリーで退団させるくらいなら1月に本来の評価額よりも低い金額で売却せざるを得ない状況になる可能性があるという。

現時点でエンケティアは今シーズンのPLに出場しておらず、プレータイムを欲しているのであれば防ぎようがない。

先日アーセナルがフィオレンティーナのヴラホヴィッチ獲得に前向きな報道が出たのは1月にエンケティアとラカゼットの両者を売却する意向を固めたからなのだろうか。

 

 

今夏にエンネシリの獲得に失敗?

 

昨シーズン終了間際から頻繁に報じられていたセビージャに所属するユセフ・エンネシリへの関心。

今シーズンが始まってからはさらに具体的な関心があると各メディアで報じられていたのだが、どうやら今夏に獲得に挑戦するつもりがあった模様。

スペイン「ABCセビリア」によれば、アーセナルは今夏にエンネシリ獲得にトライするつもりがあったが、オファーを提示する前に同選手が移籍を拒んだとのこと。

同メディアによれば、エンネシリの代理人が今夏の移籍市場で同選手に対して6つのクラブから獲得に関する問い合わせを受けたそうだが、選手が移籍を拒んだため全てに断りを入れたのだとか。

そして、その中のクラブの1つがアーセナルだったようで、どうやらアルテタ監督がヴィナイ・ヴェンカテシャムに対してエンネシリに問い合わせるよう勧めていたとも。

今シーズン、エンネシリは9試合に出場し3ゴール2アシストを挙げ、およそ107分に1ゴール絡んでいる。

昨シーズン記録した24ゴールのペースではないが、依然として各クラブからの評価は高いそうな。

アーセナルはヴラホヴィッチに標準を合わせたと報じられているが、移籍金等の兼ね合い次第ではエンネシリにターゲットを変更する可能性は十分あると思われる。

とはいえ、選手はセビリアを快適だと考えている趣旨の報道もいくつか目にするので、もしかすると本人は移籍する意思がないかもしれない。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルが1月にラカゼットを売却した時、間違いなく起こる3つのこと

ベロッティはACミラン移籍を好む?オヌアチュにオファーを出したクラブ?

ファーディナンドがアーセナルを称賛。スアレスが過去の話を振り返る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です