快勝!良い気分でワールドカップへ!アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 


 

今回は本日明朝に行われたPL第16節アーセナル対ウルブスの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合内容を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−3−3

アーセナルはいつも通り可変式の4−3−3(4−2−3−1)

ディフェンスラインは左からジンチェンコ、ガブリエル、サリバ、ホワイト。

中盤はパーティ、ジャカ、ウーデゴールが起用され、右にサカ、左にマルティネリ。トップにはジェズスが入った。

アーセナルは前節チェルシー戦と同じメンバーでスタート。現状のフルメンバーで、チーム全体を見てもこの試合に欠場しているのはスミス・ロウと冨安のみという状況。

ミッドウィークのブライトン戦に敗れた流れを払拭するためにも、今回の試合は手堅く勝利を納めたい。

 

ウルブス:5−3−2

対するウルブスはカウンター狙いの5−3−2。

アーセナルの攻撃を止めつつ、引っ掛けたところをアダマ・トラオレとゴンサロ・ゲデスのカウンターを狙うのが明確に現れたフォーメーションを敷いている。

要注意選手はルベン・ネヴェスとジョアン・モウチーニョで、カウンターの際に彼らか良質なパスが供給されないように未然に止めなければならない。

この試合を迎えるタイミングでウルブスは最下位に転落しており、流れを変えるためにも勝点を拾うために全力を尽くしてくるはず。少々ラフなプレーにも気をつける必要があるかもしれない。

 

 

試合内容

 

試合開始直後に体調不良を訴えたジャカの治療のため、試合が一時中断となるアクシデントが発生したが、スイス代表MFは無事プレーに復帰。

再開後は拮抗した攻防が続く。 ボールの主導権を握って押し込み始めたアーセナルだが、一度プレーに復帰したジャカがやはりプレー続行困難となり、16分にファビオ・ヴィエイラがスクランブル投入された。

以降は押し込んで手数をかけた攻めで5バック攻略を目指すアーセナル、ゲデスとアダマ・トラオレの快足2トップでロングカウンターを狙うウルブスという構図の下で一進一退の攻防に。

20分にはセメドのスルーパスに抜け出したゲデスがボックス内で右足シュート、23分にはジンチェンコの左クロスにガブリエウ・ジェズスのヘディングシュートと互いに際どいシーンを作り出す。

前半半ばから終盤にかけても試合展開に大きな変化はなし。

普段に比べて両ウイングの打開は鳴りを潜めるが、ジェズスが相変わらずの存在感を発揮。35分にはカウンターからサカのスルーパスに抜け出し、ボックス左から右足を振るが、これは惜しくもクロスバーを叩く。続く40分には相手を押し込み、ホワイトの正確な右クロスからファーで浮いたジェズスがヘディングシュートを放つが、今度は枠の左に外れる。

一方、狙いとするゴールレスの展開を維持するウルブスは前半終了間際に千載一遇の決定機が訪れる。

サリバの不用意なバックパスを奪ったゲデスがそのままボックス内に侵入し右足を振り抜くが、これは決死のカバーに入ったガブリエウにブロックされて土壇場での先制点とはならなかった。

互いに選手交代なしで臨んだ後半、立ち上がりはウルブスの堅守速攻が機能。

2トップがロングカウンターから良い形でボックス内に侵入する場面を作り出す。 後半はなかなかリズムを掴み切れないアーセナルだったが、最初のチャンスをゴールに結びつける。

55分、ボックス手前左でジンチェンコからパスを受けたジェズスがカットインの途中でボックス内に抜けたファビオ・ヴィエイラに絶妙なスルーパスを供給。GKを引き付けてゴールライン際で折り返すと、フリーで飛び込んだウーデゴールが押し込んだ。

アーセナルの鮮やかな崩しから均衡が破れた試合はここからよりオープンな展開に。

対してウルブスは失点前からの攻撃を継続しつつ、68分にはモウティーニョとネウソン・セメドを下げてポデンセ、これがプレミアリーグデビューとなる19歳DFレンビキサを同時投入。

だが、結果的にこの交代が裏目に出る。

75分、左サイド深くでレンビキサからボールを奪い返したマルティネッリが自身と入れ替わりにボックス内へ走り込むジンチェンコへヒールパス。ジンチェンコのグラウンダーの折り返しのこぼれに反応したマルティネッリのダイレクトシュートはGKジョゼ・サの好守に阻まれるが、ゴール前のウーデゴールがこぼれ球を冷静にゴール左隅へ蹴り込んだ。

キャプテンのこの試合2点目で勝利に大きく近づいたアーセナルは、ここからややゲームコントロール優先の戦い方にシフト。

これに対してウルブスは後ろの枚数を削ってマテウス・ヌネスを投入し、攻勢を強めていく。

試合終盤はホームチームが再三ゴールを脅かすが、得点力不足が深刻なチームはこの試合でも最後の質を欠く。 その後、3枚替えで試合をクローズしたアーセナルが、下位相手に決定力の差を見せ付け3連勝を達成。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

快勝!ワールドカップ前を首位で通過!

 

いやー!快勝でしたね!

ウルブスも良いプレーがあったが決定機と呼べるまでのチャンスは作らせず、アーセナルは前半こそ攻めあぐねたものの、後半に修正を行い、終わってみてばウーデゴールの2発で快勝!☓Gもスコアに比例した数字が出ており、内容、結果共に妥当な勝利だったことがわかる。

最近の試合の中ではかなり手堅い勝利だったので、チェルシー戦なんかに比べて時間が長く感じる時間帯もあったが、これでブライトン戦の敗北を払拭。むしろ、ワールドカップ前をリーグ首位で終えることに成功!

最新のリーグテーブル↓

 

なんと!2位のマンチェスターCがブレントフォードに敗れたことで、アーセナルは2位と5ポイント差を付けて首位にたっており、3位のニューカッスルも1試合消化が少ない中で7ポイント差と、リーグテーブルでかなりの好位置に付けていることがわかる。

ただ、アーセナルがまだ戦っていないクラブが

  • マンチェスターC
  • ニューカッスル
  • ブライトン
  • ウエストハム
  • エヴァートン

とトップハーフに位置する手強いクラブとの対戦が3クラブも残っており、まだまだ油断は禁物。

とはいえ、5ポイントの差を付けてワールドカップ期間まで進んだのは大きなアドバンテージで、この調子を続けていけばPLタイトル獲得も夢ではない!

引き続き、気を引き締めて戦っていきたいところ!

 

 

ジャカ大丈夫?

 

前半開始直後にピッチでしゃがみこんだジャカ。

怪我の可能性が低い時間帯だったので、心臓系の病気なども考えられただけに心配だったのだが、どうやら中継でも予想されていたように体調不良だった模様。←その後食中毒の疑いもあるようです

試合後にアルテタ監督がジャカの体調不良をコメントしたようなのだが、なんとジャカ以外にもスターティングメンバーの中に体調不良の選手がいたそうな。

 

これはジャカを擁護するためのコメントの可能性も十分考えられるが、思えば今日のアーセナルは少し静かな気もしたので、もしかするとベストコンディションではなかったのかもしれない。

とはいえ、しっかりと結果を残したことは自信になるだろうし、実力がついてきたことの証でもある。この調子で勝利を重ねたい。ジャカはしっかりと風邪を治すように!

 

辛抱強く起用したいファビオ・ヴィエイラ

体調不良で交代となったジャカに代わって試合に入ったのがファビオ・ヴィエイラ。

今夏の移籍市場で加入した後、怪我の影響もあり、ここまで本調子とはいかない状況が続いていたのだが、今日の試合でウーデゴールの先制点をアシスト。先制点のパスはまさにヴィエイラに求められているクオリティ。仮にあの場面でジャカがボールを持っていた場合、ヴィエイラと同じプレーは選択しないはずで、今後はああいったプレーが安定して見られるようにしたいですね!

今日の試合はスクランブル起用だったこともあり、前半は試合の流れに入り込めていない印象だったが、後半はつなぎ役やライン間の動きを修正しており、その結果先制点の起点に。能力が高いのは間違いないので、アルテタ監督には我慢強く起用してもらって、早くPLの水に馴染んで欲しいところです!

 

 

控え選手の起用法

 

快勝した試合で唯一気になったのが控え選手の起用法。

恐らくアルテタ監督はPLで1.2を争うほど選手交代をしない監督なのだが、今日の試合でもそれは変わらず。ワールドカップ期間を迎える前なので、ある程度リフレッシュされることも加味して交代させずに起用した可能性もあるだろうが、もうちょっと控え選手を信用して欲しいと思う気持ちも。。。

ブライトン戦で良いプレーを見せたエンケティアやネルソンは終盤に疲れが見えたマルティネリやジェズスに代わって起用することが出来ただろうし、ジンチェンコも早い段階で疲れが見えていたので相手のカウンター対策にももう少し早く交代させても問題なかったように感じる。

これは結果論なので、勝利した以上、そこまでの文句ではないが、仮に1月の移籍市場で有力な選手を獲得できたとしても、今のような選手起用ではコンディションが上げにくいはず。試合感というやつ。

もちろん、PLタイトルが狙える以上、確実に勝利をモノにするために主力選手を起用し続けたいのはわかるが、同時に選手の成長も促さなければならないのも事実。個人的にはもう少しバランスを取った起用も期待したいです。。。

 

 

その他

 

その他、気になったところを箇条書きで

 

  • ウーデゴールが6得点で現時点のトップスコアラーに!
  • そろそろジェズスは報われたい。貢献度はチームトップ
  • ガブリエルは落ち着きを取り戻した。この5〜6試合はトップパフォーマンス
  • サリバはたまにやらかすが基本的に素晴らしい
  • ホワイト、ジンチェンコの安定感
  • マルティネリとサカは少し静かだった←5バックで彼らを塞がれていたから
  • ウルブスの左WBとても良い選手。ブエノ。数年後に争奪戦になりそう
  • トラオレさらにムキムキになった?

 

以上。

アーセナルは14試合を12勝1敗1分33ゴール11失点でクリスマスを首位でUターン!例年のクリスマスの折り返しとは違うが、この調子を維持したいところ!

 

ちなみにアウェイテーブルでも圧巻の首位!ホームもアウェイも強いアーセナル。

 

次の試合はワールドカップ明けのウエストハム戦!1ヶ月以上空くので非常に寂しい期間になりそうです。。

弊ブログも何か面白いコンテンツを見つけて随時レポートを更新したいと思っていますので、ワールドカップ期間もよろしくおねがいします。。!

 

それでは!

 

COYG!!!

 




最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

ユベントスが1月の移籍市場でヌーノ・タヴァレス獲得へ動く?

コーディ・ガクポの視察へ。若手3選手との契約延長に楽観的

エヴァートンのゴードンに興味?バルセロナとマンUが潰し合いへ

快勝!良い気分でワールドカップへ!アーセナル試合レポート” への2件のフィードバック

  1. 調子がいいだけに、中断期間が不安ですw
    変な時期に開催と言う事もありますが、W杯が楽しめないというか、むしろ邪魔。
    アーセナルの選手は無事に帰ることを祈ります•••。

    1. ここまで好調を維持してしまうと本当にそうなんですよね。。。
      ひとまず、アーセナルの選手が無事に帰ってくることが先決です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です