俺たちのEL。私達はどうするべきか。アーセナル試合速報

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は本日明朝に行われたEL準決勝2ndレグ、アーセナル対ビジャレアルの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合結果を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

 

アーセナル:4−3−3

アーセナルは普段よりも攻撃的な布陣となる4−3−3のフォーメーションでスタート。

ディフェンス陣は左からティアニー、パブロ・マリ、ホールディング、ベジェリン。当初はジャカがスタートだったものの、直前に怪我をしたため、ティアニーがスタートからの出場となった。

中盤はパーティが中盤の底を務め、右にウーデゴール、左にスミス・ロウ。そして前線はトップにオーバメヤン、右にサカ、左にぺぺが配置された。

今回の試合はセバーヨスがBANされていることと、エルネニーでは約不足なことから、中盤は新たな形で試合に望むこととなった。

 

ビジャレアル:4−4−2

対するビジャレアルは1stレグで上手く機能していた4−4−2でスタート。

ビジャレアルの要注意選手は、前回同様トップに配置されているジェラール・モレノ。彼に良い形でボールが入らないようにしなければならない。

また、前回の試合で好プレーを見せていた右SBのフォイスは怪我のため離脱しており、レッドカードが出されていたカプエはBANにより出場していない。

 

 

試合内容

 

アウェイのビジャレアルは6分、サムエル・チュクウェゼのシュートはレノに阻まれゴールとはならない。23分にはパレホのFKがわずか上に外れる。

アーセナルは26分、セットプレーからエリア内で浮き球のパスを繋げると最後はピエール・エメリク・オーバメヤンがボレーシュート。しかしボールはゴールポストを叩きネットを揺らすには至らない。

スコアレスで前半を終えたアーセナルは50分、エミール・スミス・ロウがエリア内でボールをコントロールしてゴールを狙うが上に外れる。

対するビジャレアルは53分、パコ・アルカセルとジェラール・モレノが二人で深い位置まで攻め込んで最後はモレノがシュートを放つ。しかしシュートはGKの正面に飛びゴールは生まれない。

攻め手に欠くアーセナルは66分にガブリエル・マルティネッリを投入。

73分にはロブ・ホールディングがヘディングシュートを狙うが枠を捕えられない。さらに78分にはオーバメヤンのヘディングがポスト内側に当たるもGKがなんとか掻き出してこれもゴールにはならず。

試合はそのまま終了し、1点が遠かったアーセナルは2試合合計1-2で敗れ準決勝敗退が決定。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

俺たちのEL。そして

 

EL敗退を受けて、恐らくアーセナルは来シーズンのヨーロピアンコンペティションに出場できないことが決定。

悔しすぎる。

なんというか、今回は試合のことについてとやかく言うのは止めます。そんな気になれない。

仕事を休もうとすら思えてくる。。。

オーバメヤンが全快ならとか、ラカゼットが怪我していなければとか、そんなことを言ったって仕方ないですよね。これが現実。受け止めるしか。

あーーーーー、しんどい。

 

では今回はこれにて。

明日からは移籍の話等々のゴシップニュースを紹介していきますね。

 

大好きな馬場ふみかのグラビアでも見て一眠りにつこう。。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

シュチェスニーが1000万ポンドで獲得可能?エヴァートンが獲得へ?

来シーズン、マヴロパノスは買取OP付きのレンタル移籍?

アーセナルはイヴ・ビスマ獲得に自信あり。その他ニュースも

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です