今夏の新たなMF候補ギド・ロドリゲスとは?プレースタイル等

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は、先日新たにアーセナルとリンクされたレアル・ベティスに所属するギド・ロドリゲスについてレポートしていきます!

 

 

ギド・ロドリゲスとは?

 

ギド・ロドリゲス(Guido Rodríguez)は、現在レアルベティスに所属するMF。

1994年4月12日生まれの26歳で、故郷はアルゼンチン、ブエノス・アイレス州トレス・デ・フェブロ。

身長は185cmと大柄な体格を持っている。アーセナルで言えばグラニト・ジャカと同じ身長で、似たような体格のボディーバランスである。

ロドリゲスはアルゼンチン、リーベルプレートの下部組織でサッカーのキャリアを開始したが、リーベルプレートのファーストチームでは出番を貰えず、1度レンタル移籍をした後にメキシコのクラブ・ティファナへ移籍。

クラブ・ティファナに加入して1年が経った後に同一リーグのクラブ・アメリカへ移籍したロドリゲスは、その年のメキシコリーグ年間最優秀選手となる活躍でタイトル奪取に貢献。その後、2020年1月に300万ユーロの移籍金で現所属先のレアル・ベティスに加入している。

ロドリゲスはクラブ・アメリカへ680万ユーロで加入しているのにもかかわらずわずか1年半後に300万ユーロで移籍しており、その辺りが少し謎なのだが、クラブ・ティファナからのステップアップも1年のうちに果たしているので、もしかすると上昇志向がかなり強いタイプなのかもしれない。(契約で決まっていた可能性もあるが)

また、現在ギド・ロドリゲスの市場価格は1800万ユーロと評価されている(Transfer Market調べ)が、6800万ポンドの契約解除条項が付いていると伝えられており、これはアーセナルがトーマス・パーティの獲得のために費やしたと言われている4500万ユーロよりもかなり高額である。

 

 

プレースタイル

 

まずは「whoscored」における評価がこちら↓

こちらの評価やデータと動画を見た中の長所と短所を綴っていきます。

 

長所

評価やデータを鑑みるに、ロドリゲスはかなりディフェンシブな選手。

今シーズンの平均タックル数は2.5回を記録しており、これはアーセナルで現在トップの数字を記録しているパーティの1.8回よりもかなり多い。大きな体を駆使したタックルやボールキープも得意としているようで、あまり当たり負けをしない印象。

また、足元の技術も持っているようで今シーズンの平均ドリブル数は0.9回を記録しており、、パーティ(平均1.3回)ほどではないがジャカ(平均0.3回)よりもドリブルの回数が多く、動画を見ても前線まで持ち上がっていく様子も見受けられる。

 

短所

短所はパス精度の低さと警告の多さ。

ロドリゲスは今シーズン、パス精度が84.2%とジャカ(89.6%)やパーティ(88.4%)より劣っており、イエローカードの数は26試合で8枚とかなり警告を受けている。

ジャカは36試合で9枚、パーティは20試合で4枚ということを考えれば、かなりの警告数である。

これらの数字はチームの戦術等に依存している場合もあるので、あくまでも参考程度にしかならないと思うが、この2点は中位が必要なところかと。

これらの要素から察するにギド・ロドリゲスはジャカのフィジカルを持ったルーカス・トレイラ的な感じではないかと。南米系のファイタータイプといった印象。

 

プレー動画↓

 

 

移籍の可能性

 

アーセナルが今夏にギド・ロドリゲス獲得は、、移籍金次第であり得るのではないか。

というのも、アーセナルは現在レンタル中のルーカス・トレイラとマッテオ・グエンドウジを今夏に売却予定であることや、ダニ・セバーヨスがレンタル終了しレアル・マドリーへ戻るため(ウーデゴールも)、中盤の補強が必須となる。

とはいえ、補強資金が限られているとも伝えられているので、それらを鑑みて考えれば移籍金次第で獲得に向かう可能性があるのではないかと。

また、現在アーセナルの中盤はジャカとパーティに依存しつつあり、両者と同じくらいの強度を持ったMF獲得に関心を持つ可能性は十分にある。

アルテタ監督は今後4−3−3のフォーメーションに移行したいと考えられており、そのために中盤の選択肢を増やしたい願望がある可能性も。

しかし、アーセナルにはトレイラやグエンドウジの他にウィロックやナイルズもレンタルに出ており、彼らが帰ってきてクラブに残った場合は中盤が飽和してしまう。そういった場合には獲得を回避することも。

とはいえ、現在26歳とサッカー選手として油の乗ってくる年齢であるロドリゲスが加われば、大幅な戦力アップになるはず。

 

 

まとめ

 

アルテタ監督はすでに今夏の移籍市場でどういった動きをするのか決めているとコメントしているため、おおよそのターゲットはリストアップされているはず。

その中にギド・ロドリゲスの名前はあるのだろうか?

個人的にはジャカと交互でプレーできる中盤の選手が必要だと思うので、ロドリゲスのような強度の高いMFが来てくれればとても嬉しい。

新たな中盤の選手はだれが来るのだろうか!!!今から楽しみです!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

「B!B!B!」ウーデゴールの動画が面白い!その他ニュースも

ウーデゴールの加入はエヴァートンFWの後押しが決め手?その他ニュースも

師弟対決はスーパーシーソーゲーム!?アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です