ライアン・バートランド獲得は難しい?ネルソンのレンタル移籍につて

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は昨日から本日にかけて紹介されたゴシップニュース等をいくつか紹介していきます!

 

ライアン・バートランド獲得は難しい?

 

ティアニーのバックアップ不在により、今冬中に新たな左SB獲得を目指していると伝えられているアーセナル。

数ある報道の中、獲得候補として有力だとみなされていたのがサウサンプトンのライアン・バートランド。

同選手はサウサンプトンとの現行契約が残り半年ということもあり、昨シーズンにセドリックを獲得した際のようなやり方で獲得に動く可能性を伝えられいた。

しかし、昨日の「football london」による報道によれば、サウサンプトンが獲得を望んでいたブランドン・ウィリアムズを所属先のマンチェスターUが残留させることにしたそうで、それがバートランド放出を妨げる可能性があるとのこと。

ウィリアムズはバートランドの潜在的な代替候補とみなされていたそうで、このことがバートランド獲得に大きな打撃を受けたと報じている。

一方で、昨日弊ブログが紹介したように、サウサンプトンはアーセナルに所属するメイトランド・ナイルズのレンタル移籍も模索しており、この取引がうまく進めばバートランド獲得に有利に動く可能性があるとも。

どちらにせよ、移籍市場終了までにさらなる動きがあることが予想されており、今後も目が離せないです!

 

 

ネルソンのレンタル先はどこに?

 

今シーズン、アーセナルのファーストチームに残留したものの、これまで出場機会に恵まれていないリース・ネルソン。

アルテタ監督も監督就任時に『期待している選手』に挙げていた選手だということで、アーセナルファンからも大きな期待を背負っていたが、ここまで今シーズンは自身の価値を証明出来ずにいる。

そのため、クラブはシーズンの後半戦をどこか別のクラブで成長させたいと考えているそうで、その移籍先がどこになるのか気になるところだった。

一部報道によれば、アーセナルはイングランド2部チャンピオンシップのクラブで経験を積ませることを考えていたそうだが、昨日の「CBSSport」によれば、ネルソン自身はドイツリーグなどの海外移籍を視野に考えているそう。

ネルソンは過去にホッフェンハイムにレンタル移籍していた過去があり、同年代で活躍しているサンチョはドイツで脚光を浴び始めた。そういったことも加味してドイツ移籍に傾いているのでは?と伝えられている。

そして、同メディアの情報筋によれば、ドイツのホッフェンハイムやヴォルクスブルグがネルソンのレンタル移籍に関心を抱いているそうな。果たしてどのクラブに移籍するのだろうか。

 

 

今夏にジョアン・ジョルダン獲得へ?

 

過去にアルテタ監督が関心を抱いているということで今冬にも獲得の可能性があると報じられていたジョアン・ジョルダン。

同選手はセビージャで主力としてプレーしていながらも、新型コロナの影響による財務状態の悪化から現金化する可能性があると伝えられていた選手。

そのため、中盤のクリエイターを探していたアーセナルが関心を示していたのだが、セビージャが最低でも3000万ユーロを求めたことで獲得出来なかった。

しかし、その後「カルチョメルカート」の報道によれば、アーセナルは今夏にも獲得に動く可能性があるという。

どうやらジョルダンの現行契約は2023年までとなっており、契約延長をしなければ今夏にも売却する用意があるそう。

そして、セビージャは今冬に3000万ユーロを求めていたものの、今夏であれば契約の問題もあるため獲得時の1400万ユーロ以上であれば売却する用意があるとのこと。

同選手はアルテタ監督が惚れ込んでいるとも伝えられているが、今夏に獲得はなるだろうか?

 

 

ブエンディア獲得を諦めてウーデゴールへ

 

今冬に中盤のクリエイター獲得を求めていたアーセナル。

最終的にレアル・マドリーからウーデゴールをレンタルで獲得したのだが、そこまでに何名かの選手の名前が報じられてきた。

その中でも特に強い関心があると伝えられていたのがノリッジに所属するエミリアーノ・ブエンディアなのだが、スポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏によれば、アーセナルはブエンディア獲得を諦めウーデゴール獲得に向かったそうな。

同氏はこのように語っている。

 

「アーセナルはブエンディアの代理人と連絡を取り合っていたが、結局彼らは金銭的な問題からウーデゴールに関心を移した。

ノリッジが4000〜4500万ユーロを要求していたため、アーセナルが1月にこの取引を完了させることがとても困難だった。夏にリトライするかもしれないが、ブエンディア獲得レースには他のクラブも動くと思う。」

 

と伝えている。

さすがにアーセナルでなくとも1月の移籍市場で4000万ユーロ以上を動かすのは難しいかと。

ウーデゴールには大活躍してもらって、獲得が正解だったと思わせることを期待したい!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ナイルズが出場機会を求めてPL内のクラブにレンタル移籍か?

やはりトレイラはモナコへ?アーセナル移籍ニュース

FAカップのリベンジ!ハイプレッシングの応酬。アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です