メイトランド・ナイルズ退団後に起こるMFの2つのサプライズ

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は昨日の「FUNSIDED」にて、『メイトランド・ナイルズ退団後に起こるMFの2つのサプライズ』なるレポートが挙がっていたので、そちらをご紹介していきます!

 

はじめに

 

アーセナルは1月の移籍市場で順調に動いており、上手く行けばシーズン後半に向けて現在のチームを再編成して強化することが出来る。

ただ、大きな希望を持って移籍市場に向かうことは懸命ではない。ただし、同様に様々な紆余曲折を伴うサッカー界の移籍においてなにか起こる可能性を過小評価してはならない。

アーセナルは移籍関連を上手く進めるのが苦手だと有名だが、その中でもいくつかのビジネスを早期に完了することが出来た。

フォラリン・バロガンはまもなくミドルズブラへの半年ローンを完了させる予定だが、目立った退団はメイトランド・ナイルズがローマへの半年ローンが間近に迫っていること。

ローマは買取OP付きを希望していたにも関わらず、アーセナルが今回のローンをストレートローンにすることを望んだのは彼らがナイルズの移籍金を1000万ユーロ以上に増やすことが出来るという評価をしているからである。

ミケル・アルテタは去っていくMFを戦力として数える必要はない。

現在AFCONが行われている間、彼らにはグラニト・ジャカとサンビ・ロコンガが純粋なMFとなる。新型コロナや怪我の可能性を考慮するとこれは少し心もとない。

現在クラブでは、内部での修正やチャーリー・パティーノの名前がフィーチャーされているのだが、ナイルズが出ていった後の選択肢が驚きとなる可能性はあるだろうか!?

2つの名前が浮かび上がっている。

 

 

アーセナルが短期契約でジャック・ウィルシャーとサイン

 

それはハリウッド映画のようなものになるだろう。

ジャック・ウィルシャーは10月の初めからアーセナルのファーストチームでトレーニングしており、チームの選手からの彼が今でもトップレベルの能力があるといったコメントは非常に興味深い理論を刺激し続けている。

モー・エルネニーとトーマス・パーティが2回のカラバオカップ準決勝とノースロンドンダービーを含む5試合に出場できない時期にクラブ内にまだ維持している3人のMFのうち1人を去らせることは非常に危険な策略。

起こるとすれば、短期間の契約?彼がノッティンガム・フォレストとバーンリー戦でベンチをカバーするための契約になるだろうか?

1月6日の木曜日、ティエリ・アンリが2ヶ月のレンタルでノースロンドンに戻ってきてから丁度10周年を迎えた。

11年前のソル・キャンベルの短期契約はどうだっただろうか?

異なる監督のもと、策略はそれぞれだが、それは実現するだろうか?

 

 

アーセナルがユベントスからアーロン・ラムジーにサイン

 

この話が再び浮上している。こういったのは決して消えることがない。

その理由は非常に明確。サポーターはアーロン・ラムジーがノースロンドンで過ごした時間を愛情を込めて覚えており、ユベントスが退団を促したことと関係なく、アーセナルのダブルピボットに適した素晴らしいBtoBの選手である。

バーンリーとニューカッスルは明らかに接触しているが、ラムジーは熱心だと言われていない。

だが、第一にシーズン終了までのレンタルだろう。そして、第2に彼の給与を約3分の2くらいまで削減する必要がある。彼の最後の大きな移籍を迎えるにはそれほどが必要。

ただ、取引は成立しないだろう。全ての関係者に適した取引はありそうにない。

 

いかがだったでしょうか?

ラムジーかウィルシャーのどちらかを獲得するとしたらどっちだろう。。。どちらも厳しいような。。。

どっちかと言うとラムジーのほうがトップレベルでプレー出来そうな気もするが、ジャカと昨夏に契約延長した以上、比較的年齢が高く給与も高い選手を抱える必要があるのかとも。。。

1月中と言うより、直近の1週間で決めないといけない状況だが、アーセナルはどのように解決するのだろうか。

 

元記事はこちら→2 surprise Maitland-Niles midfield replacements

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ブルーノ・ギマランイス獲得レースにニューカッスル、エヴァートンが参戦

ブライトン、クリスタル・パレスが1月にもエンケティア獲得へ!?

1月の移籍市場で去ることが出来る4人のディフェンダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です