ポジションがないネルソンには見切りを付けるべき?アーセナルの選択はいかに!?

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は「楽しい」というメディアでネルソンの将来について憂いているレポートがあったので、そちらを紹介していきます!

 

キャリアの岐路に立つネルソン

 

先日終了した冬の移籍市場でレンタル移籍を含め8人もの選手を放出したアーセナル。

しかし、今シーズン後半戦にレンタル移籍で出場機会を与えたかったはずのリース・ネルソンは最終的に移籍先が見つからず残留していた。ネルソンは今シーズン後半のレンタルが決定したナイルズ、ウィロックと同様に、最近はプレータイムを得られてなかったためファンからも疑問の声が挙がっていた。

そして、今シーズン前半戦こそはEL予選やカップ戦があったため、アルテタ監督に試合でアピール出来た場面があったかもしれないが、すでにアーセナルはFAカップも敗退しているため、後半戦でアピール出来る場面はよほどのことがない限りない可能性が高い。

ネルソンは今シーズンここまでで公式戦9試合に出場しているが、1ゴール1アシストとアピールしきれておらず、前半戦の最後の方は怪我で離脱もしていた。

さらには、その間にブカヨ・サカが完全にスタメンに定着し、ガブリエル・マルティネリも怪我から復帰。そして、ここ数試合はこれまで調子の上がらなかったニコラ・ぺぺも成長して結果を残しており、チャンスすら与えられない状況にある。

 

 

冬の移籍市場での動き

 

前述の状況からネルソンは今冬の移籍市場でどこかのクラブへレンタル移籍することが既定路線だと考えられていたし、クラブもそれが最適だと考えていたはず。

しかし、ネルソンは残留することとなった。

CBSsport」によれば、ネルソンには各国のクラブが関心を示していたそうで、スペインからはバレンシア、ビジャレアル。ドイツからはヴォルクスブルグ、ホッフェンハイム。そして、イングランド2部へのレンタルも考慮されていたとのこと。

しかし、同メディアによれば、この際に移籍できなかったのはアーセナルがレンタル料とネルソンの給与半額の支払いを求めたからだそうで、それにより海外クラブからの関心が薄れたと報告している。

また、イングランド2部への移籍に関しては、ネルソン自身が2部へのレンタルにメリットを見いだせなかった?みたいな感じだという。

ネルソンは過去にブンデスリーガのホッフェンハイムにレンタル移籍をしており、そこで30試合出場7ゴール1アシストを記録していた。しかし、その際にネルソンの態度が悪かったという理由から後半戦は干された状態に陥っていた。そして、その経験からアーセナルはドイツにレンタルさせることに対し消極的になっているそうな。。。

それが今冬の移籍市場でレンタルできなかった要因と伝えられている。

 

 

今後どうなるのか?

 

さあそして問題がネルソンの今後について。

先程もお伝えした通り、現状ネルソンのメインポジションであるサイドアタッカーにはライバルが多い。サカ、ぺぺ、ウィリアンに加えオーバメヤンも。

ウィリアンを除いた3選手は今のアーセナルに必要戦力で結果も残しているため、いくらネルソンが練習で好プレーを見せたとしてもすぐにスタメンで出られるほど甘くない。

また、ネルソンは今シーズン終了時点で残り契約年数が2年となる。

そうなってくると考えられるのが今夏の売却。国産でまだ21歳の選手の選手には需要があるため、PLクラブからの高額オファーがあってもおかしくないし、アーセナルはその売却資金で補強箇所を埋めることが出来る。

エンケティアですら売却の噂が出ているのに、彼よりも結果を残せていないネルソンが売却候補に入らない訳がない。

仮にウィリアンが今夏の移籍市場で退団することがあればネルソン残留の話が出てくるだろうが、現在フォームを崩していて、残り契約が2年で33歳の選手に買い手が付く可能性はかなり低い。

少なくとも今夏までにアピールする必要があったのだが、アピールする場がU-23の試合となった現在の状況はネルソンにとってかなり厳しいものとなっている。

そのため、現地メディアでは夏までに忘れ去られた存在になるのでは?という憶測も出ている。

果たしてネルソンの将来はどうなっていくのだろうか。

 

個人的にアーセナルが売却する可能性を考えて怪我のリスクを回避するためにレンタルを拒んだ可能性もあるのでは?と勘ぐってしまう。。。

しかし、そんな中ネルソンは昨日行われたU-23のチェルシー戦に出場し、フリーキックを決めたそうな!

そして現地ファンからは『ウィリアンに代えてネルソンを起用しろ!』といった声が挙がっているそう。

ネルソンに期待しているファンは少なくないはずなので、少しづつ序列を上げていって欲しい!!!

 

 

元記事はこちら→Reiss Nelson career at a crossroads after January snub

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

D・ルイスの判定について、クラッテンバーグ氏が申し立ての後押し

ウルブス戦の主審やばくなかったですか?

ナイルズをウエストブロムへ放出。左SBの代役はアカデミーから?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です