ブルーノ・ギマランイス獲得へチャレンジ?富安がマンC戦に復帰!

本日も更新していきます!!!

 

 

皆様、明けましておめでとうございます!

本年も頑張って更新していきますので、暇つぶしがてら見てくださると嬉しいです!!!

 

ブルーノ・ギマランイス獲得へチャレンジ?

 

ネーションズカップによってパーティ、エルネニーが離脱し、ナイルズもローマ移籍が近づいていると報じられていることで、1月の移籍市場で中盤の選手獲得へ動く予定だと伝えられているアーセナル。

昨夏の時点から何名かの選手の名前がリストアップしているようだが、昨日の報道によれば、現在アーセナルはリヨンに所属するブルーノ・ギマランイス獲得にチャレンジしているとのこと。

この移籍についていち早く報道したスポーツジャーナリストのニコロ・シラ氏はこのようにレポートしたそう↓

 

「アーセナルはリヨンのMFブルーノ・ギマランイスに本物の関心を持っている。エドゥは彼のことを愛していて、彼にサインするための交渉をスタートさせた。

何が起きるのか見てみよう。ただ、移籍市場では全ての選手に価格が決められている。

アーセナルにとっては簡単なことではないが、エドゥはワークしており、リヨンのミシェル・オラス会長は重要なオファーが提示されればブルーノ・ギマランイスを売却する可能性がある。」

 

とのこと。

ブルーノ・ギマランイスに関しては夏の移籍市場が終了した後に何度か関心が噂されていた選手で、選手自身も『アーセナルから関心があったがオファーはなかった』とインタビューでコメントしていたりするので、少なくともアーセナルが注目している選手の1人であることは間違いないかと。

しかし、問題は同選手の移籍金が3800万ユーロと見積もられているということで、来夏に大物ストライカー獲得を目指しているアーセナルがいくらまで1人の移籍金にお金を使うのかというのがポイントになりそう。

ただ、ナイルズは1月にレンタルさせる可能性があるということは、少なくとも補強の目処を立てているということなので、その辺りは期待していしまう反面も。

ブルーノは将来的にPLでプレーするために英語を勉強しているそうだが、それがアーセナルのためになると嬉しいところです。

プレー集↓

 

 

富安がマンC戦に復帰!

 

ノリッジ戦を新型コロナの陽性判定によって離脱していた富安。

本日マンチェスターCとのビッグマッチが控えている中、彼の存在は必要不可欠だと考えられていたのだが、スターティングメンバーに復帰した!

https://twitter.com/Arsenal/status/1477241567085797381

 

富安は現在のアーセナルにとって鍵となる選手になりつつあるため、マンチェスターC相手にセドリックやチェンバースが右SBで出場するのか!?という不安があったが復帰してくれて安心した!

ちなみにマンチェスターCはフィル・フォーデンがコロナ陽性?でアウトらしいが、ほぼフルメンバーが起用されている。

 

苦しい戦いになることは間違いないが、絶対に勝ちましょう!!!!

 

COYG!!!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

マンチェスターC戦は予定通り行う予定。退団意向のデンベレへ連絡?

ベティスに残りたいベジェリン。アルテタがコロナ陽性でシティ戦アウト

ユベントスはオーバメヤン獲得から撤退?ケシエ獲得へトッテナムが先行?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です