ブルーノ・ギマランイスの次なる目的地はPL?アーセナル移籍はある?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ブルーノ・ギマランイスの次なる目的地はPL?アーセナル移籍はある?

 

過去にアーセナルとチェルシーが獲得へ動いていたものの、最終的にフランスリーグのリヨンへ移籍していたブルーノ・ギマランイス。

ブラジルリーグで活躍していた同選手はリヨン移籍後も主力として活躍。ベンチ入りはしなかったものの、今夏に行われたコパ・アメリカのブラジル代表にも選出されていた。

そんな中、イギリス「football london」によれば、ギマランイスがすでに次の移籍先に向けて動き出しているのでは?と報道。

先日、同選手が新型コロナに関して受けたインタビューでこんな事を語っていたとのこと↓

 

「(新型コロナについて)最初は前向きな姿勢を保つことに苦労した。テレビをつけるたびにニュースで前日よりもひどくなっている姿を見るしかなかった。

すべてがひどいときに何も出来なかったのが不思議だった。

私が唯一出来たことは家にいることだけだった。外へは食料品か薬局に行くくらいしかなかった。

第2波が来たとき、私はブラジルにいる同胞たちに生活必需品を送るなど、何が出来るのか考えた。私はブラジルに戻った私の家族とガールフレンドのことを心配していた。。。

唯一良かったことは、フランス語を学ぶ時間を作れたこと。

私はオンラインコースを受講し、地元のテレビ、Netflixシリーズ、フランス語の映画などを沢山見た。18ヶ月経った頃にはフランス語を話せるようになった!次の目標は英語を話せるようになることかな。」

 

とのこと。

ブルーノ・ギマランイスの次の目標は英語を話せるようになることだそう!ということはすなわちPL移籍を目指していることなのでは?といった感じ。

かつて南米出身の選手は言語や気候の問題でPL移籍を断念することが多い傾向にあったが、同選手のインタビューの感じを見るに、環境に馴染むための努力をしてくれそう。

また、彼のポジションはCMFとDMFで、今後アルテタ監督が4−3−3へ移行したり、エルネニーらが抜ければ補強の余地があるエリアである。

将来的に獲得する可能性はあるのではないだろうか。エドゥがTDを続けていればなおさら可能性がある気がする。

個人的にギュンドアンみたいな選手になれそうだなーと思っていたので是非とも来て欲しい!!!

ブルーノ・ギマランイスのプレー集↓

 

 

ベジェリンがインテルと個人契約で合意?

 

今夏の移籍市場で退団を望んでいると報じられているエクトル・ベジェリン。

すでにクラブにも退団の意思を示しているとも報じられているのだが、昨日のイタリア「.fedenerazzurra」によれば、ベジェリンはインテルと個人合意済みとのこと。

同メディアによれば、ベジェリンはインテルとの間に年350万ユーロの5年契約で合意しているという。

そのため、クラブにインテルと移籍が合意するように要求した模様。

しかし、アーセナルはインテルから提示された買取OP付きのレンタル移籍を拒否。2000万ユーロの移籍金で完全移籍でないと売却に関心がないと報じられている。

とはいえ、インテル側はベジェリンと個人合意済みという状況を頼りにしており、アーセナルのスタンスが徐々に和らいでいくことを望んでいるそうな。

アーセナルは移籍市場が始まる前からベジェリンの売却額を2000万ユーロほどに設定していると報じられており、まだ市場が閉まらない状況でスタンスを変える必要がないと考えているのだろう。

なんだかローマとの交渉と似ている気がする。。。

しかし、ジャカの交渉はどうなったんだろうか。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルがPSGのティロ・ケーラーに興味も、選手に退団の意思なし?

ブカヨ・サカに対してクラブからの声明。チームメイトからの声。

ヴィエラの初補強はエンケティア!?ジェームズ・マディソンへの関心

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です