ヌニェス獲得にはライバル多し!?マンチェスターUが獲得レースをリード?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ヌニェス獲得にはライバル多し!?マンチェスターUが獲得レースをリード?

 

今夏の移籍市場でストライカー獲得へ動くと報じられているアーセナル。

すでに何名かの名前がリストアップされている中、先日新たに名前があがったのがベンフィカに所属するダルウィン・ヌニェス。

ヌニェスはポルトガルリーグで得点を量産しているストライカーで、アーセナルが欲しているタイプのストライカー像に近いため、すでに獲得へ調査していると報じられていた。

そんな中、昨日のイギリス「Telegraph」によれば、アーセナルに先んじてヌニェス獲得へ動いているクラブがあるとのこと。

同メディアによれば、すでにヌニェスに対してマンチェスターUとニューカッスルが獲得に動いているそうで、特にマンチェスターUは同選手の獲得のために大きな努力をしており、獲得レースを先行しているという。

しかし、獲得するためには来シーズンのCL出場権獲得が必要だとも。

CL出場権の獲得については、選手がCL出場を望んでいるのか、クラブの財政的な側面なのかはわかっていないが、どちらにせよヌニェス獲得にはCL出場権が必要ということではないかと。

その点についてはアーセナルが一歩リードしているものの、まだ10試合もリーグ戦が残っているため、油断は出来ない。

来シーズンのためにも勝ち続けてほしいです!

 

 

フェイエノールトのウインガーに興味?

 

弊ブログで紹介していなかったのですが、このところPSVに所属するガクポ獲得に強い関心を抱いていると報じられていたアーセナル。

ガクポに関しては、『アーセナルが獲得レースをリードしている』と報じられるなど、獲得に近い存在だと考えられているのだが、昨日のイタリア「コリエ・デッロ・スポルト」によれば、同選手と同じオランダリーグの別のウインガーにも関心を示している模様。

同メディアによれば、現在アーセナルはフェイエノールトに所属するルイス・シニステラに関心を寄せているとのこと。

シニステラは今シーズンここまで38試合に出場18ゴール11アシストを記録している22歳の右利きの左ウインガーで、現時点の評価額が1500万ユーロだそう。

そんな活躍ぶりを評価しているクラブは数多く存在するらしく、アーセナルの他にもナポリ、アトレティコ・マドリー、レバークーゼンらが関心を抱いているそうな。

また、現時点で関心を抱いているのがこれらのクラブなだけで、これから増える可能性もある。

しかし、イギリス「football london」はアーセナルが獲得に優位なのでは?と指摘。

同メディアは、フェイエノールトには今シーズン、アーセナルからシーズンローンで加入しているリース・ネルソンが在籍しているため、同選手の存在が交渉に有利になるのでは?と。

どうやらここ最近のネルソンは活躍しているらしく、一部メディアによれば、フェイエノールトがもう1シーズンのレンタル延長を望んでいるとも報じられており、そういった状況が交渉に優位に働くと指摘している。

シーズン序盤こそ怪我などもあり、上手く活躍出来ていなかったネルソンだが、もしかすると彼の存在が移籍市場で優位に働くかも!?

 

シニステラのプロフィールとプレー集↓

 

オランダリーグは比較的スペースが広い場合が多いので参考になるかはわからないが、シニステラは小柄でカットインが得意なウインガーな様子。

動画を見る感じでは右利きのサカ的な感じ?にも見えなくはない。

少なくともマルティネリとは違ったタイプのドリブラーな様子。これから注目してみたい。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

  • こちらの記事も合わせてどうぞ↓

今シーズン最も改善された4人の選手

ラウタロ獲得の可能性は未だ消えず?モンレアルがエジルについて語る

ASローマはナイルズの買取を行いわない!エイブラハムは今や非売品

ヌニェス獲得にはライバル多し!?マンチェスターUが獲得レースをリード?” への2件のフィードバック

  1. ヌニェスってウルグアイ人だったんですね。ヨーロッパの試合を観る必要がなくなったせいで、プレミア以外の選手に疎くなってました。
    まぁ、アルテタが望んでる選手なら誰でもいいです。笑

    「アーセナルが獲得レースをリードしている」
    この言葉は10年以上前からよく聞きますけど、そもそもレースにさえ参加してないことが多いですよね。

    1. 僕もアーセナルが出ない大会は疎いです(笑)
      比較的本格派なストライカーらしいですよ!

      おっしゃる通りで、アーセナルのここ数シーズン補強は一本釣り系な補強が多いので(特に昨年)
      もしかすると早めにアプローチを取っている選手が多いだけなのかもしれないですね。
      とはいえ、毎回なんだかんだで一喜一憂させられます。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です