ナブリー獲得の実現性について。ユベントスがラカゼットに関心

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ナブリー獲得の実現性について

 

今夏の移籍市場で大型補強に動くと報じられているアーセナル。

ストライカーと中盤補強に動くことは確実視されているが、その他の補強に動く可能性も示唆されている。

そんな中、先日から現地メディアで獲得の可能性を模索されているのが、かつてアーセナルでプレーしたものの、ファーストチームに定着できずに移籍していった現バイエルン・ミュンヘン所属のセルジュ・ナブリー。

なぜそんな話が起きているのかというと、ナブリーは現行契約が2023年の6月までとなっており、それまでに契約延長しなければ今夏にも退団の可能性が挙がっているためである。

すでにバイエルン・ミュンヘンは契約延長に向けての話し合いを行っているそうだが、「Sky ドイツ」によれば、現状で50:50の状況らしく、退団の可能性も十分あるという。

そして、現地メディアが指摘しているのは、過去のインタビューでナブリーがしきりにアーセナルへの愛情をコメントしていることである。

彼は常々アーセナルへの愛情が溢れるコメントを残している他、過去にCLでトッテナムと対戦した際、勝利後にInstagramのポストで「London is Red」と投稿していたりと、とにかくアーセナルに関わることが多かった。

そのため、やり残したことがあるとして、アーセナルが獲得に動けば移籍の可能性があるのではないか?というもの。

現時点で起こりうる移籍ではないのかもしれないが、今夏の移籍市場でニコラ・ぺぺが退団するようなことがあれば、獲得に動く可能性は十分あるのではないかとも指摘されている。

また、左右のウイングだけでなく、中央、トップでも起用できる汎用性はアルテタ監督的にはありがたいはずで、獲得できるなら動きたいのでは?とも。

そして、アーセナルは今シーズンついにトップ4を確保できそうな状況ということも後押しになっていると考えられる。

個人的には是非とも戻ってきて欲しいが、今後動きはあるのだろうか。。。気になるところです!!!

 

 

ユベントスがラカゼットに関心

 

今夏の移籍市場でアーセナルから退団する可能性が高まっているアレクサンドル・ラカゼット。

このところの気迫あふれるプレーと、過去9試合で7アシストを記録するなどチームの歯車役を受け入れてくれている姿勢から、契約延長も視野にいれるべきだという意見もあるのだが、そんなラカゼットへの関心を強めているクラブがある模様。

昨日の「カルチョ・メルカート」によれば、現在ユベントスがラカゼット獲得に関心を示しているとのこと。

同メディアによれば、ユベントスは冬の移籍市場でヴラホヴィッチを確保した後、経験豊富なストライカーも欲しているらしく、その中でラカゼットが注目されているそうな。

また、フリーで獲得できることも後押しになっているという。

ラカゼットはこの調子で活躍していれば、更に関心を持つクラブが増えるはず。どうなるのだろうか。。。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

CL出場権獲得で5000万ポンドの賞金+選手それぞれにもボーナス有!?

PLで楽に勝てる相手など存在しない!!!アーセナル試合レポート

チェルシーがブロヤの価格を設定?レンタル中の若手選手に感銘

ナブリー獲得の実現性について。ユベントスがラカゼットに関心” への4件のフィードバック

  1. ラカゼットは延長でいいかなと最近は思ってます。
    控えになっても全く腐らないし、出れば活躍するし。
    今後の強豪チーム相手に結果を残すようなら、決定的じゃないでしょうか?

    1. 直近で7アシストも記録できる選手は中々いないですもんね!
      僕も個人的に契約延長はありかなと!ただ、その場合は減給を飲んでもらうことになるのではないかと。。。

      1. 確かにそうですねー。
        あと、エジ○やオーバメヤ○みたいに、契約延長した途端に劣化する恐れもあるので、難しいところですね・・・
        ウィリアンやシェルストレームといい、30超えの選手契約は失敗ばかりですね。最近は。

        1. ミルナーやアスピリクエタなど、他のクラブが成功している分、なぜアーセナルだけ30歳を超えてからも活躍できる選手がいないんでしょうね。。。
          ネームバリューで言えばオーバメヤンやエジルはベンゼマなんかと同じレベルにいた選手ですし。。。体制の問題でしょうか。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。