トーマス・パーティの獲得を諦めた際の代役候補5選。

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

昨日、当ブログで紹介した通り、現在アーセナルがフセム・アワールと共に獲得を望んでいると報じられているトーマス・パーティ。

アトレティコ・マドリーがトレイラ獲得を望んでいるとかで、少し獲得に現実味が出てきたものの、依然として獲得実現が難しいのでは?と考えられている。

とはいえ、今節のウエスト・ハム戦を見るに、フィルター役でボールも運べる中盤が欲しくなったのも事実。

そのため今回は、もしトーマス・パーティ獲得が難しい場合の代替案を、今までの報道を元に個人的に考えてまとめてみました!!!

ちなみにパーティの「who scored」での評価がこちら↓

参考にしながら見てください。

 

 

ダニーロ・ペレイラ

 

一時はトーマス・パーティの代役候補としてメディアにも取り上げられていたダニーロ・ペレイラ。

ポルトガルリーグのFCポルトに所属しており、現在29歳。ポルトガル代表にも定期的に選出されている。

同選手は、パーティよりかは守備的な選手で「who scored」の評価がこちら↓

高さがあるため空中戦に強く、セットピースでも脅威になれる。パスが上手く、集中力も高い。

足元の上手さというよりは、188cmと恵まれたフィジカルで刈り取っていくスタイル。

攻撃面での貢献はセットピースが主になるかもしれないが、アワールを獲得した上で考えているので、守備に特化した選手の獲得はアリかと。

評価額が2400万ユーロとパーティの半額であることもポイント。ペレイラには6000万ユーロのバイアウトがあるそうだが、残り契約が2年であるため、それよりも大きく少ない金額で取引できる可能性があるそう。

また、選手本人は以前アーセナルとリンクされた際に、

 

「私はFCポルトと私の国にいるのが好きですが、プレミアリーグのようなより良いリーグに行きたいです。プレミアリーグでプレーすることを常に夢見ており、世界で最高だと思います」

「アーセナルは非常に良いサッカーをする。私は彼らのプレーの仕方、ゲームとチームが一緒にいる方法を考えてスタイルに合うと思う。それはプレーするのに良い方法だ。」

 

と、移籍に前向きなコメントをしていた。(2ヶ月前だが)

現在29歳と、脂が乗り切った年齢であるため、新たな挑戦を求めているのだろうか。

最近は名前が出てこなくなってしまったが、移籍市場終盤でパーティ獲得が頓挫した際に改めて名前を聞くかもしれない存在。

 

 

アマドゥ・ディアワラ

 

現在23歳で、ローマに在籍しているアマドゥ・ディアワラ。

同選手も、パーティが獲得できなかった際の代役候補として、以前アーセナルとリンクされていた。

まずは「who scored」における選手評価↓

インターセプトが非常に良い。パスも良し。空中戦に弱く、集中力に難あり。

先程のペレイラと違い、守備面よりも攻撃のスイッチを入れられる選手。身長は183cmあるが、線は細め。

雰囲気で言えば、現在アーセナルでセバーヨスが請け負っているプレーがマッチしそう。ビルドアップを助けてくれるタイプである。

現在、ディアワラの評価額は2000万ユーロで、ペレイラよりも安価で手に入れることができる。

移籍市場が始まった頃には、トレイラとのスワップで獲得するかも?と報道されていたが、現在はトーンダウンしている。また、同選手の代理人も『彼はローマで幸せ』とコメントしており、移籍に焦っていないそう。

しかし、8月末辺りに再度ディアワラ獲得の可能性を報じられており、どうやらパーティ獲得失敗時のプランBには含まれている模様。

 

 

デニス・ザカリア

 

トーマス・パーティに1番プレースタイルが近い選手。

現在ブンデスリーガのボルシアMGに所属しており、スイス代表にも招集されている23歳。

過去にはアーセナルを含め、チェルシー、マンチェスターU、最近ではリヴァプールからも関心を示されている人気銘柄。

プロファイル↓

who scored」でもパーティと似たような評価を受けていて、ドリブル、タックル、ロングシュートが良い中盤のなんでも屋。

190cmと体格にも恵まれており、プレミアリーグにもすぐ順応できるのでは。

『スイスのパトリック・ヴィエラ』なんて言われている逸材。

しかし、それだけの注目を集める選手だけあって、評価額が4000万ユーロと高額。

そのため、残り契約が1年となる来夏に、再度獲得へ動いていいかもしれない。

 

 

ティエムエ・バカヨコ

 

獲得の可能性は低いが、個人的にパーティの代役になりそうだなと思った選手。

バカヨコはかつてモナコで大活躍を収めた後、チェルシーへと移籍したが、思ったような活躍が出来ず、ここ2年はACミランと古巣のモナコにレンタル移籍していた。

しかし、同選手はまだ26歳。

プロファイル↓

ドリブル、タックル、インターセプト、空中戦が良い、ビルドアップに貢献できる選手。

するするっとドリブルしていく姿は、かつてアーセナルでプレーしていたディアビを彷彿とさせる。

現在評価額は2500万ユーロで、パーティ獲得の丁度半分の金額。

今夏の移籍市場でACミラン加入が近づいたが合意できず、直近では中盤の選手が欲しいPSGがコンタクトを取っていると報じられている。

 

 

モハメド・エルネニー

 

先日当ブログでも紹介しましたが、代役を獲得できなかった場合、クラブ内部から候補を探しても良いかもしれない。

先日のレポート→逆襲のエルネニー。今シーズン、ポジションダッシュなるか!?

昨シーズン、トルコのベジクタシュへ1年のローン移籍を経験して戻ってきたエルネニーは、開幕戦とコミュニティシールドにスタメンで出場して好プレーを見せており、アルテタ監督も一定の評価をしている。

しかし、プレースタイルはパーティとは全く違うため、アルテタ監督がその辺りをどう考えるかが重要となる。

とはいえ、今夏のアーセナルが財政難であることは変わりなく、資金が捻出できなければ内部から抜擢する必要がある。

 

 

今回5名の選手を紹介しましたが、結局のところトーマス・パーティを獲得して欲しいところ。

続報があり次第、随時レポートしていきますね!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

改めて紹介。現在アーセナルが獲得に動いているとされる選手特集

開幕戦でリーズ相手にヒヤリとしたリヴァプールが怒涛の大型補強!

フセム・アワール獲得に動き?パーティ獲得も!?アーセナル移籍ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です