ティーレマンスへの関心が薄れている理由。ジェズス獲得に前進?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ティーレマンスへの関心が薄れている理由

 

ここ最近アーセナルの移籍情報が活発に動いている中、1月から今夏のメインターゲットの1人と伝えられてきたレスター・シティに所属するユーリ・ティーレマンスへの関心が薄れていると噂されるアーセナル。

ファビオ・ヴィエイラ獲得が合意した際は、ティーレマンス獲得に何も支障はないと伝えられていたが、このところはメジャーなジャーナリストも関心が薄れていると伝えており、状況がわからない様子だった。

そんな中、スポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏によれば、アーセナルがティーレマンスへの関心が薄れた背景に、他の獲得候補の交渉を優先しているからだとレポート。

同氏によれば、現在アーセナルはガブリエル・ジェズスの獲得交渉をまとめに掛かっており、さらにラフィーニャ獲得レースにも参加しているため、後回しにされているのだとか。そのため、それらの交渉の行方によってティーレマンスの交渉に動きがあるのではないか?と示唆している。

また、ロマーノ氏によれば、現時点でアーセナル以外にティーレマンス獲得へ動いているビッグクラブがいないそう。ただ、獲得に関心を持っているクラブはいという。

ちなみに、アーセナルはまだティーレマンス陣営との交渉をストップさせているわけではなく、あくまで先に他の交渉を進めているスタンスな模様。

以前、Twitterで回ってきた情報で、「アーセナルはティーレマンス獲得に自信があるため、先にティーレマンスの移籍金を担保した上で、残ったお金でどこまで選手獲得に動けるかという状況」みたいなレポートがあり、もしかすると本当にそういった状況なのかもしれない。

どのジャーナリストも交渉は継続していると話しているので、完全に流れが消えたわけではないのだろう。続報が気になるところ!

ちなみにロマーノ氏によれば、アーセナルはアルテタ監督がラフィーニャ獲得を要望しているらしく、獲得レースに参加しているそうな。ただ、報じられている通り、トッテナム、チェルシーも獲得レースに加わっているという。バルセロナは提示できる移籍金が4000万ユーロが限度らしく、リーズが獲得レースから省いた?とのこと。

 

 

ジェズス獲得に前進?

 

昨晩辺りからアーセナルが一気に合意まで達したと噂されているガブリエル・ジェズス。

現在アーセナルがジェズスの獲得をまとめに掛かっているのは間違いないのだろうが、つい先程のレポートによれば、どうやらトッテナムがジェズス獲得レースから撤退したとのこと。

イギリス「Evening Standard」は、アーセナルがガブリエル・ジェズス獲得に一気に近づいたことで、トッテナムが獲得レースから撤退したとレポート。

 

すでにトッテナムはジェズスからターゲットを変更し、リシャルリソンとラフィーニャの獲得にシフトしているという。

ここまでこればほぼアーセナルがジェズスを手中に収めたと言っても過言ではないはず。早ければ今日辺りにも続報が来る気が!

昨シーズンのジェズスのプレー集↓

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ラフィーニャ獲得レースが激化!トッテナムとチェルシーが参入!?

ラツィオにトレイラ獲得を打診。アレクシス・サンチェスに関心?

ラフィーニャと今週中にも移籍合意!?ティーレマンスと個人合意?

ティーレマンスへの関心が薄れている理由。ジェズス獲得に前進?” への2件のフィードバック

  1. ところで公平に近い2Topを想定するとして、
    ジェズスとマルティネッリってどっちが優秀なんでしょうね?1Topなら現状ではジェズスに分があるのでしょうけど。同じことがリシャルリソンにも言えます。
    もしジェズスを取らないならマルティネッリをCFコンバートしてラフィーニャってのは分からなくはないです。サラリー等で財政破綻はしないでしょうし。
    ペペ放出できたとしてもジェズス獲得じゃ転売も利かず苦しくなりますからね。

    1. マルティネリの適正ポジションはどこなのでしょう。
      彼の決定力と運の良さを鑑みれば、終着点はストライカーな気がしますが、アルテタ監督のアイデアは1トップでビルドアップに関与できる選手をストライカーにしたいはずで、そうなるとマルティネリの個性が活きないという。。
      財政面を考えると、ジェズスに高給を払うのがどのような影響を与えるのかなんとも言い難いですよね。エンケティアも控えていますし。
      ただ、恐らくアルテタ監督の理想はペップが思考しているマネジメントなはずで、とことん強力な選手を揃えたいのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。