チャールズ・ワッツ氏がアーセナルの最新情報をアップデート

本日も更新していきます!!!

 

今回はつい先程アーセナルの番記者チャールズ・ワッツ氏がアーセナルの移籍市場の進捗状況をアップデートしていたのでご紹介します!

 

選手の売却に関して

 

マッテオ・グエンドウジ

今シーズン、マルセイユへレンタル移籍をしていたマッテオ・グエンドウジ。

マルセイユへのレンタルには買取OPが付いていて、すでにマルセイユは行使する予定をしているため、現在行われているUEFAネーションズリーグ終了後に取引が完了する見込み。

買取OPの金額は1050万ユーロ(900万ポンド)で、レンタル料は85万ポンド貰っている。最も退団が近づいている選手。

 

ルーカス・トレイラ

アーセナルはフィオレンティーナとトレイラの売却交渉を続けている。

フィオレンティーナは今シーズンのトレイラの活躍に満足しており、完全移籍で獲得したいと考えているものの、まだ獲得のための具体的なオファーを提示していない。

トレイラ自身はフィオレンティーナへの完全移籍を望んでおり、クラブも今後数週間のうちに合意することを期待している。

 

エクトル・ベジェリン

ベジェリンの将来は具体的に決まっていないものの、選手自身はレアル・ベティスへ完全移籍したいと考えている。

ベティスもベジェリンを完全移籍で加えたいと考えているが、ベジェリンのサラリーが問題となっている。

今シーズン、ベジェリンはベティスへ加入するために大幅な給与の削減に応じたのだが、完全移籍するためにはそこから更に給与の削減が必要となる。

 

その他

アーセナルはその他にパブロ・マリ、メイトランド・ナイルズを売却することを目指しており、昨シーズンをフェイエノールトで過ごしたリース・ネルソンを巡っては、フェイエノールトとの交渉が続いている。

また、適切なオファーが提示されればベルント・レノ、ニコラ・ぺぺの売却にも応じる予定。

 

 

選手の獲得

 

アーセナルが優先している獲得交渉はガブリエル・ジェズスとユーリ・ティーレマンス。

両選手のエージェントとの交渉は何ヶ月も続いており、アーセナルは今夏に取引が完了することを期待している。

 

ガブエリル・ジェズス

ジェズスは現在インターナショナルマッチウィークでブラジル代表に参加しているため、彼の将来がどうなるのかはブラジル代表の任務が完了次第になるだろう。

 

ユーリ・ティーレマンス

ティーレマンスもインターナショナルマッチウィークでベルギー代表に参加しており、自身で語っている通り、今週行われるポーランドとウェールズ戦が終われば移籍に向けての動き出しが可能となる。

ティーレマンスの残り契約は1年となっているため、2500万ポンドで獲得できる可能性がある。

 

その他

その他にアーセナルはマンチェスターCに所属するオレクサンドル・ジンチェンコとエヴァートンに所属するリシャルリソンの状況をモニタリングしている。

また、アーセナルはナポリに所属するヴィクター・オシムヘンにも関心を抱いていたが、契約は難しいことを理解している。

 

 

とのこと。おおよそ現地メディアで紹介されていることが合っているという結果に。

アーセナルが今夏に優先しているガブリエル・ジェズスとティーレマンスは代表戦に駆り出されているため、それが終わってから動き出すつもりという。

そして、売却に関しては思った以上に難航しているという。唯一売却に近づいているのがグエンドウジだが、彼はマルセイユで上手くやってフランス代表にも上り詰めている選手。そんな選手を先に決めているからと900万ポンドで売却するとは。悲しみ。状況が違ったら3000万ユーロくらいで取引されている選手なはず。

ツッコミどころはいくつかあるが、今回はあくまで紹介なのでこんなところで。

ちなみにアーセナルは今夏にサリバに対して契約延長オファーを提示する見込みだそう。とりあえずサリバの契約延長は頑張って欲しいところ。

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

まもなくティーレマンス獲得交渉へ?ジェズスも今夏のリストのトップ

レアルはジェズス獲得に興味なし?トッテナムがオープニングオファー?

アーセナルがジャンルカ・スカマッカとサインするべき3つの理由

チャールズ・ワッツ氏がアーセナルの最新情報をアップデート” への9件のフィードバック

  1. まだまだ負の遺産がアルテタの邪魔をしそうですねぇ。
    高く売れるはずだった選手を安く買われ、高く買った選手をタダ同然で手放す。今はまだいい選手を獲れてるからいいですけど、またナスリ・セスク・RVPのようにチームに嫌気がさして出ていく選手がいないことを願ってます。

    1. 一度崩壊してしまうとその時期に在籍した選手の価値が落ちるという。
      当たり前なのですが、代表では活躍している選手だったりいるのでやるせないですね。。。
      今で言うとサカなんかは来シーズンの結果次第ではヤバそうですね。。。

  2. 若手の才能が湧いてるアーセナルに来たアルテタは恵まれてますからね。プレミアの監督年棒ランキング上位で唯一実績なしで浮いてますし。

    高く売れる可能性のあった選手をピークに売らなかったこと自体は悪いことではなく、後から手放し金勘定して嘆くのは結果論です。伸び悩みや使いこなせず管理できずは現政権の現場責任だし。

    キレて出て行った選手はペルシアデバなど確実にいましたが、ナスリセスクは嫌気が差していたというよりは、より魅力的なチームから引き抜かれた形です。
    ペルシは売る相手と値段の問題ですね。残してフリーの方がマシという。他にもベジェリンの使い潰しやエジルの甘やかしなどベンゲル時代の負の遺産もありましたが…こういう雑な蒸し返しは良くないですね。

    1. CL出場権がないのと、ここ数シーズンの主力選手が売れないというジレンマが悩みの種になってそうです。。。僕も書いていて後ろ向きな気分になってしまいます。。。
      ただ、そう考えると過去数シーズンと比べれば今は戦力は整っているので、来シーズンこそ!という気持ちに切り替えてたいところです!!

  3. ラカゼットもフリーで放出になりましたね。
    売却下手なのは、常に課題というか。
    他リーグですが、ドルトムントなんか上手いイメージですね。
    みならってほしいものです。

  4. 連投すいません、ナスリは嫌われてますけど、最後の試合がとても寂しそうな顔で試合に入っていたのが忘れられません。
    当時に比べると、チームの雰囲気が大分かわったなあ。

    1. 連投全然良いですよ!!!
      ドルトムントは徹底して最高の状態のタイミングで売却するので潔くてそこが交渉でうまいんでしょうね!
      ただ、彼らが今のアーセナルであれば、平気でサカ売却しそうで怖いです(笑)
      確かに僕もナスリは愛のある選手だったと思っています!ただ少しその後の性格が悪かったですね(泣)

  5. ベンゲル末期の即戦力を取ってた時代の選手ですからある程度仕方ないですよね。
    ドルは間違いのない選手を若いうちに取ってるから強いという側面もあるでしょうし、ほぼ毎年CL出られますからドイツのクラブってのが大きいですね。
    ところでバロガンてトップチームに合流しないんですかね?

    1. ドイツリーグはPLと比べるとやはり競争力が低いのである程度売却に踏み切れる下地がありますよね。
      ただ、彼らはスカウトも上手なのでその辺りがリーグの特性にもマッチしているのかと!
      恐らくですが、PLクラブ(その他リーグも?)へのレンタルが基本路線でプレシーズン次第でトップチーム合流という流れではないでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。