ジョー・ウィロックが2500万ポンドでニューカッスル移籍へ

本日も更新していきます!!!

 

 

 

ジョー・ウィロックが2500万ポンドでニューカッスル移籍へ

 

先日行われたチェルシーとの親善試合の後、クラブが今シーズンはファーストチームに残留する方向で進めていると伝えられていたジョー・ウィロック。

ニューカッスルがウィロックに強く関心を抱いていたのは周知の事実だったのだが、これまでのところ同クラブがアーセナルの満足する移籍金を提示できなかったことで交渉は滞っていた。

しかし、本日のイギリス「Sky sport」によれば、ニューカッスルがウィロックに対して2500万ポンドの移籍金を提示しアーセナルと合意に至ったとのこと。

同メディアによれば、まだウィロックとの個人的な条件では合意に至っていないものの、ニューカッスルは今週末に行われるウエストハムとの開幕戦に間に合うように動いているそうな。

この報道は「Sky sport」以外のメディアでも報じられている他、昨日行われたトッテナムとの親善試合後でウィロックがチームから外れ、その事を問われたアルテタ監督も『話せるようになったら理由を説明する』と話しており、ほぼ間違いなく放出する流れとなっている。

しかし、この2500万ポンドの移籍金を利用してアーセナルはAMFとGKの獲得に挑むようで、現地メディアやファンたちからは『悲しいが仕方がない』という感じの様子。

僕は個人的に今シーズンのウィロックを期待していただけにとても残念だが、多くの方が考えている通り、『仕方のない移籍』かと。

微妙な選手を連れてこなければ良いのだが。。。

 

 

エドゥTDの息子のインタビュー抜粋

 

先日「Gunner talk」にてエドゥTDの息子であるルイジ・ガスパール君に独占インタビューを行ったそうで、その中に少し面白いコメントがあったので、そちらを軽くご紹介。

 

「Instagramで毎日100件くらいのDMを受け取っていて、お父さんに選手とサインするように伝えているよ!」

「ある選手とのサインについては発表前に知っていた」

「僕のお父さんは休暇中でも、家族と過ごすよりも電話に多くの時間を費やしている。」

 

等々のコメントを残していたそうな。

エドゥの息子であるルイジ・ガスパール君は、現在アーセナルのアカデミーでプレーしているのだが、ちゃんとトライアルを受けてから入団したそうな。

やはり、家で気になることを聞いてしまうのだろうか。発表前に獲得の話を知っていたとか、わりと衝撃発言じゃないか!?(笑)

ちなみに、ジェームズ・マディソンら新たな獲得候補に関しては『お父さんに聞いてないからわからない』とコメントしていたそう。

僕たちファンは補強に関してあーだこーだ言っていますが、エドゥ本人は休暇中も仕事してるそうですよ!ちゃちゃっとマディソンの獲得を決めて、家族との時間を作って下さいな!!!(笑)

またインタビューされていたら紹介します!

 

 

トッテナムに0対1で敗戦

 

冒頭のウィロックの記事の紹介でも少し触れているのだが、昨日トッテナムとの親善試合で行われた。

かるーく紹介しておきます。

 

スターティングメンバー

アーセナル

 

トッテナム

 

簡単なスタッツ等

 

試合内容

今回の試合は前半はアーセナル優勢、後半はトッテナムが盛り返すといった内容。

印象に残ったのはベン・ホワイトとロコンガが想像以上にフィットしていて優秀だったこと。そして、ジャカも良い感じだった。

懸念は相変わらず攻撃陣が停滞してしまう?決定力不足というかはファイナルサードでのアイデア不足が目立った感じかと。ティアニーのクロスを誰も合わせれないのが何度かあったような気がする。

あと個人的に気になったのはこの試合でナイルズを右SBで起用したところ。

セドリックを投入したことで途中から中盤にポジションを移したのだが、割と彼の起用法は今シーズンのアーセナルを占う可能性があると思っていただけに右SBで起用したのはびっくらこいた!

アルテタ監督の望むタイプの右SBに一番近いのがナイルズだと思うので、彼が固定できれば良いなと。

最近右SB獲得の話が下火になってきて、AMF、GK補強を優先すると報じられていた背景には彼が右SBでの起用を受け入れた可能性もあるのかな?

なんにせよ活躍してくれればオールOK!

開幕前の2戦を2敗で終えるのはなんだか心もとないが、あくまで親善試合だと思って開幕してからは勝つと信じましょう!

 

ハイライト

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ブライトンがエンケティア獲得に2000万ポンド用意!?

ラウタロ・マルティネス獲得にベジェリン、ラカゼットを差し出すも拒否?

アワールの代理人はアーセナルがマディソンに向かったことにビックリ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です