シーズン最終戦!ぺぺの来シーズンに期待!アーセナル試合速報

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は先程行われたPL最終節アーセナル対ブライトンの一戦をレポートしていきます!!!

※このレポートは試合結果を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−2−3−1

アーセナルは今シーズン定着している4−2−3−1。

ディフェンスラインは左からティアニー、ガブリエル、ホールディング、チェンバース。中盤にはパーティと、先日怪我から復帰したジャカを起用。

2列目は中央にウーデゴールが入り、左にスミス・ロウ、右には前節2得点を記録したぺぺ。そして、トップにオーバメヤンが起用された。

今回の試合は、疲れからか前節あまり見せ場を作ることが出来なかったサカが久々のベンチから。そして、去就が気になるウィリアンはベンチ外となっている。

また、今シーズン限りで退団することが決まっているD・ルイスと、ウィリアンと同じく去就が気になるベジェリンは怪我の影響でベンチ外となっている。

 

ブライトン:4−3−3

対するブライトンは4−3−3の布陣。

要注意選手は左WGで起用されているレアンドロ・トロサール。この選手は油断しているとゴールを決めている印象で、優勢な時間に油断しないことが肝心。

また、中盤の中央で起用されているイヴ・ビスマはアーセナルが今夏に獲得する可能性がある選手で、彼がどのようなプレーを披露するのかも注目となっている。

 

 

試合内容

 

試合内容は後ほど更新します。

この試合の簡単なスタッツ↓

 

 

今シーズン最終戦にしてアーセナルらしさが出る

 

シーズン最終戦!

なんというか、個人的に今シーズンで1番アーセナルらしさが出てた試合だったような気がする。

攻撃陣が前線で動き回って沢山チャンスを演出する。そして、ディフェンスはたまにヤバいシーンを作られてしまうがなんとか凌ぐ。みたいな、ヴェンゲル・アーセナル時代を連想させてくれるような試合だったかと!

特にスミス・ロウ、ウーデゴール、ぺぺの2列目は見ていてワクワクしたし、オーバメヤンもゴールこそなかったが、ラカゼットとはまた違う黒子役としてチームの攻撃陣を押し上げてくれていた。

途中から出てきたサカやマルティネリも、ほぼ試合が決まっていたのにも関わらず、貪欲にゴールを決めようといった意思が出ていて見ていて気持ちよかった!!!すでに来シーズンが楽しみ過ぎて3ヶ月も待てるかしら。。。

ひとまず、今回の勝利を含めて5連勝でシーズンを終えるという、順位が低くなければこれ以上を望めないくらいの好調でフィニッシュでした!

 

 

最終順位と来シーズン

 

こちらが最終順位↓

すでに決まっていたが、今シーズンはマンチェスターCがリーグ優勝。そして、シェフィールド、WBA、フラムが降格となった。

アーセナルは勝ち点61で8位で今シーズンを終了。途中まではトッテナムが負けていたので7位で終了する可能性があったものの、最終的にトッテナムが逆転勝利したため8位となった。

同じく7位浮上の可能性があったエヴァートンは、マンチェスターCに虐殺されてリーズにも抜かされた模様。

また、この結果から来シーズンのアーセナルはヨーロピアンコンペティションに出場しないことが決定。

個人的にはミッドウィークの試合がなくなるのが悲しかったので出場してほしかったのだが、こればかりは仕方がない。。。

来シーズンはカップ戦以外、主に週末の試合がメインとなります!

 

 

眠りから覚めたぺぺ

 

とても良かったですね!ぺぺ!

今シーズンはスタメンで起用させてもらえなくなる時期があり、なんならベンチで試合を終えることもしばしばあった中、ここに来てようやく7200万ポンドの漢が目覚めてくれた!

欲を言えば、あと3ヶ月早く目覚めてくれていたら最終順位がもっと上で、なんならトップ4もチャレンジできた可能性もあったのに。。

結果論だが、最終的にトップ4でリーグ戦を終えたチェルシーと6ポイントしか離れていなかったので、本当にもう少し早ければ違った未来があったはず。。。

とはいえ、恐らくぺぺはこれでPLでやっていくための自信がついたはずで、来シーズンさらなる活躍を見せて欲しいところ!

 

 

噂のビスマ

 

アーセナルが今夏の移籍市場で関心を抱いていると報じられているイヴ・ビスマ。

シーズン最終戦にして彼を見る機会となったのだが、皆さんはどのようなお考えになっただろうか!?

現地メディアやジャーナリストは、今回の試合を見て更に『アーセナルはビスマを獲得しろ』といったことを言っているのだが、個人的には4000万ポンドも掛かるのであれば見送っても良いのではないかと思いました。

ビスマは今回の試合で上手くプレーしていたし、ブライトンの中央で攻守に動いていたのだが、4000万ポンドと言われると『そこまでの金額が必要か?』と。2500〜3000万ポンド辺りが妥当なのではないかと思いました。

良い選手であることは間違いないのですが、アーセナルに来てもパーティと役割がかぶってしまいそうな感じがした。アーセナルが最近ビスマとリンクされることが減ったのはその辺りが理由な気がしてしまう。

どちらかというとアーセナルは、ジャカの上位互換になるような選手がほしいのでは?それかもっとお金積んでグリーリッシュ獲得にぶっこんで欲しい。

 

 

クロエンケ・アウト

 

今回の試合中にずっところころ転がっていた風船。あれなんだろうとずっと思っていたのだが、こんな風船だった様子↓

 

『クロエンケ・アウト』のムーブメントの風船だった模様。

ここ最近、ベルカンプやヴィエラは「Spotify」のダニエル・エク氏によるアーセナル買収を支持している意思を公に語っており、それによって以前よりも増してクロエンケ・アウトが叫ばれている。

これに関しては報道が二転三転したりしているのでどうなのか全くわかりませんが、ここまでされたら流石のクロエンケも売却に意思が傾いたりするかな??

 

 

 

 

書きたいことは色々ありますが、ひとまずアーセナルは8位でシーズン終了。来シーズンは国内の試合に集中!以上!

 

 

COYG!!!

 

来シーズンが始まるまでは移籍の話題をもっと紹介していきますね!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

左SBのバックアップはティアニーと同じくスコットランドから?

ウィリアンは今シーズン終了後にアメリカへ?コラシナツは今夏に退団へ

ウィロックは完全移籍へ?ウーデゴールがダメならブエンディア?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です