サカが契約延長の条件にリリース条項を盛り込むことを要求?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

サカが契約延長の条件にリリース条項を盛り込むことを要求?

 

今夏の移籍市場で大型補強を進めると伝えられているアーセナルだが、それと同時に進めているのがサカとの契約延長。

現行契約が今夏で残り2年になるため、アーセナルは今夏に大幅な昇給を含めた新たな長期契約を結ぶために交渉する予定だと伝えられているのだが、昨日のイギリス「daily mail」によれば、そんなサカとの契約交渉でリリース条項が付く可能性があるとのこと。

同メディアによれば、サカはアーセナルのことを愛しており、クラブ対して大変満足しているものの、CLでプレーしたいという希望を持っているため、なんの保証もない契約延長を拒み、何かあった時に退団できるようにリリース条項を盛り込むリクエストをする可能性があるそうな。

僕の翻訳ミスでなければこの話はリーク元が出ていないので、恐らく「daily mail」がサカの状況を鑑みて予測しているレポートではないかと。

ただ、過去にスターリングがリヴァプールから退団したように、どれだけ生まれ育ったクラブを愛していてもCL出場が叶わないことに嫌気が差す事例はある。

今シーズンもまだ可能性が残されているが、少なくとも来シーズンは必ずCL出場権獲得が必須である。

 

 

アルトゥールへの関心を再燃?

 

1月の移籍市場で獲得間近に迫ったものの、最終的にユベントスが移籍を拒んだことで合意出来なかったアルトゥール・メロ。

その後、アーセナルは今夏の移籍市場にフォーカスすることとなったため、アルトゥールへの関心が薄れたかと思われていたのだが、先日の「tuttomercato」によれば、アーセナルが同選手への関心を再燃させ、ユベントスとの交渉を再開させたとのこと。

同メディアによれば、アーセナルは1月の移籍市場で獲得失敗して以降、アルトゥールへの関心は薄れていたのだが、ここ最近になって同選手に再び目を向けており、1月のオファーよりも改善する意思を持っているそうな。

また、ユベントスはアーセナルに所属するガブリエル・マガリャンイスを今夏のメインターゲットの1人としてリストアップしているため、両クラブ間ではガブリエルの話も含めた議論を交わしているのだとか。

一部メディアのレポートではユベントスがガブリエル獲得のためにアルトゥール+金銭で合意を目指すようなことも囁かれており、少なくとも両クラブの選手を巡って話し合いが行われたことは事実な模様。

しかし、以前からアーセナルは今夏にガブリエルに対して契約延長のオファーを提示するとも伝えられており、ここ最近になって選手の入れ替えの話が盛んになっている。

アーセナルのCL出場権獲得に悪雲が立ち込めてから、今夏のターゲットがグレードダウンしているような話が増えているが、どうなっていくのだろうか。

 

 

 

ちなみにニャブリはバイエルンと契約延長をしない様子。この際ヤングガナーズで固めてしまえ!!!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

獲得間近から一転、ガブリエル・ジェズス獲得が難航する?

流石にガセ?ユベントスにガブリエルを売却する可能性

CL出場権を逃しても今夏の補強計画は予定通り進行する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。