クリストファー・エンクンク獲得に関心か!?その他ニュースも

本日も更新していきます!!!

 

 

 

U-18有望株が過去にエヴァートン移籍に近づいたことを告白

 

現在アーセナルのU-18チームに所属し、16歳ながらU-18チームの主力としてプレーしているジョシュ・ロビンソン。

前述した通り、同選手はすでにU-18チームで自身の地位を確立しており、本職のCBだけでなくCMFでもプレーできる有望株なのだが、実はアーセナルに一度入団拒否をくらい、エヴァートン移籍に近づいていたそう。

アーセナルofficial」にて、このように語っていたそう(リヴァプールエコー経由)↓

 

「私はかつて優秀なコーチたちとトレーニングに励んでいた(デベロットメントセンター)が、それは今になってとても役立っている。

私は半年ほどそこにいて、その時にアーセナルに入団できるかもしれないという話が来た。もちろん僕はイエスと思ったけど、最終的にそれは上手くいかなかった。

アーセナルに入団出来なかったので、僕はセンターに戻ってクリスタル・パレスが僕にオファーをしてくるぐらいになるまで一生懸命トレーニングした。

僕はしばらくプレーして、エヴァートンとQPRのようなクラブが獲得に興味を持ってくれていたけど、アーセナルが別のトライアルに誘ってくれた時、これだ!と思った。

そこでクラブは僕を気に入ってくれてサインしてくれた!」

 

とのこと。

現在アーセナルのアカデミーは非常に優秀な若手選手が溢れているそうで、ロビンソン君もここ最近台頭してきた先輩たちのようにファーストチームに出てこれるようになって欲しいですね。

しかし、メルテザッカーがアカデミーの統括になってから優秀な選手の輩出が多い気がする!気のせい!?

 

 

ファン・デル・ファールト『オーフェルマルスはアーセナルのほうが行きたいんじゃないか?』

 

現在、新たなオーナーに変わったことで資金が倍増し、数々のスター選手や優秀なボードメンバーの引き抜きを図っていると噂されているニューカッスル。

そして、そのニューカッスルが新たなSDとして引き抜くことを考えていると噂されているのが、元アーセナルの選手で現在アヤックスのSDを務めているマルク・オーフェルマルス。

同氏はアーセナル復帰も度々噂されている人物で、エドゥTDへの風当たりが悪かった際には、後任候補にリストアップされているとも伝えられていた。

そんなオーフェルマルス氏は、「Times」紙によると、ニューカッスルからの仕事にオープンだそうなのだが、この報道に対してオランダ代表で共に戦ったファン・デル・ファールト氏は違う見解を示していた模様。

イギリス「Metro」にて、このように語っていた↓

 

「彼はとても上手くやっているから、誰もが彼を望んでいるはず。彼はエドウィン・ファン・デル・サールと共に何年にも続いて素晴らしいことを成し遂げている。

だからニューカッスルからの関心は全く驚かない。

ただ、ニューカッスルでのチャレンジは素晴らしいものかもしれないが、彼はむしろアーセナルに行きたいんじゃないかな?

彼はアーセナルにより強い繋がりがある。だから、彼がニューカッスルを選択しないと思うよ。」

 

とのこと。

ファン・デル・ファールトが言っているように、オーフェルマルス氏はアヤックスでとんでもなく素晴らしい結果を残しており、是非アーセナルにやってきて欲しいところ。

最近、もしかしてエドゥは優秀では!?と思っていたので、アヤックスでのファン・デル・サールとの関係のように、エドゥとオーフェルマルスのディレクターチームとかアツいかなあと。

とにかく!アーセナルOBの選手が資金抱負なクラブに行くのはやはり何か寂しいものを感じてしまうので、ニューカッスルは選択してほしくない。。。

 

 

クリストファー・エンクンク獲得に関心?

 

グラニト・ジャカが怪我で離脱していることや、1月にANCが開催されることで中盤の補強に乗り出す可能性が示唆されているアーセナル。

すでに何名かの選手の名前は挙がっているが、新たにリストに挙がってきた選手がいる模様。

イタリア「カルチョ・メルカート」によれば、現在アーセナルはRBライプツィヒに所属するクリストファー・エンクンク獲得に関心を抱いているとのこと。

同メディアによれば、アーセナルは今夏に若手の優秀な選手を大量に獲得するなど補強に励んだものの、決定力不足もあってかここまで8試合7ゴールと得点を奪うことに苦労している。

そのため、今シーズンここまで12試合出場9ゴール4アシストを記録し、得点力のあるエンクンクに目を向けた模様。

しかし、現在エンクンクの評価額は5000万ユーロと高額である他、チェルシー、マンチェスターC、バイエルン・ミュンヘン、レアル・マドリーなど、錚々たるクラブからも関心を抱かれているそう。

獲得は難航するとみられるが、どうなるだろうか。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アルテタ対クリスタル・パレス戦における4つの戦術的ミス

『球際』が弱いんだなあ。アーセナル試合レポート

ジェイミー・キャラガーが今後のアーセナルに必要なことを力説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です