カイ・ハフェルツはジェレミー・ドクよりも良い契約

本日も更新していきます!


カイ・ハフェルツはジェレミー・ドクよりも良い契約


昨夏の移籍市場で6500万ポンドもの移籍金でチェルシーからアーセナルへ加入したカイ・ハフェルツ。

加入当初こそ、加入してからすぐに活躍したデクラン・ライスらと比べられ、”獲得は失敗だった”という声も少なくなかったのだが、このところは自身のストロングポイントを活かしてチームの好調の一因になっている。

そんな中、昨日の「football london」はアーセナルのカイ・ハフェルツ獲得はマンチェスターCのジェレミー・ドク獲得よりも良い契約だったとレポートを寄稿。

このレポートを寄稿した同メディアのトム・カントン氏によれば、ハフェルツは昨年の11月の段階ですでに”良い契約だった”と思わせる兆候を見せていたという。

同氏の見立てによれば、今でこそハフェルツは得点を重ねて評価を上げているものの、11月の時点でチームに順応しており、周りの選手を活かす動きが完成されつつあったという。

また、ハフェルツはこれまでのクラブで右No.8(レバークーゼン)、フロント3(チェルシー)でプレーしていたため、左No.8でのプレー経験が少ないことを指摘しており、クラブは今の状態になるまでに時間が掛かることを理解していたと指摘しています。

すでにハフェルツはジェレミー・ドクだけでなく、ブルーノ・フェルナンデス、ドミニク・ショボスライ、コナー・ギャラガー、ベルナルド・シルバよりも得点を決めていることもレポートされています。

言われてみれば新たなクラブに来てこれまでやってこなかったポジションでプレーするのは難しいはず。時間がかかるのも無理はないかと。そして、現時点ではドクよりもクラブに影響を及ぼしているという話でした!(笑)

今後も活躍に期待しましょう!


ジェイミー・キャラガーがアーセナルのCL制覇を後押し


ミッドウィークにCLノックアウトラウンドでFCポルトと対戦するアーセナル。

久しぶりのCLで高みを目指すことを期待されている中、リヴァプールOBで解説を務めているジェイミー・キャラガー氏はマンチェスターCがタイトルの本命としつつアーセナルのCL制覇を期待している模様。

同氏はこのように語っていたようです↓

チャンピオンズリーグにおいて、彼ら(シティ)に近いクラブはないだろう。ただ、唯一彼らに勝てるとすればそれはアーセナルだと思う。

アーセナルはまだビッグタイトルを手にしてないが、大一番で優勝を争えるのか?と思われている。

だが、チャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘンの試合を見に行った。はっきり言ってアーセナルのほうが良いチームだよ。アーセナルはバイエルン・ミュンヘンに勝つだろうし、パリ・サンジェルマンにも勝てると思う。

だからチャンピオンズリーグを見ていると思うんだ。アーセナルだろうと。仮に彼らがシティと対戦した場合、本命はシティだというのはわかっている。でも私はアーセナルが来ると思う。

インテルはセリエAのトップで昨シーズンは決勝に進出したけど、私は本命ではないと思う。


とのこと。

キャラガー氏は基本的にアルテタ・アーセナルを褒めていて、今シーズンこれまでのパフォーマンスを鑑みてアーセナルにシティ撃破の可能性があると考えている様子。嬉しい話ですね!

まずはポルト相手に油断しないよう注意が必要です!!


最新情報は弊ブログ主の下記Twitterからご覧ください!

弊ブログ主Twitterアカウント

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

https://twitter.com/gunnerken1

Comments

  1. B.D

    トーナメントはチャンスあると思いますし、ぶっちゃけリーグ戦がCLよりレベルが高いので(笑)今年は期待しちゃいますよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です