オーバメヤンよりもオーバメヤンなマルティネリ!アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

今回は本日明朝に行われたPL第17節アーセナル対ウエストハムの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合結果を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4-4-1-1

アーセナルはここ3試合と同じメンバーとフォーメーション。

ディフェンスラインは左からティアニー、ガブリエル、ホワイト、富安。中盤はジャカとパーティが組み、右にサカ、左にマルティネリ。トップにはラカゼットが起用された。

特に大きな変更点がないアーセナルだが、先日懲戒処分となったオーバメヤンはメンバー入りせず。トレーニングには復帰したそうなので、次節以降のメンバー入りになりそう。

後はスミス・ロウがベンチに復帰しており、起用可能だそう。彼を試合のどのタイミングで起用するかが気になるところ。

 

ウエストハム:4-2-3-1

対するウエストハムもおおよそいつも見かける選手の顔ぶれ。

要注意選手は前線のアントニオを中心とした2列目までのアタッカー陣。

彼らはチェルシーやリヴァプールに勝利した試合でも、劣勢だった展開でいきなり前線4選手のショートカウンターで得点を決めたりするので侮れない。

アーセナルがボールを保持しているからといって警戒を緩めないようにしなければならない。

 

 

試合内容

 

前節のサウサンプトン戦で連敗を止めたアーセナルは12分、敵陣深くの左サイドでFKを獲得。

ウーデゴーが左足でクロスを送り込むと、ニアで冨安が反応するも、合わせることはできない。

中盤以降はホームチームがよりゲームを支配し、冨安とサカの右サイドを中心に攻め込むが、決定的な場面を作り出すことはできない。

35分にはFKのこぼれ球をペナルティエリアの左端で拾ったフォルナルスに、右足で狙いすましたシュートを浴びるも、わずかにゴールの右に外れ、難を逃れる。

迎えた44分には、ゴール前でパスを受けた冨安が相手1人を上手くかわし、縦へ突破。中央へグラウンダー気味のクロスを送り込むと、味方選手がダイレクトで合わせるも、ゴールには繋がらない。

前半をスコアレスで終えたアーセナルは、後半開始直後の48分に試合を動かす。

ラカゼットのスルーパスに抜け出したマルチネッリが、右足でネットを揺らした。東京五輪でブラジルの金メダル獲得に貢献した20歳のFWは、これがリーグ戦2点目となった。

さらに69分には、ラカゼットがクファルにエリア内で倒され、PKを獲得。

このプレーでツォウファルは2枚目のイエローカードを受け、退場となった。しかし、ラカゼットが自ら蹴ったキックは、GKファビアンスキのセーブに阻まれる。

数的優位となったホームチームは、87分に冨安の自陣でのボール奪取からカウンターを発動し、最後は途中出場のスミス・ロウが追加点をゲット。

試合はこのまま2-0で終わり、キャプテン不在の中、アーセナルはウェストハムをかわして4位に浮上した。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

☓Gは概ねそんなもんだろうと感じていた程のスコアになった!我らはもう1点取りたかったですね!

 

 

バランスが良くも不運な前半

 

固定されたメンバーで戦った3試合目だったからだろうか、かなりバランス良い前半を過ごしたアーセナル。

少々ファイナルサードをサカに頼り切っていたところはあったが、全体的にパスが回って、ビッグチャンスも作り出せて、今のアーセナルを鑑みれば非常に優秀な前半を過ごしたといっても過言がないように感じた。

個人的に非常に良くなったと感じたのが、右サイドでの試合の作り方。

ウーデゴールが積極的に顔を出すことでサカ、ウーデゴール、富安のトライアングルが作れていて、この3人が絡んで前線にボールを繋げる場面が多く見られた。

そして、ウーデゴールが右に流れていてもトップのラカゼットが降りてきてパスコースを作ることで中央をカバー。左サイドのマルティネリが持ち前のエネルギーでさらにそこをカバーしていくという。

また、途中ウエストハムがボールを持っていた時間帯もディフェンス陣は落ち着いて処理しており、見ていて非常に安心できた。

ただ、時たまパスが合わない場面があり、その辺りをウエストハムのカウンターに合わないければ良いのだがといった感じだった。

 

かみ合った後半

後半早々の得点!

前半やってきたことを続けた結果だったかと!

マルティネリが抜け出した場面は、彼の能力も去ることながら、右サイド攻撃をメインに動かしてきたからこそ出来たスポットで、文字通りやってきたことが実になった瞬間だった。

最終的に内容でも圧倒できていたし、ウエストハムに大きなチャンスも作らせず。

唯一危なかったのは、ウーデゴールがパスミスをしてボーウェンにシュートを打たれた瞬間だった。

仮にあのシュートが入っていたら試合が大きく動いた可能性が高かったので、ヒヤッとしたが、結果良ければ全て良し!勝てて大満足です!

 

ちなみに、クファルのレッドカードに関してウエストハムのモイーズ監督は、

 

「クファルはボールをつま先で弾くか、ブロックすべきだった。タックルはそんなに難しくなかったはず。」

 

と、PKかつレッドは妥当だったと紳士的なコメント。

確かにあの場面はクファルが足を上げすぎてしまった感は否めなく、PKかつイエローカードは妥当だったかと!相手監督がここまで素直な発言のすることは珍しいので、なんだかモイーズを嫌いになれないのはこれが原因か!と。

 

 

オーバメヤンよりもオーバメヤンなマルティネリ

 

マルティネリがゴールを決めた瞬間に思いついたタイトル。(笑)

恐らくアルテタ監督が左サイドでオーバメヤンに求めていた動きを体現したようなプレーに終止していた!

ゴールシーンに関しては、動き出しもシュートコースも秀逸かつ完璧で、まさに全盛期のオーバメヤンを見ているようだった!ラカゼットがあのタイミングでマルティネリを見れたのは、もしかすると以前オーバメヤンが左サイドでプレーしていたイメージがあったからでは?とも思えてくる。

前半もファビアンスキがラカゼットのシュートを弾いた後、すぐに詰め寄ってきた感覚も研ぎ澄まされている感じがして期待感が持てた!

それに加えて、彼はディフェンス時もティアニーのバックアップに奔走。ウエストハムの右サイドを務めるボーウェンとクファルは彼らの得点源の1つになるペアで、彼らを抑えられたこともかなり大きい。

後は、DAZNの解説を務めていた林陵平氏が言及していたように、ティアニーのクロスが入ってきた際に中で合わせられるようになればさらに脅威になるはず!

期待感が増しましです!!!

 

 

ラカゼット、ウーデゴールの貢献度

 

この試合における彼らの貢献度は果てしなく高い!

ラカゼットは得点こそ決められなかったが、アルテタ監督の望むトップとしての役割を十二分にもこなし、マルティネリのアシストに加え、クファルのレッドカードも誘発。

ウーデゴールは前半の早い段階からチームを押し上げ、精度の高いプレッシングでウエストハムのディフェンス陣を翻弄。彼はこのところゴールを決めているので、そういった期待感もあったが、プレッシングによる疲れも加味して後半途中にお役御免!

個人的に彼らの貢献度が高かったと思うのは、彼らのおかげでデクラン・ライスがあまり目立たなかったこと。

僕はウエストハムの試合を割とチェックしているのだが、彼らの常套手段はライスがボールを逆サイドに動かしてボーウェンらサイドアタッカーをフリーにさせて、そこから展開させるというもの。

今回の試合はそこをかなり防げたことが、相手の得点機会を奪うという点で非常に効果的だった!

ウエストハムのディフェンス陣はラカゼット、ウーデゴールプレッシングに苦労しており、良い形でライスにボールが収まる場面が少なかった。

あとは前述した通り、ウーデゴールが今まで以上に右サイドのサカのフォローに入ることで、サカのエリア内侵入に貢献。富安も交えたトライアングルは綺麗で見事!

彼らの貢献にあっぱれ!

 

 

その他

 

その他、感じた事を箇条書きで!

 

  • ジャカの安定感。ただパスの選択を迷って相手にボールを奪われる悪い癖
  • 2列目のポジション争い!熾烈!
  • 2列目にもう1オプション欲しい。ぺぺ…
  • 富安の株が爆上がり!試合後に彼を称えるコメント多数
  • ホワイト、ガブリエルのコンビも外せない!
  • ティアニーとタヴァレスの競争も熾烈!各々の良さがあるのは良いですね!
  • 唯一のピンチもラムズデールが止める。セーブ率上昇
  • オーバメヤンは復帰してもしばらくベンチスタートが続きそう
  • ウエストハムは中2日の疲れがあったそうな
  • ラカゼットは1年契約延長してくれないかなあ

 

こんなところ?

ちなみにスミス・ロウとサカはようやくこのパフォーマンスが出来たそうです!(笑)

以前はたしかサカのゴール後だったが、その後オフサイド判定だったので改めてやった模様。

https://twitter.com/afcstuff/status/1471240692026511361

 

そして、アーセナルは今回の勝利で暫定ではあるが単独4位に!CL出場圏内!

 

マンチェスターUとトッテナムが新型コロナの影響で試合が延期しまくっているので、彼らがその分の試合を消化したらば逆転される可能性があるが、ひとまずは良い順位に戻ってきた!

ここからのアーセナルは

リーグ戦はAリーズ、Aノリッジ、Hウルブス、そして年始にHマンチェスターC戦を控えており、少なくともマンチェスターC戦までは3連勝を狙いたい!が、ボクシングデイとかってどうなんだっけか。僕はその辺りが未だにわかっていない(笑)

ただ、今回の試合のようなプレーを続けていれば、どんな相手でも勝てるはず!マンチェスターCにだって!

ワクワクが止まりません!!!

 

ひとまず、今回はここらで。

 

COYG!!!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

サリバの新たな役割はアーセナルを救う事になるかもしれない

バルセロナがオーバメヤンをリストアップ?アルテタの後任候補の噂

サリバが自身の将来に関するコメントを拒否。デ・ヨングは8500万ポンド?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。