アルテタに代わる可能性のある5人の監督候補

本日も更新していきます!!!

 

今回は先日「FUNSIDED」にて、『アルテタに代わる可能性のある5人の監督候補』なる記事がありまして、、そちらをご紹介。

 

はじめに

 

ミケル・アルテタは今のところアーセナルの監督から解任に近づいているといった話はそれほど出ていない。

しかし、サッカー界では問題が急速に変化し、問題が肥大化していくにつれて監督交代がやってくることは確か。

アーセナルはアルテタを含めたプロジェクトが進行中で、ここ1年で行われたオーバーホールはそのアルテタ監督が主導してきた。

前任のウナイ・エメリはクラブのことを理解していないとみなされたため、多くの人がその決定を支持した。

しかし、現状それは全く上手く進んでいない。

アルテタ監督のクラブへのコミットメントは疑いのないものだが、先日のマンチェスターC戦に敗れたことで、クラブは過去最悪な開幕を迎えた。

そこからアルテタ解任の声は次第に大きくなっており、インターナショナルウィークが明けてからの試合で何か形を見せることが出来なければその声はなお大きくなるはず。

アーセナルが現実的に誰を招聘するかは非常に重要なポイント。驚くような名前や、現状のアーセナルに適していない名前など、様々だが何名かの監督がリストアップされている。

ただ、これが起きないことを願うばかりである。アルテタ監督の成功を望まない者は、サポーターとしての立場を見直す必要がある。

とはいえ、今回はここ最近アーセナル界隈で噂されている後任候補を紹介していく。

 

 

アントニオ・コンテ:無所属

 

まずは噂レベルで出ている人物を紹介する。ただ、このレポートを記している時点で噂すらなくなっているかもしれないが。

歴史上3番目に支出総額が多く、短期間で成功を収めるために、ベテランの成熟した選手の獲得を望むアントニオ・コンテがアーセナルの監督に就任するとだれが思っただろうか。

クラブの計画として夏の間に23歳以下の選手しか獲得せず、7.8.10番のこれまで主力選手がつけてきた背番号を若い選手に託しているのは何のアピールにもならない。

彼らの成長を待つという長期的なビジョンは、全く異なる考え方を持っている監督とは相反する。退任した時に芽が出る選手ばかりである。

コンテの素晴らしさに関して、意義を唱える人は誰もいないはず。セスク・ファブレガスなどの選手を最高の選手だと称賛しているし、彼はサッカーをよく理解している。

ただ、彼に2億ポンドの補強資金と多額のサラリーを用意できなければ彼が就任するはずがない。

 

 

エリック・テン・ハーグ:アヤックス

 

エリック・テン・ハーグのアイデンティティには、少なからずヨハン・クライフの影響がある。

ペップ・グアルディオラの元、数年間アシスタントを務めてきたアルテタは、これまでのところ、彼のネガティブな要素を継承しているようだ。

バイエルン時代のペップ・グアルディオラの元で、リザーブチームの監督を努めたテン・ハーグは、クライフとグアルディオラのスタイルの良いところをアヤックスに持ち込んでいる。

アルテタのように、クイックパス、ハイプレス、そしてポゼッションに比重を置いたサッカーに加え、彼はアタッキングエリアで選手のポジティブな部分を有効活用し、スプリクト化されたプレーパターンを用意している。

オランダのクラブがチャンピオンズリーグで成功したように、戦術的に柔軟性があり、コンビネーションプレーで2対1を作り出すことが出来る広いエリアを活かすアイデアを持っている。

フロントの選手たちに互換性があることで、魅力的なサッカーを可能にしており、アヤックスは退屈しない。

トッテナムは夏の間、ジョゼ・モウリーニョの代わりを求めて彼とサインを求めたが、テン・ハーグは最終的にアヤックスとの契約を2023年まで延長した。

違約金の支払いは避けられないが、彼は51歳という年齢で新たな挑戦への意欲を持っているはず。

ただ、彼には他にも引き合いがある。

 

 

グラハム・ポッター:ブライトン

 

エステルスンドFKが2018年の2月に2対1で歴史的な勝利を手にしてエミレーツ・スタジアムを去ったことから、グラハム・ポッターをアーセナルの監督候補とみなしたのはアーセン・ヴェンゲルだといったジョークがある。

彼は同じ年の夏にスウォンジーの監督を引き継ぎ、ウェールズのクラブで1年間で41.2%を記録した。そして、その後ポッターはブライトンの監督へ就任し、今もその役割を継続している。

彼には多くのファンがいる。これは彼が2つのフルシーズンの成績が15位と16位だったにもかかわらずである。

ベン・ホワイトがフィーチャーされた3−4−2−1、3−4−3のシステムを採用し、毎週のPLに彼が自信を持って若手選手を送り出すのはとても称賛された。

GKからファイナルサードまでのプレーを構築したいという願望は、アルテタ監督が解任された後に彼の就任を期待するサポーターが関心を寄せる理由だろう。

ブライトンのゴールへの道は興味深く、全てにおいて結果だけが欠けている。悪名高いほどの☓G嫌い。ポッターを取り巻く質問の多くが、周りを優秀な選手に固めるとどうなるのか。

ただ、それはアーセナルの場合除外されるかもしれない。haha

 

 

ラルフ・ラングニック:ロコモティフモスクワSD

 

監督もしくは、フットボールディレクターとして?

ラングニックはブンデスリーガのバック4の先駆者としてドイツサッカーに革命をもたらした。

トランジション、インテリジェントプレス、効果的なカウンタープレスに関する彼の仕事は、彼が大陸全体でとても高く評価されているのが正しく思える。

彼は2019年以降、監督を努めていない。これはアルテタの後任にはならないかもしれない。

これはアルテタ監督を助けて、エドゥを退団に追いやることとなるので、彼の名前が広がっていてもそれが監督職7日はわからない。

レッドブルのサッカークラブで帝国を築いているのが彼のビジョンの証。それらは飲料会社的にみれば栄光なブランディングスキームかもしれないが、フットボールレベルで考えればラングニックの長期的な戦略的思考と、ゼロから生み出す彼自身のコーチスキルを融合させた。

誰もが信頼し、アーセナルでの再建を経験するために戻ってくるであろう人物。そして、彼は監督としてもひどい有様にはならないだろう。

 

 

ルイス・エンリケ:スペイン代表

 

過去数年間に何度か就任の噂が立ったのは、現在スペイン代表の監督を務めるルイス・エンリケ。

彼が以前監督を務めていたバルセロナの特徴を見れば、彼がヴァイタリティのあるプレーを好むのは明らか。

彼のチームはお互い一斉にプレーし、スペースを埋め、追い抜かれないように常に適切なポジショニングを取るように訓練されており、それが崩れるとポゼッションを取り戻すことに重点が置かれる。これは効果的だが、習得するまでにとても長い時間トレーニングピッチで過ごす必要がある。

ボール保持を想定した場合のこの爆発的な攻撃スタイルは、ローブロックや固いディフェンスを突破するために役立つが、選手の適切な技術的能力がなければ実現するのに難しい場合がある。

巧みなオフ・ザ・ボールの動きをするワイドの選手はエンリケのアプローチの一部であり、選手の知性は完全に機能するために不可欠。

 

 

以上、いかがだったでしょうか。

恐らく、アーセナルファンはグラハム・ポッターが気になるのではないだろうか?!(笑)

完全に夢がある人選で、ルイス・エンリケやラングニックらは割と現実的な選択肢である。テン・ハーグなんかも面白いかと思う。

ただ、流石にコンテは無理だろう。このレポートにあるようにアーセナルが彼の高すぎる要求を呑めない気がする。(笑)

とはいえ、僕はまだ何かしらアルテタ監督に期待しているところがある。。。

インタナショナルウィーク後にどのようになるか。もう少しだけ待ちますか。。。

 

 

元記事はこちら→5 managerial candidates who could replace Mikel Arteta

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

漢気の決断。ウィリアンがアーセナルとの契約をキャンセルで退団へ

おさらい。アーセナル試合レポート

今夏のビスマ獲得はなし?オーバメヤンのユベントス移籍もなし?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です