『Dead Line Day』昨年のパーティ獲得のようなダークホースを大予想

本日も更新していきます!!!

 

今回は、ついに『Dead Line Day』となった移籍市場で、昨年のようにアーセナルが良い意味で裏切ってくれる可能性がある選手補強を大予想してみました。

 

はじめに

 

まずはじめに断っておかないといけないのは、これは完全に僕の妄想ですので、現時点で特に何か情報が出ているものでではございません。あしからず。

ただ、昨夏の移籍市場でトーマス・パーティ獲得に迫っていると報じられたのは日本時間の夕方以降。もっと遡ればメスト・エジルもそんな感じだった。

もちろん、パーティの場合はバイアウト条項があったので、その支払いをするだけで獲得できるといった状況だっただけに、今回も同じようなことが起きるかは全くわからないが、予想するだけであればタダだし、アーセナルがこんな状況なので少しでも楽しみたいとの思いで考えました。

 

 

マルコ・アセンシオ

 

まずはマルコ・アセンシオ。

彼はレアル・マドリーでかなり期待されていたが、大怪我を負ってからは以前ほどの輝きを見せられておらず、オファー次第で売却対象になっていると伝えられている。

また、ウーデゴールを獲得する前には、アーセナルがリストアップしているとの噂も多少あった選手である。

今のアーセナルに必要かどうかは別として、現在のアーセナルは前線のバリエーションに欠けており、そのせいでティアニーのクロスか、サカの独力突破に頼っている部分がある。

そこに独力での突破も出来て、コンビネーションプレーも出来るタイプを増やしても良いのではないか。ただ、頑固なアルテタ氏は左利きが多くなるという理由で却下しそうなものだが。(笑)

とはいえ、アセンシオの評価額は約3000万ポンドほどだと伝えられている他、現在25歳とこれから選手として油が乗ってくる年齢である。そのため、仮にアーセナルで上手く行かなくてもバレンシア辺りが買い取ってくれそう。

 

 

レナト・サンチェス

 

こちらも過去に少し話題に挙がっていた選手。

今朝の情報でトルコからエルネニーへの関心があると伝えられていたことで、もしかすると中盤の選手獲得があるのでは?という予想。

現在レナト・サンチェスはウルブスへのシーズンレンタルが濃厚だと伝えられているのだが、一晩の間に状況が変わるのは移籍市場の鉄板。

アーセナルはバックからのパスを前線に運べる選手が少なく、パーティ、ロコンガはある程度どの役割をこなせるが、もっと大胆にプレーできる選手も必要かと。

EUROでポルトガル代表として大活躍し、前線にボールを運ぶ技術が優れている同選手はそんなアーセナルに求められている人材の1人ではないかと。

ちなみに、サンチェスは24歳でこれから伸びしろ。一部メディアやOB達はベテランの力が足りないなんて言っていたが、昨シーズンのアーセナルがサカ、スミス・ロウ、ティアニーで保っていたのは事実。

むしろ若さを全面に押し出したプレーで圧倒しても良いのでは?少なくとも今のような先の見えない選択が減るだけファンは喜ぶと思うが。

 

 

フセム・アワール

 

彼は実は根強くアーセナル移籍があるのでは?と予想されている選手。

昨夏にアルテタ監督がパーティ以上に欲しがっていた選手でありながら、今夏は買取義務付きのレンタルで売却しても良いと大安売りされているのに獲得へ動かない謎。

ファブリシオ・ロマーノ氏は、最終日まで何が起こるかわからないと何度もレポートしており、その言葉が正しければ、現状で最も獲得する可能性が高い選手。

先程のレナト・サンチェス同様に前線へボールを運ぶスキルが高い選手で、確かあまりボールを取られないというデータがあったような。

ディフェンス面には課題があるようだが、中盤とサイド、そしてトップ下をマルチで起用出来れば、攻撃面でのバリエーションがかなり増えるはずで、4−3−3への移行もスムーズに行えるかもしれない。

しかも彼はまだ23歳でレナト・サンチェスや、アセンシオよりも若い。

 

 

ゼキ・ツェリク

 

アトレティコ・マドリーがトリッピアーのリプレイス候補として獲得を目指していたゼキ・ツェリク。

昨シーズンのフランス・リーグ1で優勝したリールのメンバーで、市場価値が急上昇している選手で、件の通り、アトレティコが獲得に向かっていたが、破綻になった?のだとか。

アーセナルはトリッピアー獲得を目指していると報じられていたので、ツェリクがアトレティコに移籍すれば、トリッピアー獲得あるかも?と思っていたが、むしろツェリク獲得しようという話。

市場価値は2000万ユーロと、トリッピアー獲得に必要だと伝えられていた3100万ポンドと比べればお得である。

ただ、懸念なのが(アワールとレナト・サンチェスも)、フランスリーグからPLにやってきた選手がフィットするまでに時間がかかるケースが少なくないため、獲得しても戦力に数えられるのは早くとも半年後になる可能性があるということ。

それもあってアーセナルはPLの経験があるトリッピアー獲得を目指していたのだろうが、、、

ただ、こんな状態だし、どうやらベジェリンのベティス移籍が決まりそうなので、いっそのこと獲得に動いても良いのではないか?と。

今シーズンのチェンバースとセドリックはこれまで良いところが見せられておらず、そのためにナイルズに対するエヴァートンからのオファーも断っているのだが、そのナイルズはSNSで移籍志願をしちゃうという残念さ。

獲っちゃえ。

 

 

あとは、余剰戦力の売却&レンタルが急務。

ベジェリン、ネルソンは移籍先が見つかっているようだが、エンケティアは未だ不透明で交渉中だったクリスタル・パレスはセルティックのエドゥアール・オドソンヌ獲得にシフトした模様。

コラシナツのフェネルバフチェ行きはうやむやで、エルネニーはもしかすると退団するかも?

ナイルズは。。。よくわからん。

ちなみに、ラカゼットはアーセナルに残留して、来夏にフリーで退団する流れになった様子。減給を飲んでくれればラカゼットは契約延長しても良い気がするが。若手からの信頼度が高いし、コンディションも安定しているから。

 

とまあ、こんな感じで適当に予想しましたが、この中でアタリは出るのでしょうか!?!?

乞うご期待。

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

エヴァートンがメイトランド・ナイルズへ正式オファーと報道

漢気の決断。ウィリアンがアーセナルとの契約をキャンセルで退団へ

おさらい。アーセナル試合レポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です