「Hit or Miss」アーセン・ヴェンゲル退任後に獲得した選手の評価

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回はイギリスメディアの「football london」が、ヴェンゲル退任後に獲得した選手の評価を付けていたので、そちらを紹介していきます!

 

ルーカス・トレイラ:Miss

 

2018年のワールドカップに先立ってサンプドリアから獲得したルーカス・トレイラ。加入当初は将来を有望視され、将来的にアーセナルのDMFを担う存在だと考えられていた。

ウナイ・エメリによる1年目はほとんどの試合に出場したが、2年目の特にアルテタが監督に就任した後は出場機会が激減。

夏の移籍期間で今シーズンの計画に入っていなかったことで1年レンタルでアトレティコ・マドリーへ移籍していき、今後完全移籍になる可能性もある模様。

 

 

ベルント・レノ:Hit

 

加入当初こそ、それまで正GKを務めていたペトル・チェフに次ぐ2番手という扱いだったが、その後の活躍によりチェフを引退へと追い込むほどとなった。

昨シーズンはシーズンスタート時点で正GKを務めていたものの、怪我により終盤戦は出場できず。その間はエミリアーノ・マルティネスにポジションを譲っていた。

今シーズンは改めてレノへの信頼を示し、エミリアーノ・マルティネスはアストン・ヴィラへ。

改善点はいくつかあるが、レノには大きな感銘を受けた。

 

 

ソクラテス・パパスタソプーロス:Miss

 

ボルシア・ドルトムントから獲得した経験豊富なDFはウナイ・エメリの下ですぐにポジションを確保し、初めてのプレミアリーグで25試合に出場した。

しかし、2年目には彼の出場機会は減り、リーグ戦は19試合の出場に減少。その後、アルテタ監督就任後には完全にチームから除外されることとなった。

その結果アーセナルは、人員方になるため他の選手獲得に向かうことが出来なかった。

 

 

マッテオ・グエンドウジ:Miss

 

2018年の夏に加入し、ルーカス・トレイラとともマッテオ・グエンドウジはアーセナルで感銘を受け、とんだ掘り出し物だと考えられていた。

エメリの最初の移籍期間で獲得された数名の選手と同様に、彼は定期的な出場機会を手にしたが、昨シーズン後半のブライトン戦でやらかして以降、チームから除外されることに。

彼は今夏の移籍市場でヘルタ・ベルリンへとレンタル移籍した。

 

 

デニス・スアレス:Miss

 

バルセロナからのレンタルで契約したデニス・スアレスは、アーセナル加入後にすべての大会を通じて6試合しか出場できず、アーセナルファンからは忘れられた存在である。

特に成績を上げることが出来ず、彼は現在スペインリーグのセルタ・デ・ビーゴに所属している。

 

 

ステファン・リヒトシュタイナー:Miss

 

ヴェンゲル退任後、1年契約でアーセナルへやってきたリヒトシュタイナー。

彼はアーセナルにおける唯一のシーズンですべての大会を通して20試合に出場した。

しかし、インパクトを残すことは出来ず1年での退団となった。

 

 

ニコラ・ぺぺ:Miss

 

ウィルフレッド・ザハとリンクされていた時にクラブ史上最高額の移籍金でアーセナルへやってきたニコラ・ぺぺ。

コートジボワール代表の同選手は、彼がフランスリーグにいた頃のインパクトをPLで発揮できていないが、アルテタがマンチェスターC時代にスターリングに行ったような影響をぺぺにも与えることが出来ると期待され結果が出た時もあった。

しかし、調子の波があるため、支払った移籍金を鑑みればまだ相応の活躍は出来ていない。

 

 

ウィリアム・サリバ:TBC(確認中)

 

フランスで高評価を得ていたウィリアム・サリバはアーセナルの大きなクーデターであり、将来に向けての大きな後押しとみなされていたが、昨シーズンはサンテティエンヌに貸し出されていた。

今年の夏にアーセナルへ復帰したサリバは、ディフェンス陣に問題を抱えているにも関わらず、まだファーストチームで出場していない。

そのため、この若きDFがどのような影響を与えるのか予想できない。

 

 

キーラン・ティアニー:Hit

 

アーセナルは過去10年間でディフェンス陣の契約が問題となってきたが、スコットランド代表の同選手がファンのお気に入りとして地位を確立したため、セルティックからキーラン・ティアニーを獲得したことは大成功だった。

必要に応じてCBとしてのプレーも出来るティアニーの多様性は、アルテタにとって大きな資産であり、成長する余地はまだまだたくさんある。

 

 

ダビド・ルイス:Miss

 

アーセナル加入初年度にいくつかの衝撃的なミスでクラブを悩ませたが、驚くことにクラブは彼ともう1年契約延長を行った。

その決定から、このブラジル人DFが依然としてクラブの戦力として数えられていることに驚きを隠せないが、アルテタが守備的な戦術を使うのはそのためなのか。

 

 

パブロ・マリ:TBC (確認中)

 

1月にフラメンゴからのレンタル移籍でサインしたパブロ・マリは、今夏に完全移籍へと移行したが、いまだクラブに大きな影響を与えるには至っていない。

これまで3試合に出場しており、しばらく怪我に悩まされていた。

このブラジル人にたいする評価はまだ出ていない。

 

 

ガブリエル・マルティネリ:Hit

 

アーセナルファンたちは、この19歳の怪我による長期間のレイオフからの復帰を楽しみにしている。このブラジル人はアルテタ監督に欠けていた攻撃的な後押しをすることが出来る。

彼は怪我する前に26試合出場して10ゴールを奪っており、とてもエキサイティングだった。

まだ10代の同選手はまだまだこれからが伸び盛りで、現在アーセナルの攻撃陣が高齢化いているため、アーセナルの長期的な資産になりうることが出来る。

 

 

セドリック・ソアレス:TBC (確認中)

 

パブロ・マリと同様に1月の移籍市場で加わったセドリックは、まだプレミアリーグでの定期的な出場機会を手にすることができていない。

夏にフリートランスファーという形で完全移籍に切り替わった同選手は、現在エクトル・ベジェリンのコンディションが良くないため、彼の価値を証明するチャンスがやってくるかもしれない。

 

 

ダニ・セバーヨス:Miss

 

アーセナルで2年目のシーズンを過ごしている同選手は、一貫性のあるプレーを披露できていないため、サポーターにとって苛立たしい時間を過ごしている。

トーマス・パーティが怪我していることで出場機会が回ってくるはずのセバーヨスが成功だったと言われるためには、かなり影響を与えることが出来なければならない。

 

 

トーマス・パーティ:Hit

 

アーセナルでのトーマス・パーティは、まだ加入してすぐであるため評価するには時期尚早だが、現時点では有望である。

パーティはオールド・トラッフォードで行われたマンチェスターU戦の勝利に大きく貢献し、パトリック・ヴィエラとジウベルト・シウバが中盤を務めていた頃以来のアーセナルに欠けていたMFである。

 

 

ガブリエル・マガリャンイス:Hit

 

今夏の移籍市場で加入後すぐに地に足を付けたガブリエル・マガリャンイス。

同選手もマンチェスターU戦でスタートから起用され活躍した。また、PL初年度でありながらここまでのリーグ戦ですでに活躍しており、ファンからはとても期待されている。

ガブリエルは落ち着いたタイプのパートナーを見つけた場合、さらに高みへと迎える可能性がある。

 

 

アレックス・ルナルソン:TBC(確認中)

 

エミリアーノ・マルティネスがアストン・ヴィラへ移籍したため、アーセナルはベルント・レノに次ぐ2ndGKを必要としていたアーセナル。穴埋めとしてルナルソンを獲得した。

そのため、ここまでの出場はELの3試合だけであり、まだ改善しなければならないことが待ち受けている。

 

 

ウィリアン:Miss

 

アーセナルとチェルシー間の移籍取引の歴史を考えれば、当初からこの契約に疑問を持たれていた。

ウィリアンは開幕戦で注目を集めて以来、ファンにとって腹立たしい時間を過ごしている。そのため、現在はエミール・スミス・ロウやリース・ネルソンを優先して起用してほしいというこえが広がっている。

 

 

皆様はどうお考えでしょうか。

 

 

元記事はこちら→Hit or miss: Assessing Arsenal’s 18 signings since Arsene Wenger left

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

今夏の獲得選手を巡ってキャラガーとユーラブシアンがバトル。その他ニュースも

トルコメディアがエジルの1月退団を報道とショボスライの続報について。

ショボスライ、アワール確保失敗時にアーセナルが1月に獲得できるMF4選。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です