CL王者の風格。舐めていた実力差。アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

 

今回はPL第30節アーセナル対リヴァプールの一戦のレポートをしていきます!

※このレポートは試合内容を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

アーセナル:4−2−3−1

D・ルイス、ジャカ、スミス・ロウ、サカを怪我や病気で欠いたアーセナルは前回のウエストハム戦から何名かの変更が。

ディフェンスラインは左からティアニー、ガブリエル、ホールディング、チェンバース。

中盤はパーティとセバーヨスが組み、2列目は中央にウーデゴールが入り、右にぺぺ、左にオーバメヤン。トップには好調なラカゼットが起用された。

右SBは今回の試合もディフェンス重視のチェンバースが起用され、ベジェリンとセドリックは共にベンチスタートしている。

 

リヴァプール:4−3−3

対するリヴァプールはほぼ現状のフルメンバーで挑む。

ミッドウィークにレアル・マドリー戦を控えていることから、今回の試合でマネかサラーのどちらかを休ませるのでは?なんて声もあったが、両選手ともバッチリ起用している。

要注意なのはやはり前線の3選手で、マネ、フィルミノ、サラーを上手く抑え込むことが必須となる。

 

 

試合内容

 

リヴァプールの最初の決定機は34分。

右サイドを突破したアレクサンダー=アーノルドのマイナスの折り返しを、中央でフリーとなっていたミルナーがダイレクトで捉える。しかし、これはゴール左へとわずかに外れた。

守勢の続くアーセナルはなかなかボールを前線に運ぶことができず、シュートまでの形を作らせてもらえない。

前半終了間際には、ティアニーがセドリックとの負傷交代を強いられた。

後半もリヴァプールがチアゴを中心にボールを回し、主導権を握る展開に。

流れを変えたいアーセナルは58分、セバージョスを下げてエルネニーを投入すると、リヴァプールも61分にロバートソンに代えてジョタを投入。

すると迎えた64分、ペナルティーエリア右でボールを受けたアレクサンダー=アーノルドのクロスを、ゴール前に走り込んでいたジョタが頭で合わせ、攻勢のリヴァプールがようやく均衡を破った。

さらにそのわずか4分後、チアゴのダイレクトパスに抜け出したサラーが、ガブリエルのタックルをやり過ごしてエリア内に侵入。そのままGKレノの股を抜くシュートを流し込み、リヴァプールが大きな追加点を挙げた。

82分には、高い位置でボールを奪い、サラーのパスをエリア内で受けたマネが反転すると、走り込んできたジョタがボールを奪うような形でネットを揺らして勝負ありの3点目。

依然として攻撃の形を作れないアーセナルに対し、カバクを下げてリース・ウィリアムスを投入したリヴァプールは逃げ切りを図る。最後までアーセナルに決定機を与えなかったリヴァプールが、公式戦3連勝を飾った。

 

この試合の簡単なスタッツ↓

 

 

 

一方的な試合

 

見ていてすごくしんどかった。あれは戦術なのか?とすら思えてくるほどリヴァプールに支配されていた。

右SBにチェンバースを起用していることから、ある程度受け身になる時間があると想定はされていたのだろうが、それにしても圧倒されていた。

リヴァプールはやはり強いと思わせたのは、アルテタ監督が言うところの意思決定の速さで、各々が次にパスを出す場所というのを理解して動いているなと。

あのスピードでパスを出せるのは今の所マンチェスターCと彼らしかいないだろう。CLを制覇するチームの必須条件とやらを見た気がした。

 

セバーヨスのコンディションが悪い

アーセナルが支配された原因の一端を担ってしまったのがセバーヨスのコンディションの悪さ。

明らかに球離れが悪く、意思決定のプロセスにも問題があり、全ての選択が遅れていたように感じた。

セバーヨスは、ここしばらくの間は同じポジションでジャカが出突っ張りだったことで出場機会が全くなかったため、久々の実戦がリヴァプール戦となったので少し可愛そうなところではあるが、、、

とはいえ、途中からセバーヨスと交代して出場したエルネニーはセバーヨス以上に試合に絡めてなったので、ここは補強するしかない。ジャカとパーティしか頼れないというのはやばい。

 

パーティのコンディションは良い

セバーヨスのコンディションが悪かった一方でコンディションが上がってきているのがわかったパーティ。

何度も怪我を繰り返していた時期から比べるとかなりプレーの強度が上がっており、前半は彼がいなかったらもっとリヴァプールに支配されていたはず。

インターナショナルマッチウィークでの疲労もあるはずで、後半は少し失速したように見えたが、今後の見通しは明るいかと。

 

ジャカのポジション

パーティを獲得したことで解決したと思われていたMF問題。

今回の試合で少なくともジャカの必要性がわかったし、なおかつジャカとポジションを争えるレベルの選手が必要と再認識させられた。前回弊ブログで関心を伝えたグレン・カマラなぞもってのほかですな。

ジャカがいない過去13試合は2勝しか出来ていないんだとか。ジャカ依存症。

ジャカにブーイングを浴びせていたのが馬鹿だったみたいなデータである。。。

ジャカは風邪をこじらせたことでの欠場だったため、恐らく木曜に行われるELには出場できるはず。

 

 

再考する必要があるオーバメヤンのサイド起用

 

この話題は何度目だろうか。そろそろオーバメヤンのサイド起用に関して考えを改めるべきではないだろうか。

仮にオーバメヤンのサイド起用をするのであれば、レアル・マドリー時代のクリスチアーノ・ロナウドのサイド起用のように、もっと他のポジションが充実する必要があるかと。

交代で入ったマルティネリも上手く機能したかと言われればそこまでではなかったため、どちらにせよ誰が左サイドに入っても同じだったのでは?といった声も少しはあるかと思うが、右サイドでぺぺがどうにかしようともがいていた分、左サイドで何か作り出さなければいけなかった。そうすればもっと右サイドにスペースがあったはず。

また、リヴァプールの右SBを務めたアレクサンダー・アーノルドはディフェンス面で脆いところがあり、もっとそこを効果的に攻撃するべきだった。

アーセナルの左サイドにはティアニーという強力な武器を有しているため、左サイドを活性化すればもっと勝機はあったんじゃないかなぁと。

もちろん結果論だし、ウィリアンが出場していても、スミス・ロウやサカが出場できていてもどうなるかはわからないが、少なくともオーバメヤンのサイド起用で痛い目を何度も見てきているはずなのになぜ?ということを訴えたかった次第であります。。。

 

 

ティアニーの怪我

 

そして、最悪なことが起きてしまった。

インターナショナルマッチウィークでバリバリ出場したことも祟ってか、前半途中に怪我をしてしまった。

どうやら医学療法による最初のテストは良かったが、主な懸念は靭帯の損傷などがあるとのこと。

 

何も無ければ良いのだが、仮に靭帯の損傷となれば、最悪シーズン終了といった可能性も考えられる。最悪だ。。

ジャーナリストの話では『ピッチから出ていく時にかなりしかめっ面だったからちょっとやばいんじゃね?』といった声も。少なくとも3日後辺りには診察結果がわかるはず。捻挫済んでほしいが。。。

恐らくカウンター狙いだったことこの試合に関しては、恐らくティアニーの存在がキーポイントになっていたはず。アーセナルがボールを持った時にかなり前まで走り込んでいたので、その辺りは指示があったかと。

なので、今回のリヴァプール戦はティアニーがいなくなった時点でプランが崩れていたのかも。。。

交代で入ったセドリックはなんとか高いしようと試みていたが、それが逆にピンチを招いてもおり厳しかった。ティアニーの結果によっては彼が今シーズン終了まで左SB起用されるかも。

 

 

その他

 

箇条書きで綴っていきます。

 

  • ウーデゴールは流石に疲れが見えた
  • ぺぺはコンディション良さそう。セドリックと組ませたい
  • アーノルドのクロスはヤバい。1点目の失点は仕方ない
  • レノは最近簡単に失点している
  • ホールディング、ガブリエルペアは報われない失点が多い気がする
  • ホールディングは比較的良かったと思う
  • D・ルイスが復帰したら彼がスタメンになるのかなあ
  • マルティネリは最初から見たかった

 

こんなところ?

僕は今回の試合を見てもホールディングをスタメンで起用してほしいと思っているのですが、皆様はどう思われますか?

 

今回の試合からアーセナルがリーグ戦からCL権を手にする可能性がほぼなくなった。ELも危うい。

もう今シーズンはEL制覇を目指すほかなくなった!!!もうやるだけ!!!

だけども、今日のようなパフォーマンスをしていればEL制覇なんて夢のまた夢。木曜までに見つめ直そう。まだシーズンはこれから!!!

COYG!!!

 

追記

アルテタ監督が今回の結果に対して試合後のインタビューで『全て渡しの責任』と謝罪したそうな。

チームと共に監督も成長していこう!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ドゥバン・サパタの希望はアーセナル移籍!?その他ニュースも

データで見る現在アーセナル内最高の右SBについて

セルビアのイブラヒモビッチ、ドゥシャン・ヴラホビッチとは?プレースタイル等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です