1月にクロエンケの資金投入でショボスライ獲得へ?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は、今日更新されたニュースをいくつか紹介していきます!!!

 

 

1月にクロエンケの資金投入でショボスライ獲得へ?

 

当ブログで、度々紹介しているアーセナルとザルツブルグに所属するドミニク・ショボスライとのリンクについて。

昨日、アーセナルがショボスライとの交渉を開始したとレポートししたが、この度スポーツメディアの「The Athletic」も新たな情報を報道した。※「The Athletic」は要課金なので、一部抜粋した記事を元に書いています。

同メディアの報道によれば、アーセナルがショボスライに強い関心を示していることはほぼ確実なのだが、現在アーセナルはショボスライの2400万ユーロと伝えられているバイアウト額を支払うため、オーナーのクロエンケ氏とテクニカルスタッフの間で資金投入についての議論が交わされているとのこと。

これまで現アーセナルオーナーのクロエンケ氏は、他のクラブたちが軒並みオーナーからの資金投入を受けている中、あまりお金を掛けないオーナーだと何度も指摘されていた。

しかし、昨夏のぺぺ獲得、今夏のパーティ獲得には資金投入したとも伝えられており、「TheAFCBell」によれば、今夏はパーティ獲得のために3000万ポンド資金投入しているとも。その他に借金の借り換え?で利息を軽減させた?みたいなバックアップもしてくれた模様。

そんな中のさらなる資金投入の噂である。

どうやらクロエンケグループはアルテタに好感触を抱いているそうで、それが資金投入のきっかけとなったとか。

とはいえ、ショボスライにはACミラン、ライプツィヒ、さらにはレアル・マドリーまでもが関心をいだいているそう。簡単な取引にはならないだろうが、エドゥ率いる補強チームに頑張って欲しいところ。

続報が待たれる。

 

 

パーティがリーズ戦欠場

 

前節のアストン・ヴィラ戦で負傷し、代表ウィーク中は怪我の回復に務めていたトーマス・パーティ。

軽度のケガだったため、次節リーズ戦に出場することが期待されていたのだが、本日の報道によればリーズ戦は招集外になった模様。そのため、今後数日間はロンドン・コロニーで療養に務める模様。

アーセナルは今回の代表ウィーク中に今シーズン主力として出場していたエルネニーが新型コロナ陽性となり、中盤の選手に欠員が出ていた。

そのため、パーティは回復して居てほしかったところ。

そのため、次節はジャカとセバーヨスの中盤で戦う事が予想されている。

今シーズン、カップ戦で好調を続けているウィロックのスタメン出場も期待されているが、どの選手をスタートから起用するのだろうか。

 

 

パブロ・マリがフルトレーニング復帰

 

最後に怪我に復帰の情報!

昨シーズンの終盤に負った怪我により、今シーズンここまで怪我の療養中だったパブロ・マリ。

そんな同選手がついにフルトレーニングに復帰した模様。

 

リーズ戦に向けた動画で元気な姿を見せている。

また、同じく怪我で長期離脱していたガブリエル・マルティネリもトレーニングに復帰しており、2週間以内にファーストチームのトレーニングセッションに戻るそう。

怪我で長期間チームから外れていた両選手の活躍でチームを本来のポジションに戻して欲しい!!!

 

代表ウィークが終わり、今週末からはリーグ戦再開!!!

必勝です!!!COYG!!!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

「football london」が1月最初の補強は18歳のCBと報道

インテルがジャカ獲得を検討で、エリクセンとのスワップを画策?

中盤の解決策にインテルで出番のないエリクセン獲得はアリ?ナシ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です