逆襲のエルネニー。今シーズン、ポジションダッシュなるか!?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

2016年の1月にスイスリーグのFCバーゼルからアーセナルへと加入していたエルネニー。

同選手は、加入初年度こそプレータイムを与えられていたが、それ以降は存在感を出すことが出来ず、昨シーズンはトルコのベシクタシュへとレンタル移籍していた。

そのため、アーセナルでの居場所がなく、今夏の退団が濃厚かと思われていた。(現に昨シーズン終盤にトルコリーグへの移籍が取り沙汰されていた。)

しかし、レンタルバック後に過ごした夏の期間にアルテタ監督の信頼を掴んだようで、ここまでの公式戦2試合を共にフル出場を果たすことに!

今回は、そんなエルネニーのレポートをしていきます!!!

 

 

ポジションを掴むか?エルネニー

 

先程紹介したように、コミュニティシールドに引き続き、開幕戦でも昨シーズンの主力だったセバーヨスを押しのけて先発出場を果たしたエルネニー。しかも両試合ともフル出場を果たしている。

アルテタによるこの決断は、ファンやジャーナリストの間でも少々驚きの声が上がっているが、この試合でエルネニーは存在感を示し、むしろ今ではファーストチョイスになる可能性すら。

ひとまず開幕戦のプレー集↓

 

プレー動画を見てわかるように、エルネニーは中盤の汗かき役を務めており、ディフェンス陣へのフォローもしっかりこなす。その上、左右にボールを展開させる能力を持っている。

この役割は昨シーズン終盤にセバーヨスが担っていたポジションだが、セバーヨス以上にスタミナがあるため、セバーヨス以上にこのポジションでの起用がハマっている印象。

また、先日のフラム戦では普段ほとんどの試合をフル出場しているジャカが先に交代されており、この辺りもアルテタからの信頼を感じる。(ジャカはインターナショナルウィーク帰りで、ケガ予防の可能性もあるが。)

今シーズン1番のサプライズになるか!?

 

 

アルテタの評価と本人のコメント

 

先日のフラム戦は、選手本人、監督共に好感触だったようで、試合後にこのようなコメントを残している。

 

エルネニー:「私は本当に幸せだと感じています。プレイする機会を与えてくれたアルテタ監督に感謝しなければなりません」

「今は本当に幸せな気分だし、チャンスを与えてくれたアルテタ監督に感謝しなければならない。レンタル移籍をして、再びアーセナルへ戻ってくることが容易ではないのはわかっていた。アルテタ監督は常に『チームには君が必要だ』と言ってくれるし、良いフィードバックもくれる。僕がベストの状態を維持できるように影から支えてくれているんだ」

「トレーニングでは毎日100%の力を発揮して、プレーするチャンスが与えられたら自分の持てる力の全てを出し尽くすよ。レギュラーとしてプレーして、チームの勝利に貢献し、強いチームの一員として尽くせるなら僕は幸せだ」

 

 

アルテタ:「新たに加わった選手の中でエルネニーは今日も素晴らしかった。」

「彼はトレーニングの初日から優れていた。私は彼と共にプレーした経験があり、私が本当によく知っているプレーヤーです。私は彼が私たちに何を与えることができるか、そして彼が改善する意欲があることをよく知っています。今日、彼は驚異的だった。」

 

とのこと。

ちなみにこの試合でエルネニーはパス成功率95%、ロングボール5つ成功に加え、守備面でもシュートブロック1、リカヴァリー4、インターセプト5を記録。

試合を見ていて感じたのが、現在アルテタが使用している3−4−3のフォーメーションにすごく合っているということ。試合終盤にセバーヨスと組んだ際も、上手く合っていた。

とにかく、この試合はデータ的にも満足できる内容である。

 

 

エルネニーのメンバー定着で、アワール獲得へ?

 

現在、アーセナルは昨シーズンから噂されているトーマス・パーティとフセム・アワールをトップターゲットにしていると伝えられている。

しかし、今夏の財政的にどちらか1人しか獲得できないのでは?とのこと。(売却予定のマルティネスとトレイラの売却資金がおよそ4000万ポンドになる見込みなため。)

そのため、ファン界隈でも『どちらの獲得が正解か?』なる質問をよく耳にするが、エルネニーが主力に定着すれば、一旦パーティのようなディフェンシブな選手の獲得を遅らせることが出来、中盤の創造力を上げるためにもアワール獲得に専念することが出来る。

クラブもそう判断しているのか、最近はパーティ獲得の噂がトーンダウンしており、ジャーナリストからはアワールへの興味をしきりに報じられている。

また、エルネニーの残り契約は2年となっており、とりあえず1年試してみてその結果次第で来夏に売却し、パーティ獲得というアイデアも。

アトレティコ・マドリーはパーティの売却に、バイアウト額を満額支払うこと以外は拒否する姿勢を見せており、それを来夏に回す的な。

 

 

トレイラの退団が近づく

 

先日の試合で評価を高めているエルネニーだが、ポジション奪取にむけてさらなる後押しが起こりそう。

イギリス紙「Guardian」によれば、これまで今夏の退団が噂されていたルーカス・トレイラの退団が近づいているとのこと。

同紙によれば、アーセナルはローン移籍のみのオファーも受ける可能性が出てきたそうで、より退団に近づいたとのこと。この件に関しては2年ローン+買取義務や、2400万ユーロで完全移籍等々、情報が錯綜している模様。

しかし、アーセナルがトリノと何かしらの合意点を見つけたと思われるので、退団は近づいたはず。

その他、グエンドウジもまだ退団する可能性が残っている模様。PSGからの再関心とかとか。

その辺りは続報が入り次第、随時レポートしていきます!

 

 

まとめ

 

仮にトレイラ、グエンドウジが退団したら、中盤はエルネニー、セバーヨス、ジャカ、ウィロックとなる。

そこにアワールが加われば完璧では?

当初はディフェンス面の弱さからパーティ獲得を推している声も多数あったが、どうやら問題のディフェンス面はガブリエルの加入と、アルテタによる組織守備の再構築によって形が出来ているため、トーンダウンそている。

そのため、パーティが務めるはずだったポジションにエルネニーを起用しよう!ということ!

アルテタはエルネニーにこれまで足りなかったところは、自信の欠如だったと述べており、その推測が正しければここから選手としてさらなる飛躍の可能性も!!!

今シーズンのエルネニーに期待したいですね!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

エミ・マルティネスの後任候補に新たな名?アーセナル移籍ニュース

新たなストライカーはどの選手に!?トッテナム移籍ニュース

どこよりも早い選手採点。20−21シーズン第1節アーセナルvsフラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です