足がダメなら頭使う!地獄の3連戦結果発表!アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は昨晩行われたPL第35節アーセナル対ウエストハム戦のレポートをしていきます!

※このレポートは試合内容を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−2−3−1

アーセナルはいつも通りの4−2−3−1の布陣。

ディフェンスラインは左からタヴァレス、ガブリエル、ホールディング、富安。

中盤はジャカとエルネニーが組み、2列目中央にウーデゴール、右にサカ、左にマルティネリ。トップにはエンケティアが入った。

アーセナルは待望の富安が復帰!しかし、今回の試合はホワイトがハムストリングの違和感から欠場しているため、CBにはホールディングが入った。

このところのアーセナルは選手の入れ替わりが激しいことで小さなパスミスが目立ったりしているが、今回の試合も同様のミスから失点等を避けたいところ。

 

ウエストハム:4−2−3−1

対するウエストハムはELセミファイナルを戦っている最中ということもあり、前節チェルシー戦同様にメンバーを落としてくるかと思われたのだが、そんな予想は全く外れてフルメンバーがスタメン。

要注意選手は前線で起用されているボーウェンで、今シーズンここまで安定したプレーを見せており、イングランド代表招集も視野に入っている選手。彼に良い形でボールが渡らないよう用心しなければならない。

また、今回はベンチスタートしているが、毎回手こずるアントニオにも注意したいところ。

 

 

試合内容

 

試合は37分、ウーデゴールからのパスを受けたエンケティアが、ドリブルでピッチ中央を切り裂きそのままシュートを放つも、ファビアンスキにセーブされる。

そのシュートで得たCKから、アーセナルが均衡を破る。

38分、サカから放たれたボールをホールディングが打点の高いヘディングでネットを揺らす。ホールディングのリーグ初ゴールでアウェイチームが先制に成功する。

このまま前半終了かと思われた45分、ライスからのロングフィードを受けたコウファルが右サイドでエリア内に折り返す。

反応したボーウェンが巧みなトラップから左足を振り抜き、ウェスト・ハムが試合を振り出しに戻して前半を折り返す。

後半に入った54分、CKのこぼれ球を拾ったマルティネッリがエリア内左からクロスを上げる。このボールに反応したガブリエウがダイビングヘッドでゴールへねじ込み、アーセナルが再びリードを奪う。

勢いが止まらないアーセナルは71分、カウンターからエルネニーが鋭いスルーパス。抜け出したエンケティアが駆け引きからシュートを放つも、枠を捉え切れず。

78分、アーセナルにアクシデント。冨安が左足のふくらはぎを気にするジェスチャーを見せてピッチに座り込む。アルテタ監督は即座に交代を判断し、セドリックが投入される。

一時不穏な空気に包まれるも、終盤までウェスト・ハムの猛攻を守り切ったアーセナルが2-1で勝利。この結果、4位をキープすることに成功し、エヴァートンに敗戦した3位チェルシーとの勝ち点差を「3」に縮めた。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

足がダメなら頭使う!

 

まあパスミスが多いこと!決定機の連携が合わないどころか、中盤でもパスミスのオンパレード!

ただ、そんな中で出来る攻撃の手段を見つけ出して2つのセットプレーで今日のアーセナルの全ゴールを生み出した!

でもこれは凄く重要な勝利(毎回)で、3連敗した際はこういった勝ち方が出来なかったので、ここで勝てたことは2連勝の勢いのままにチームに流れが来ているとみた。

ウエストハムはチェルシー戦でメンバーを落として戦ったものの、ミッドウィークでプレーしているのでかなり消耗しているのでは?と思っていたのだが、むしろ逆でミッドウィークに動いた勢いが残っているようだった。

そして、対するアーセナルは中8日と試合感覚が空いていたこともあり、なんだか試合に入りきれていないような雰囲気があった。

とは言いつつも、勝ちは勝ちで調子がノッていない時に普段と違う点の取り方が出来たことは自信になる!マンチェスターCやリヴァプールもセットプレーからの得点だけで勝った試合があるし、こういった勝利が常勝軍団に向けての1ピースとなるはず。

とにかく!今日はみんなしっかり休んで欲しい!お疲れ様!!!

 

 

地獄の3連戦結果発表!

 

3連敗した後、待っていた地獄の3連戦。日程的にも恵まれなかった3連戦を我らアーセナルはなんと3連勝した!!(笑)

確か弊ブログで過去に『チェルシー戦勝ったらうっかり3連勝しそうな気がする』的なことを言っていたはずですが(言ってなかったら心のなかで思ってました←)、うっかり3連勝してしまった!!!

これはとっても良いサプライズなのだが、謎の3連敗の後だっただけに、こんなネタTweetなんかも↓

https://twitter.com/OsmanZtheGooner/status/1520817069457092609

 

一体誰が予想しただろうかと言わんばかりの会心の3連勝!!!

CL出場権争いをしている真っ只中なアーセナルが絶対に落とせない試合をしっかりとモノにした!

この勢いを止めない戦いを続けたい!!!

 

 

最新順位と今後の展望

 

さて、アーセナルは今回の試合に勝利したことで直前の試合に勝利して暫定4位となっていたトッテナムを再び追い抜き4位に浮上!

最新順位はこの通り↓

なんとアーセナルは残り試合を残して直接対決を控えるトッテナムと2ポイント差。さらにはエヴァートン戦を落としたチェルシーとも3ポイント差に!

これは非常に良い状況で、アーセナルが今後残しているスケジュールがリーズ(H)、トッテナム(A)、ニューカッスル(A)、エヴァートン(H)に対して、トッテナムはリヴァプールとの試合、チェルシーはウルブズやレスターとの試合を残している。

そのため、彼らと比べればアーセナルのスケジュールは比較的やりやすく、まさに自分たち次第という状況。

トッテナムは優勝争いをしているリヴァプール戦でポイントを落とす可能性が高く、チェルシーは今日の様子を見ているとまだポイントを落としそうな雰囲気がある。

アーセナルも降格争い中のエヴァートン、イケイケのニューカッスル戦があるので、油断できない相手であることは間違いないが、今の勢いであればなんだか3位浮上まで期待したくなってしまう!

というか、3位浮上目指しましょう!!!残り4連勝です!!!

 

 

怪我人続出。富安は!?

 

残り4試合を戦い抜く必要があるアーセナルだが、気になるのは怪我人の最新情報。

今日の試合もホワイトがベンチから外れた他、サカと富安が不穏な途中交代を見せていただけに、今後のスケジュールを戦い抜く中で大丈夫か!?と思われたのだが、アルテタ監督は試合後ちらっと話してくれた様子↓

 

『富安とサカは心配していない(多分大丈夫)、ホワイトは数日中にどうなるかわかる』ということらしいです!

サカは今のアーセナルになくてはならない存在であるため、このタイミングで離脱はキツイし、富安もディフェンスラインの安定のために不可欠。そして、ホワイトもビルドアップの核を担っている存在だけにいないと困る存在。

ただ、コメントを読み解いた雰囲気は比較的安心していて大丈夫な様子。富安に関してはトッテナム戦で絶対に起用したいからリーズ戦休みとかは有り得そうだが。

また、ホワイトはまだよくわからない状況っぽいが、今日の試合のようにホールディングが好プレーを見せてくれればなんとかなるだろう!

とにかく、これ以上怪我人が出ないように用心しなければ。

 

 

その他

 

その他、思ったことを箇条書きで

 

  • 芝が長い?めっちゃボールが止まるからパスミス?
  • 相変わらずのタヴァレス劇場。後半途中から目が覚めた!?
  • エルネニーの便利屋感。エンケティアへのスルーパスは痺れた
  • エンケティアはエルネニーからのパスのシーンは決めなければ。あそこを決めればエースストライカー
  • ただ、エンケティアは頑張っていた。次はゴールが欲しいところ
  • マルティネリはタヴァレスが気になるからあまり前に出れないのだろうか?このところめっきりゴールから離れている気がする
  • スミス・ロウはもっと見たかった!
  • ウエストハムは本当に強くなった。良い選手が豊富
  • ライスはアーセナルが欲しいくらい。彼のせいで得点チャンスを何個か潰された

 

こんなところ?

 

今日はこんなところで!!!

 

COYG!!!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ニューカッスルがディバラにビッグオファー?ボローニャの左SBに関心?

ウエストハムがマヴロパノス強奪へ?ネヴェスが今夏の移籍を模索中?

ベジェリンは1000万ユーロ?ジェズスはマンチェスターC残留も?

足がダメなら頭使う!地獄の3連戦結果発表!アーセナル試合レポート” への2件のフィードバック

    1. CL出たいですね!!!
      トッテナムは週末にリヴァプール戦なので、そこで敗れて直接対決も勝利すればかなり道が見えてきます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。