苦しみの先に見えたもの。最終節が楽しみな展開に!アーセナル試合速報

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は本日明朝に行われたPL第37節アーセナル対クリスタルパレス戦の一戦を紹介していきます!

※このレポートは試合結果を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーからご紹介。

 

アーセナル:4−2−3−1

今回の試合は前節チェルシーを破った際の3−4−2−1ではなく、これまで使い慣れた4−2−3−1のフォーメーションを採用。

ディフェンス陣は左からティアニー、ガブリエル、ホールディング、チェンバース。中盤は前節と同じくパーティとエルネニーのペア。

2列目中央はスミス・ロウ、右にぺぺ、左にサカ。トップにはオーバメヤンが起用された。

 

クリスタルパレス:4−3−3

対するクリスタルパレスは4−3−3の布陣。

注意が必要なのは前線の3トップで、ベンテケのポストプレーを中心に両サイドのザハとタウンゼントが仕掛けてくるのが厄介になる。

とにかく肉弾戦になることが予想されるため、ディフェンス陣は注意が必要となる。

 

 

試合内容

 

来季のEL出場へ勝利が必要なアーセナルは、立ち上がりから両サイドを起点に攻撃を組み立てるが、クリスタルパレス守備陣を崩しきれず、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。

7分、クリスタル・パレスは左CKから二次攻撃を仕掛けると、マッカーサーのクロスをケイヒルが頭で合わせたが、これはわずかにゴール左に外れた。

さらにパレスは、23分にも左CKからトムキンスのヘディング。さらに32分には、ベンテケの落としをボックス手前のシュラップが狙ったが、共にレノのセーブに防がれた。

ボールを握りながらも攻め切れない状況が続いたアーセナルだが、最初のの枠内シュートで先制に成功する。

35分、サカとのワンツーでボックス左深くまで抜け出したティアニーのクロスをボックス中央に走り込んだペペが右足ボレーで流し込んだ。

後半に入っても主導権を握るアーセナルだったが、先にチャンスを迎えたのはクリスタルパレス。

62分、左サイドで獲得したFKからタウンゼントがクロスを供給すると、ゴール前に抜け出したベンテケがヘディングで叩き込んだ。

同点に追いつかれたアーセナルは、65分にサカを下げてウーデゴールを投入。さらに68分には、ティアニーとパーティを下げてジャカとマルティネッリをピッチに送り出した。

83分、ウーデゴールのパスで右サイドを抜け出したチャンバースのクロスからオーバメヤンにチャンスが訪れたが、ジャンピングボレーで合わせたシュートは枠の左に外れた。

このまま試合終了かと思われたが、91分、ウーデゴールのクロスをファーサイドに走り込んだマルティネリが右モモに当て、上手く収めると冷静にゴールネットを揺らした。

さらにアーセナルは、95分にもペペがこの試合2点目を記録し、最終的に3-1で勝利した。

 

この試合の簡単なスタッツ↓

 

 

久々の観客と盛り上がったクリスタル・パレス

 

結果だけ見れば3対1と快勝したように見えるが、実際はめちゃくちゃ苦戦したこの試合。

ラスト2節が観客を入れての試合開催が認められたことで、スタジアムに久々に観客が入っていたのだが、クリスタルパレスはホーム最終節ということもあり、とても活気のある雰囲気が出ていて選手たちも気合が入っていた。

更に、パレスのロイ・ホジソン監督は今シーズン限りで退任することが決まっており、選手たちも『ホーム最終節でホジソンがラスト!勝たなきゃ!』みたいな雰囲気を醸し出していた。

ああいった並々ならぬ雰囲気で掛かってくるチームが特に苦手なアーセナルは、前半こそ大人な対応でいなしていたものの、後半は勝ち越すまで終始劣勢になっていた。

最終的に勝ったから良かったものの、後半のパスの繋ぎは壊滅的で、僕はTwitterで流れてくる罵詈雑言を見ないようにしていました。。。(笑)

 

 

6位浮上の可能性を残す

 

このレポートを作成している最中、ウエストハムは同点だったので、その時点での経過報告を。

アーセナルは、今回の試合に勝ったことと、スパーズがアストンヴィラに敗れたことで、6位浮上の可能性を残すことに成功した!

現在のリーグ順位がこの通り↓※ウエストハムが試合中時点

現時点で6位〜9位の間が、勝ち点58〜60で団子状態となっている。

そして、アーセナルは最終節にホームでブライトンを迎えるのだが、その他のチームの最終節は以下の通りとなっている↓

 

これはかなりチャンスがあるのではないか?と。

ウエストハムは現時点で行われているWBA戦の結果次第で6位でシーズンを終えることが濃厚になるかもしれないが、スパーズとエヴァートンは勝ち点を落とす可能性が高い相手との試合を控えている。しかも、それぞれアウェイマッチという。

ということは、アーセナルが勝った上で、少なくともスパーズとエヴァートンが勝ち点1以下になってくれれば、7位浮上。さらに、ウエストハムが今朝行われたWBA戦で勝点を落とし、セインツにも勝点を落とせばまさかの6位浮上。

逆転して来シーズンのヨーロピアンコンペティションを手にすることとなる!

チェルシー戦前は、残りのリーグ戦は消化試合か。。。と嘆いていたのだが、まさかの最終節まで面白くなるという!こりゃ楽しみですわ!

 

 

追記

 

ウエストハムがWBAに勝利したことで、アーセナルの6位浮上が正式に頓挫。

現時点で残されている可能性は、7位に浮上してヨーロッパカンファレンスリーグ出場である。

そして、識者に問いたいのですが、、、

レスターがトップ4でフィニッシュした上で、チェルシーが5位でリーグ戦終了、CL優勝した場合は7位までEL出場権はズレますか??

なんか、数年前にそんなことあった気がしてて、調べればわかるだろうが、教えて下さい。。。

 

 

その他

 

今回の試合で思ったことなどを箇条書きで。

 

  • マルティネリ最高
  • ぺぺはもっと仕掛けて欲しい
  • サカは少しお疲れ気味?
  • ベンテケ1人にこてんぱんにされるアーセナルのCB。今回の試合はパブロ・マリが妥当だった?
  • エルネニーは3バックの前だと安心して見れる
  • ビスマ欲しい。パーティ潰されるとしんどいアーセナルの中盤
  • やはりウーデゴールは今夏に確保したい
  • ザハの顔が怖い

 

こんなところ?

 

個人的なMOTMでは今回の試合で2得点を記録したぺぺ!

なんだかんだ言われながらも、今シーズン公式戦46試合出場で14ゴール6アシストを記録している!

https://twitter.com/Gunnersc0m/status/1395106913503821824

 

恐らく、来シーズンのサイドはぺぺとサカがメインで起用されると思うが、決勝点を挙げたマルティネリの存在も捨てがたい。。。

今シーズン、マルティネリは特に不遇な時を過ごしたと思うので、来シーズンはもう少しローテーションして欲しいと思いました。

サカが疲れているのも、上手くローテーション出来なかったのが理由だと思うし。

若くて良い選手がたくさんいるんだから!!!信用しよう!

 

そして、今回の試合もVAR案件発生。

 

勝ったし、怪我人が出なかったから良いんですけど、ジャッジの一貫性を持って欲しいですね。

 

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ユリアン・ブラントと再リンク。レノとの関係性が優位に動く?

アーセナルがサンダー・ベルゲに評価額より低い金額のオファーを提示?

バートランド獲得、ラムジーの噂とウィリアンの退団について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です