移籍市場クローズ後もフリーでアーセナルが獲得できる選手4選

本日も更新していきます!!!

 

 

 

今回は昨日のイギリス「daily express」にて、『移籍市場クローズ後もフリーでアーセナルが獲得できる選手4選』なるレポートが挙がっていたので、そちらをご紹介します!

 

 

はじめに

 

アーセナルからフリートランスファーで退団していったピエール・エメリック・オーバメヤンのリプレイスを獲得できなかったアーセナルにとって、冬の移籍市場は非常に残念な結果に終わった。

メイトランド・ナイルズ、フォラリン・バロガン、セアド・コラシナツ、パブロ・マリ、カラム・チェンバースなど、退団に関しては多くの動きがあったのだが、その割に攻撃陣の補強がなかったことをサポーターはフラストレーションを感じている。

当初、ヴラホヴィッチがやってくる期待もあったが、最終的にセルビア人はアーセナルへまともな返事をすることなくユベントスへ加わった。

最終日にメディアが報じたアレクサンダー・イサクや、ラウール・デ・トーマスらの動きもアーセナルの動き出しが遅かったことで実現しなかったと伝えられれている。

しかし、思わぬ離脱がなければ、今回の選手退団はアーセナルの給与総額等、資金面で大きな援助になる可能性もある。

また、移籍市場はクローズしたが、クラブは希望すればフリーエージェントで選手を連れてくることも出来る。

もちろん、アーセナルがそれを起こす可能性は低いかもしれないが、弊メディアはミケル・アルテタにとって役立つフリーエージェント4名を選出した。

 

 

ジエゴ・コスタ

 

間違いなく現在の市場で最高のフリーエージェントであるジエゴ・コスタは、タイトル獲得に貢献するなど、間違いなく選手としてフレッシュな状態にある。

33歳と、彼の選手寿命が短いということは明らかだが、彼の経験値と、勝利に対して貪欲な姿勢は、どんな監督にとっても価値のある選択肢になる。

アーセナルはここ数ヶ月で同選手とリンクされており、オーバメヤンが去った今、攻撃陣が手薄になったオプションになる。

ラカゼット、エンケティアのどちらかが怪我をしてみようものなら、アーセナルのCFは危機に瀕する。

コスタはかつてほどの選手ではないにしろ、手薄な攻撃陣をマネジメントするための力になるはず。

 

 

ジャック・ウィルシャー

 

起こるとするのであれば、すでに起こっているかもしれないが、これは全てのアーセナルファンが起こることを望んでいることだろう。

現在ウィルシャーはクラブで数カ月間トレーニングを行っているが、1月の初めにアーセナルの中盤のピンチ時ですら選択肢に含められなかった。

それにも関わらず、彼はチームとのトレーニングに参加し続け、新たなチャンスを待ち続けてコンディションを整えている。

ウィルシャーは明らかに劣化しているが、彼は有名なアーセナルのシャツを着ることの価値を理解しており、全てを捧げてくれることを安易に想像させる。

 

 

ローラン・コシールニー

 

これは非常に残念な出来事だったが、元アーセナルのローラン・コシールニーは、ボルドーからリリースされた後、フリーエージェントとなった。

彼にスピードはなくなったかもしれないが、元々コシールニーはそれが彼の強みではなかった。彼がPL最高のCBとして強みを見せたのはピッチ上の存在感と試合を読む力だった。

チェンバースとマリを失った後、アーセナルはCBが不足しており、選手を増やす余裕がある。

アルテタ監督はコシールニーのことをよく理解しており、シーズン終了までアーセナルを助ける気持ちがあるのであれば、トレーニングラウンドに彼が居ることだけでも、プレータイムに関係なく若い選手を助けることが出来る存在となる可能性がある。

 

 

デアンドレ・イェドリン

 

元ニューカッスルのSBはわずか1年でガラタサライから去ることになったが、28歳の彼はMLSへ帰る前にまだまだ出来ることがある。

イェドリンはアメリカ代表として71キャップも出場しており、トッテナム、サンダーランド、ニューカッスルで多くプレータイムを得てきた。

セドリック・ソアレスの疑わしい怪我の連続とアストン・ヴィラへチェンバースが移籍したことは、アーセナルの右SBが手薄となったことを現しており、短期契約であればイェドリンは右SBのカバーを提供できる。

CMFの例と同様に、アーセナルのディフェンス陣は新型コロナの影響を受ければすぐに手薄となる状況になる。

 

 

いかがだったでしょうか?

有りそうな無さそうな話。。。

個人的にはコシールニーを半年契約とかあっても良いのかなと!アグレッシブなディフェンスの極意を若手選手に受け継いで欲しい!!!

後はなんだかんだでジエゴ・コスタはバックアップに居てくれると安心はしそう。

恐らく誰も来ないのだが!!!

 

 

元記事はこちら→Four free agent bargains Arsenal can still sign after transfer deadline day disappointment

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

アーセナルはラムジーの獲得を断っていた。リヨンがラカゼットを連れ戻す?

バルセロナ移籍がほぼ決定!?オーバメヤンがスペインに上陸!

バルセロナとユベントスがオーバメヤンへシーズン終了までのオファー?

移籍市場クローズ後もフリーでアーセナルが獲得できる選手4選” への2件のフィードバック

  1. でも契約したら今シーズン使えるですか?使えるならジエゴコスタは契約すべきだと思います

    1. 全選手、今シーズン1クラブしかプレーしていないので起用可能だと思われます!僕もコスタはバックアップに居ても良いかと思います!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。