流石にガセ?ユベントスにガブリエルを売却する可能性

本日も更新していきます!!!

 

 

 

流石にガセ?ユベントスにガブリエルを売却する可能性

 

昨日弊ブログで紹介したように、今夏の移籍市場で左CB獲得を健闘していると噂されるアーセナル。

アルテタ監督がレフティを左CBで起用したい意向があることで、レフティのCB獲得に関心を持っているとのことだったが、昨日のレポートによれば、もしかするとそれはガブリエル売却を視野に入れている可能性があるとのこと。

昨日のイギリス「mirror」によれば、現在アーセナルはユベントスから強い関心を抱かれているガブリエルを売却する可能性が徐々に高まっているとレポート。

同メディアによれば、ユベントスはこれまでクラブを支えてきたキエッリーニが契約満了で退団することによって、CBの補強を目指しているのだが、その中でアーセナルのガブリエルに強い関心を見せており、そういった関心に対してアーセナルは同選手に売却に傾きつつあるとのこと。

どうやらアーセナルはこれまで選手の売却を上手く進められてこなかったことを悔やんでおり、大金で売却できるであろうガブリエルを売却し、夏の資金にするアイデアを持っているのだとか。

しかし、以前アーセナルは今夏にガブリエルへ新契約を提示する可能性があるとも伝えられている他、今シーズン左CBとして絶対的な存在になりつつあるため、弊ブログではガセの可能性が高いと予想。

今シーズンにセットプレー含むアーセナルのディフェンス面が向上した背景にはガブリエルの貢献度が高く、攻撃面でもシーズンで複数得点しており、外せない存在である。

ただ、CL出場権を逃した際に他のポジションを補強するための資金にする可能性は捨てられない。サリバがレンタルバックすることで人数的にはなんとかなる可能性もある。どうなるのだろうか。

 

 

アーロン・ヒッキー獲得レースが熾烈に

 

ヌーノ・タヴァレスを信用しきれないアーセナルが今夏の移籍市場で獲得に関心を抱いていると伝えられるボローニャに所属するアーロン・ヒッキー。

ヒッキーはアーセナルだけでなく、多くのトップクラブも関心を抱いているとも伝えられているのだが、昨日のイギリス「Sun」によれば、獲得レースが熾烈になっている模様。

同メディアによれば、今シーズン評価を上げたヒッキーに対しては、アーセナルの他にニューカッスル、ブレントフォード、ナポリが関心を見せているようで、特にブレントフォードが獲得に強い関心を抱いているとのこと。

どうやらブレントフォードはヒッキーがスコットランドリーグのハーツでプレーしていた頃から置い続けていた選手らしく、今夏の移籍市場で具体的なオファーをする準備も進めているのだとか。

また、ナポリも長らくヒッキーに対して関心を抱いているため、今夏の移籍市場で争奪戦になることが予想される。

 

 

まもなくマルキーニョス獲得のアナウンスへ

 

先日弊ブログで紹介したように、マルティネリに次ぐブラジリアンヤングスターとして獲得に近づいていたサンパウロのマルキーニョス。

スポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏によれば、まもなく公式発表がなされるとのこと!

https://twitter.com/FabrizioRomano/status/1526973813199716354

 

いらっしゃい!マルキーニョス!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

CL出場権を逃しても今夏の補強計画は予定通り進行する

アーセナルは波乱が好きらしい。アーセナル試合レポート

マルキーニョスの獲得合意報道とジェズスへオファー準備?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。