来シーズンのホームキットが正式発表│今夏のストライカー補強はやはりシェシュコ?


来シーズンのホームキットが正式発表


弊ブログでもお伝えしたように、すでに来シーズンのユニフォームがリークされていたアーセナル。

個人的に好きなデザインだったため、正式発表も気になるところだったのですが、本日ついに正式発表!

https://twitter.com/Arsenal/status/1791013275716489587

来シーズンのユニフォームは今までのクラブのエンブレムではなく、クラブのルーツにもなっている大砲のロゴを採用。

すでに日本のアディダスでも販売開始されており、弊ブログ主も購入完了しました!笑

選手たちが身にまとっている姿も見れるので是非↓

https://twitter.com/Arsenal/status/1791092030715637780


今夏のストライカー補強はやはりシェシュコ?


昨日、弊ブログでも紹介したように、RBライプツィヒに所属するベンジャミン・シェシュコの獲得のポールポジションになる可能性が報じられたアーセナル。

アーセナルも同選手の獲得に強い関心を示していると伝えられていたのだが、本日の「CaughtOffside」によれば、アーセナルはシェシュコを獲得の最有力候補に挙げているとのこと。

同メディアによれば、アーセナルはアルテタ監督がシェシュコの大ファンだそうで、クラブのフロント陣に同選手の獲得を優先したいと伝えたのだとか。その結果、クラブはヴィクトル・ギョケレスやアレクサンダー・イサクらリストアップしていた選手を優先しないことを決定したという。

また、アーセナルは5000万ユーロと伝えられるシェシュコの契約解除金を払う用意があり、情報筋からの話では選手とも5年目のオプションが付いた4年契約で交渉が順調に進んでいるそうな。

恐らく4年+1年の契約延長OP的な交渉を行っているとされるのが非常に真実っぽい雰囲気を感じさせますが、アーセナルはシェシュコ獲得を優先する予定なんだろうか。注目ですね!


メガクラブがサリバ獲得に興味?


今シーズン安定した活躍ぶりで、ガブリエルと共にチームのクリーンシートに貢献しているウィリアム・サリバ。

まだ23歳ながら大ベテランのような風格も持ち合わせており、頼れる選手に成長しているのだが、昨日の「football365」によれば、そんなサリバに対してメガクラブが関心を寄せ始めている模様。

同メディアによれば、アーセナルで確かな成長を見せるサリバに対して、レアル・マドリー、バイエルン・ミュンヘン、PSGが獲得に関心を寄せているのだとか。

どうやら今回報じられた3クラブは今夏の移籍市場でCB獲得に動く予定をしているようで、その中でサリバ獲得を視野に入れているそうな。ただし、アーセナルは売却する気がない他、1億ユーロ以上の移籍金を要求すると考えられているため、移籍しないだろうと予想されているようです。

流石にこのタイミングでの売却はないだろうし、サリバのインタビューなどを見てもしばらくはアーセナルへ残留する考えを持っている気がするので、心配しなくても良い気がしております。

まだまだアーセナルで活躍してほしいので、間違っても放出はしてほしくないですね!


最新情報は弊ブログ主の下記Twitterからご覧ください!

弊ブログ主Twitterアカウント

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

https://twitter.com/gunnerken1

Comments

  1. サリバは1億€でも安い気がします。
    ベンジャミンは今季後半好調で順調に伸びてるらしいですね。
    高身長で両足使えて万能タイプですから、カイハバと似た感じでこの2人でやってく感じっぽいですね。
    ジェズスエンケティアがCFとして計算されないのは間違いなさそうです。シビアな話ですがプレミアですしPLCL狙うから仕方ないんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です