最新移籍情報小ネタ集!タヴァレス、ガブリエル、L・マルティネス

本日も更新していきます!!!

 

 

 

マルセイユがタヴァレス獲得に本気

 

移籍市場が始まった当初からマルセイユが関心を抱いているというヌーノ・タヴァレス。

現状アーセナルがタヴァレスのリプレイスを獲得できていないため、交渉は進んでいないようだが、昨日の「GFFN」によれば、マルセイユはタヴァレス獲得を本格化しているとのこと。

同メディアによれば、マルセイユはホルヘ・サンパオリ監督が退任してからもタヴァレス獲得を進めているらしく、現在買取OP付きのレンタル移籍の交渉をしているという。

仮に買取OP付きのレンタル移籍が検討されているということはもしかするとグリマルド獲得を本格化しているのだろうか。彼を獲得する場合はしばらく左SBの補強が必要なくなるはずなので、可能性としてはあり得るかと。

続報が気になります。

 

 

ユベントスがガブリエルに接触

 

今夏の移籍市場が始まった当初、アーセナルに所属するガブリエル・マガリャンイス獲得に関心を抱いていたと伝えられたユベントスだが、どうやらまだ関心を抱いているとのこと。

昨日の「alfredopedulla」によれば、現在ユベントスはデ・リフト売却を画策しており、その売却資金で同選手の後釜を確保する予定だという。そして、その候補にガブリエルの名前があがっており、改めて接触を試みてきたのだとか。

ユベントスは当初、トリノに所属するブレーメルやクリバリ獲得を試みたそうだが、両選手とも獲得が困難なじょうきょうのため、ガブリエルにシフトしてきたそうな。

以前関心が噂された際は、アーセナルが売却を拒否したと報じられていたのだが、どうやらユベントスはガブリエルを獲得できると意気込んでいるという。失敗してください。

 

 

トレイラのエージェントがユベントスに提案

 

現在セリエAのクラブへ移籍を画策しているルーカス・トレイラ。

昨日のインタビューで、トレイラがローマのモウリーニョ監督と話したことを暴露していたが、どうやら彼のエージェントはユベントスにもトレイラを提案しているそう。

昨日の「tuttomercatoweb」によれば、ユベントスはPSGに所属するレアンドロ・パレデス獲得に関心を抱いているそうで、トレイラのエージェントはパレデスのプランBとしてトレイラの名前を出しているのだとか。

流石に合意に達する気はしないが、補強したいポジション的にはトレイラにシフトする可能性はあるかもしれない。

 

 

グリマルドに700万ユーロのオファー?

 

先日弊ブログでも紹介したように、アーセナルはベンフィカに所属するグリマルドへオファーを検討していたのだが、昨日の「A BOLA」によれば、グリマルドに対して700万ユーロのオファーを提示したとのこと。

そして、同メディアによれば、来週中にも新たな提案をする予定があるそうで、グリマルド獲得に向けてさらに動き出す可能性があるのだとか。

アーセナルはタヴァレスを放出する可能性が囁かれており、L・マルティネスの交渉も上手く進んでいないため、グリマルドにシフトした可能性はあるかと。

ただ、識者によれば、グリマルドはビッグマッチに弱いとかなんとかだそうで、それならタヴァレスが良かったというような状況にならなければ良いのだが果たして。

 

 

カイル・ウォーカー・ピーターズに関心

 

今夏の移籍市場が始まる前に、ストライカーと中盤の選手に加えて補強する可能性があると伝えられていた右SB。

しかし、今のところ補強に動いている噂はなく、セドリックが残留予定であることや、サリバの残留が決定したために補強の優先度が低くなったと考えられていたのだが、どうやらサウサンプトンに所属するカイル・ウォーカー・ピーターズに関心を抱いているとのこと。

昨日の「The athletic」によれば、現在サウサンプトンはリブラメントが負傷したことで右SBの補強を検討しているそう。その中で、仮にカイル・ウォーカー・ピーターズに好条件のオファーがあれば、補強選手をそのまま後釜にする可能性があるとのこと。

そして、カイル・ウォーカー・ピーターズにはアーセナルやマンチェスターUが関心を示しているそうで、状況を注視しているのだとか。

しかし、カイル・ウォーカー・ピーターズにはトッテナムが買い戻し条項を保持しているらしく、彼らが買い戻さないと決めることが条件になるだろうとのこと。

アーセナルは少なくとも来夏までに右SBの補強に着手するはずで、ホームグロウンでまだ25歳のピーターズ獲得はあり得る気がする。引き続き注目していたいです。

 

 

L・マルティネスは6000万ユーロ

 

現在マンチェスターUが移籍交渉をリードしており、選手自身もマンチェスターU移籍を進めるようクラブに進言しているというリサンドロ・マルティネスの状況について。

どうやら大方の予想通り、6000万ユーロを提示しなければ売却する予定がないとのこと。

マンチェスターUが新たに提示した総額5000万ユーロのオファーも拒否している模様。

https://twitter.com/TheEuropeanLad/status/1546355832622915586

 

これは諦める可能性が出てきたかと。念の為、続報も注目していきます!

 

 

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ルーカス・パケタ獲得へ動く?レノの移籍がさらに進む

マンチェスターUがリサンドロ・マルティネスに5000万ユーロのオファー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。