勝利の積み重ね!中2日のしんどい試合!アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は今晩行われたPL第30節アーセナル対アストン・ヴィラの一戦をレポートをしていきます!

※このレポートは試合内容を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−2−3−1

アーセナルはいつも通りの4−2−3−1

ディフェンスラインは左からティアニー、ガブリエル、ホワイト、セドリック。

中盤はジャカとパーティが入り、2列目中央にウーデゴール、右にサカ、左にスミス・ロウが入る。トップにはラカゼットが起用された。

アーセナルは試合前にラムズデールとマルティネリがそれぞれ怪我と病気によって離脱しており、彼らの入っていたポジションはレノとスミス・ロウが起用された。

レノは開幕3連敗を喫した後、初めてのPL出場であるため、試合勘が鈍っていないかが心配なところ。スミス・ロウは問題ないかと!このところ起用時間が短かった分、暴れて欲しい!

 

アストン・ヴィラ:4−3−3

対するアストン・ヴィラはほぼフルメンバーが揃っている。

今冬にアーセナルから加入したチェンバースはベンチスタートだが、エミ・マルティネスはスタメンで起用されている。

注目選手はコウチーニョとワトキンス。コウチーニョは冬にバルセロナから加入して以降、かなり良いコンディションを維持しており、気を抜けない相手。

そして、ワトキンスはアーセナルが今夏の獲得候補にリストアップしているとも伝えられる選手で、アーセナルのディフェンス陣が彼のスピードやフィジカルに遅れないようにしなければならない。

 

 

試合内容

 

アーセナルは3分、トーマスの右への大きな展開から最後はスミス=ロウがシュートを放つ。

さらに9分、トーマスがミドルシュート。10分にはサカのクロスからあわやオウンゴールかと思われたが、古巣対戦となるマルティネスがなんとか凌いだ。

18分にも右サイドの崩しからスミス=ロウが飛び込んだが、枠へは飛ばせず。ゴールは奪えていないが、序盤からアーセナルが主導権を握る。

それでも30分、アーセナルが先制に成功。

FKのサインプレーから一度は弾かれたが、ボックス内で粘ってつなぐと、サカがボックス外から左足を一閃。ボレーがネットに突き刺さった。

なお、アーセナルにとってこのゴールはプレミアリーグ通算2000得点目に。マンチェスター・ユナイテッド、リヴァプールに次いで3チーム目の記録達成となっている。

先制直後、ミングスがサカにディレイ気味でタックル。

この接触で両チーム選手が口論となり、ミングスとマッギンにイエローカードが提示された。その後も激しい接触が続く展開となったが、アーセナルがリードを保って前半を折り返す。

後半開始直後は押し込まれ気味だったアーセナルだが、53分にサカが独走から決定機を作る。

しかし勢いを取り戻したアストン・ヴィラに手を焼くシーンも増え、61分にはマッギンの際どいミドルを許し、この試合初の被シュートとなった。

さらに67分、ワトキンスのカットインからのシュートを許すと、ティアニーに当たってポストに救われている。

試合がオープンになる中、アーセナルは69分にサカに代えてペペを投入。右サイドを入れ替える。一方のアストン・ヴィラも同タイミングでトラオレ、バイリーをピッチへ送り、勝負に出る。78分、アーセナルはラカゼットに代えてエンケティアを投入した。

圧力を高めるアストン・ヴィラに苦戦を強いられたアーセナルだが、85分にウーデゴールを下げてホールディングを投入。守備的な采配で、1点を守りきった。1-0でアストン・ヴィラを下している。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

 

またしても重要な勝利!

 

アーセナルはミッドウィークにリヴァプールとの試合。そして、中2日でアストン・ヴィラとランチタイムというハードな日程。

しかし、我らは着実に勝利した!!!

試合中調べていて知ったのだが、どうやらアストン・ヴィラは後半に盛り返すチームらしく、後半になって疲れで足が止まっていくアーセナルにはかなりハードな試合だったようだ。

それでもサカの得点を最後まで守りきって勝利というのは、やはりアーセナルが着実に積み上げているものがある証拠で、今後に向けてもとてもポジティブな結果だと思う。

試合前の結果予想でいくつかの現地メディアやコメンテーターは引き分け予想をしていたのだが、今のアーセナルは違うぞ!ということを示せたはず。

この調子で邁進していくべし!

 

 

完璧な前半

 

後半は足が止まってきつつ、アストン・ヴィラが盛り返してきたことで、タフな場面がいくつかあったのだが、前半に関しては完璧だったと思う。

なんだろう、上手く説明できないのだが、、、アーセナルはシステムが高水準でオーガナイズされており、アストン・ヴィラにチャンスを作らせず?チャンスのきっかけさえ作らせず。アーセナルは様々なバリエーションで攻めるという。

今シーズンここまでの試合でもっとわかりやすく盛り上がった前半はあったのだが、そういった完璧さと違ってチームとして熟成されていることが見て取れたというか。

それぞれが個性を活かしながらチームに馴染んでいる姿というのはPLで言えばマンチェスターCやリヴァプールが最たる例で、個人的な感覚としてアーセナルがそこに近づいているというのが熱く感じられた。

将来性しか見えなかったぜ!

 

 

試合後の雰囲気に見るアーセナルの一体感

 

https://twitter.com/EduardoHagn/status/1505190038946021383

 

これが今のアーセナルの一体感を全て映し出している!

レノは開幕3連敗を喫した時以来、久しぶりにPLでプレーしたということもあり、試合終了後に選手たちが彼に駆け寄って喜びを共有していたのだが、この一体感が今のアーセナルが大きな輪になっていることを裏付けている。

もちろん、恐らくレノが人格者だということもあるだろう。ただそれ以上に1つの勝利、1人の選手に対してここまでアツくなっているチームがあるというのは本当にいつ以来だろうかと!

ここ数年は試合終了後にアウェイスタンドへ感謝の言葉を伝えに行く選手の後ろ姿を見るばかりで、試合終了後に選手たちが喜びを共有する姿はあまりなかった。

それが今のアーセナルはほぼ毎試合あるという!勝っているということもあるが、それ以上に一体感があるということ。本当に素晴らしいと思います!

もはやアルテタ監督の契約延長は不可避かと!

本当最高だよ

 

 

控え選手の奮闘が見たい

 

今回の試合、レノは安定感のあるプレーぶりで勝利に貢献してくれたのだが、気になるのがぺぺとエンケティア。

彼らにはもっと期待したいのだが、なんというか毎回スタメンとの差を痛感する次第である。

もちろん途中から試合の流れに入っていくのは難しいだろうし、もっと言えばそもそも調子が挙がっていない状況で短い時間で結果を出せと言われても難しいのかもしれない。

ただ、それでももっと出来ることがあるように感じる。特にスタメンの選手たちが奮闘していることで、更に差を感じるというか。

セドリックやレノが変わらずにプレーしている姿を見るに、これがベテランと若手選手の経験の違いという意見もあるかと思うが、個人的にはもっとハングリーにやってほしい気持ちがあります。。。欲張りですかね?

残り試合はもっと気持ちのこもったプレーをみたいです!!!

 

 

その他

 

その他、思ったことを箇条書きで

 

  • ジャカが荒れかけた。危ない危ない
  • パーティは相変わらず素晴らしい。最も抜けられると困る選手
  • スミス・ロウも随所でらしさ。彼がいるとラカゼットの仕事が楽になっている
  • アシュリー・ヤングは相変わらずだな
  • マッギンはいつも攻撃的な気がする
  • ワトキンス、ドウグラス・ルイスは良さが出ていなかった?

 

こんなところかと。いつもより適当です。ごめんなさい。

 

今回の試合の結果、アーセナルは単独4位を守り、1試合消化の多いマンチェスターU、ウエストハムからそれぞれ4ポイント、6ポイント差に。トッテナムは消化試合数が同じだが、6ポイント差に。素晴らしい。

残り10試合となったのだが、俄然アーセナルはCL出場権獲得に優位な状況!チェルシーとも5ポイント差で、まだ3位も狙える状況!

3位目指して進んでいくしかないでしょうよ!

インターナショナルマッチウィーク明けにアウェイ、クリスタル・パレス戦。もちろん、負けられませんよ!!!

 

COYG!!!

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ウエストハムが今夏にラカゼットの獲得へ向けてオファーを準備か?

ムサ・デンベレをスカウティング?バルセロナはネヴェス獲得から撤退?

我々の未来は明るい!!挫ける時間はない!!!アーセナル試合レポート

勝利の積み重ね!中2日のしんどい試合!アーセナル試合レポート” への2件のフィードバック

  1. 最後にぺぺが嫌なところでファールしたので、最後までヒヤヒヤする試合でしたね。
    たしかにぺぺとヌケティアにはもうちょっとインパクトを残して欲しいですね。
    なにわともあれ貴重な勝点3確保、良かったです!

    1. そうですね!!!
      この勝ち点3が良い意味で後々に響いて欲しいところです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。