余剰戦力の放出が完了次第ティーレマンス獲得へ動く?

本日も更新していきます!!!

 

 

 

余剰戦力の放出が完了次第ティーレマンス獲得へ動く?

 

今夏の移籍市場で継続的に関心が噂されてきたレスター・シティに所属するユーリ・ティーレマンス。

ここ最近は獲得の噂がトーンダウンしていたのだが、昨日のレポートによれば、現在行われている余剰戦力の放出が完了次第、ティーレマンス獲得に動くとのこと。

イギリス「ミラー」によれば、どうやらアーセナルはティーレマンス獲得へ動く前に余剰選手の放出を行いたかったそうで、ここ数日のうちにベルント・レノ、パブロ・マリ、ルーカス・トレイラ、エクトル・ベジェリンの去就が明確になりそうになったことで、ティーレマンス獲得へ動く資金の準備が出来たのだとか。

このレポートに続くように、イギリス「Sun」もティーレマンスのアーセナル移籍が差し迫っているのでは?といったレポートを上げており、ティーレマンス獲得へ動く雰囲気が出ていている。

また、明朝に行われたクリスタル・パレス戦後のインタビューで、アルテタ監督も『まだ市場で動いている』と、さらなる補強の可能性を示唆していた。

まだ噂レベルの域から抜け出していないため、どうなるかはわからないが、確かに中盤へあと1人補強できればバランスが良い感じはある。

移籍市場最終日まで注目です!

 

 

ムサ・ディアビ獲得に動く?

 

今夏の移籍市場でぺぺに代わるサイドアタッカー獲得を目指しているアーセナルだが、どうやら新たに関心を抱く選手が現れた模様。

昨日の「football Insider」によれば、現在アーセナルはレバークーゼンに所属するムサ・ディアビ獲得に動いているとのこと。

同メディアによれば、クリスタル・パレス戦が始まる前にオーナーから獲得のゴーサインが出たとかで、現在獲得に向かっているとのこと。

ただ、現状それ以上のレポートがあがっていないため、関心があるというレベルの話かもしれないので、話半分に考えておけば良いかと。

ちなみにムサ・ディアビはフランス代表にも選出されている右WGの選手で、市場価格は約6000万ポンド。アーセナルは大金を掛けたくないが、獲得のためにできる限りの努力はする予定だそう。

 

 

パブロ・マリにヴェローナから完全移籍のオファー

 

タイトル通りの話題。

スポーツジャーナリストのファブリシオ・ロマーノ氏によれば、パブロ・マリに対してセリエAのエラス・ヴェローナが完全移籍のオファーを提示してきたとのこと。

マリに関しては、すでにモンツァから条件付きで買い取り義務付きのシーズンローンのオファーが届いていたのだが、今回のオファーによってヴェローナ移籍になる可能性がある。

むしろアーセナル的には完全移籍のヴェローナに移籍して欲しいはず。

 

なんいせよ、これで100%マリは退団になるとレポートされている。

彼は加入直後の大怪我がなければアーセナルで違った未来があったかもしれないだけに不憫。だがこれも勝負の世界。移籍先で活躍して欲しい!

 

ちなみにトレイラもガラタサライへの移籍が間近に迫っており、下記のガラタサライのTweetがトレイラに関するものだろうとのこと↓

 

あとはベジェリンとナイルズの放出に動くはず。注目です。

 

 

 

最新情報は下記にある弊ブログ主ツイッターにて更新しているので、レポートが待てない方は是非フォローお願いします!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

最新情報はTwitterで更新しています!是非フォローお願いします!

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

PL2022−23シーズン開幕戦!!!アーセナル試合レポート

セリエAから人気のパブロ・マリ。レスターがアワール獲得へ?

モンツァがパブロ・マリに関心?インテルの若手MF獲得に関心?

余剰戦力の放出が完了次第ティーレマンス獲得へ動く?” への1件のフィードバック

  1. ディアビは来て欲しいけどお金がないバルサみたいになって欲しくないオーナー変わって最悪今でも誰か主力売らないといけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。