今シーズン1番の補強はあの人物!?ビジャレアル戦に向けてビッグブースト

本日も更新していきます!!!

 

 

今シーズン1番の補強はあの人物!?ビジャレアル戦に向けてビッグブースト

 

明日の明朝にEL準決勝ビジャレアル戦を迎えるアーセナル。

PLから来シーズンのヨーロピアンコンペティション獲得が難しくなったアーセナルにとって絶対に負けられない大会なのだが、昨日行われたアルテタ監督における会見でビッグブーストが!!!

すでに怪我で離脱していたD・ルイスがフルトレーニングに復帰したことは伝えられていたのだが、その他にも離脱していたラカゼット、オーバメヤン、ティアニーが戦列に復帰していることを報告。

ラカゼットとオーバメヤンは選手から今回の試合に間に合う可能性があると伝えられていたのだが、ティアニーは最悪シーズン絶望と言われていただけに現地メディアもビックリしていた。

これまで毎シーズン怪我人が続出し、ヴェンゲル監督時代はそのことで泣かされたことが多かったアーセナルなのだが、このところはそもそも怪我人が少なく、怪我からの復帰もかなり早くなっている。

そして、現地メディアによれば、それら理由は1月にアーセナルへ加入していたある人物ではないか?と。

ある人物とは、1月にPSGから加入したブルーノ・マッツィオッティ!

知らない方がいるかもしれないが、マッツィオッティ氏は理学療法士としてアーセナルのスタッフチームに加入した人物。

僕は知らなかったのですが、この人物は過去に「The Athletic」のオーンステイン氏が『ネイマール、チアゴ・シウバ、アレシャンドレ・パトらが絶賛している』と報告していたほどの優秀な人物だったそうな。

過去にブラジル代表でも働いていたそうで、アーセナルには同じくブラジル代表の管轄で働いていたエドゥとのコネクションで加入したと見られる。

そんな同氏の活躍でティアニーが復帰できたアーセナル。なお負けられない試合となった!!!

ちなみに、アーセナルファンからはこのようなコメントをされている↓

 

ブルーノ・マッツィオッティ>ブルーノ・フェルナンデス

 

勝とう!!!ビジャレアルに!!!

 

 

ケヴィン・キャンベル氏もティアニー復帰を喜ぶ

 

マッツィオッティ氏の活躍もあってティアニーら主力選手が復帰したアーセナル。

このことをアーセナルOBのケヴィン・キャンベル氏も喜んでいるようで、ティアニーの重要性についてこのようにコメントしていた↓

 

「ティアニーが復帰したことは大きな後押しとなる。

最近の何試合か欠場したことは懸念だが、ビジャレアルには非常に活気のあるチュクウェゼというウイングを要しているため、彼が必要になると思う。

ティアニーは左サイドでかなり影響力を持っているので、スタートから出場するための十分な体力を持っていれば、ディフェンス陣にとってとても大きな後押しになるだろう。

そして、彼が左SBで復帰できればジャカが中盤に戻ることが出来る。」

 

とのこと。

ジャカの偽SB?CB?的な起用はそこそこ上手く行っていたが、やはり本職かつクオリティのあるティアニーが器用でいたほうが良い。

ジャカの代わりに中盤に入っていたエルネニーやセバーヨスは常時プレータイムを得ているわけではないからか調子の波が激しく、消耗戦となるであろうビジャレアル戦でジャカが本職で起用できることも大きな後押しになるはず。

 

 

ベジェリン売却でマックス・アーロンズ獲得?

 

すでに周知の通り、アーセナルが今夏に獲得へ動くと言われている右SB。

今夏にベジェリンが退団濃厚ということで、何名かの選手がリストアップされていると伝えられていたが、「90min」はアーセナルが今夏にベジェリンを放出してノリッジのマックス・アーロンズ獲得へ向かう意向があることをレポート。

このレポートを書いたジェイミー・スペンサー氏によれば、今夏にベジェリンをかねてより関心が噂されているPSGへ放出し、リプレイスとしてマックス・アーロンズ獲得へ向かう予定であり、アーセナルは数年の間アーロンズのことをチェックしていたとのこと。

アーロンズにはアーセナルの他にもマンチェスターC、エヴァートン、ウエストハム、クリスタル・パレス、レスター、ニューカッスルと数多くのクラブが関心を示しているそうだが、同メディアによればアーセナルは契約出来ると確信しているとのこと。

また、今夏に移籍を検討しているアーロンズに対してノリッジは、同選手の評価額とされる3000万ポンドの移籍金を提示されれば同選手をそれ以上引き止めるつもりはないと通知しているそうな。

その他、アーロンズはロンドン出身だそうで、それもアーセナルが獲得にこぎつけるのに有利ではないか?とのこと。

つまり、アーセナルはベジェリンを売ってそのお金でアーロンズを獲得したいといったところ。

現在アーセナルはチェンバースを右SBのスタメンで起用しているが、来シーズンはアーロンズとチェンバースorセドリックで右SBを回してチェンバースを緊急時のCBにするのだろうか?

将来性豊かな右SBを獲得した上でサリバかマヴロパノスのポジションを空けられるので、もしこれらの取引がうまく行けばとても良いアイデアに思えるが、果たして。。

 

 

 

そして、ダニエル・エク氏によるアーセナル買収は進んでいるそうで、数日中に18億ポンドのオファーを出すのだとか。

同氏はofficialな場でも『アーセナルを買収したい』と話したのだとか。もっと話が進んだらレポートします!!!

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ベルギーの得点王がラカゼットのリプレイスに名乗り?その他ニュースも

ESL参入はアーセナル売却のための出口戦略だった!?その他ニュースも

アーセナル買収に向けて3人の『Invincibles』が協力!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です