今シーズン何度目?惑わされる主審。アーセナル試合レポート

本日も更新していきます!!!

 

 

 

 

今回は本日明朝に行われたPL第22節の延期分、アーセナル対トッテナムの一戦をレポートしていきます!

※このレポートは試合内容を伴うものとなっております。お気をつけくださいませ。

 

スターティングメンバー

 

まずはスターティングメンバーから!

 

アーセナル:4−2−3−1

アーセナルはいつも通り4−2−3−1の布陣。

ディフェンスラインは左から富安、ガブリエル、ホールディング、セドリック。

中盤はジャカとエルネニーが入り、2列目中央にウーデゴール、左にマルティネリ、右にサカ。トップにはエンケティアを起用。

今節も上手く機能した前節同様のメンバー。

左SBはタヴァレスか富安どちらを起用するかというところだったが、今回は富安の左SB起用となった。

また、怪我の具合が気になっていたベン・ホワイトはベンチスタートとなっている。

 

トッテナム:3−4−2−1

対するトッテナムは3−4−2−1の布陣。

いかにもカウンターアタックで戦ってくると言わんばかりのフォーメーションで、縦に早い仕掛けを行ってくるはず。

要注意選手はケインとソン・フンミンで、彼らのパートナーシップの良さに惑わされないようにしたいところ。

 

 

試合内容

 

審判に荒らされて負け。

 

簡単なスタッツ等↓

 

 

主審にぶち壊される

 

PKとホールディングの肘判定。

両方の判定とも、到底受け入れられる判定ではなく、特にPKとなったセドリックがプッシュしたという判定だが、あれでPKを取られるのであればエリア内でDFはデュエル出来ないぜ?という。

まあ、これは両方のシーンに言えることなのだが、あの2つのプレーはソン・フンミンが上手だったと。

PKのシーンもふっ飛ばされたように振る舞い、ホールディングの2枚目のカードもわざと頭を下げて肘に向かっているように感じる。

そして、アーセナルの運が悪かったのはその両方のシーンとも主審の目の前でプレーが行われたこと。冷静にVARでチェックしていればミスジャッジとわかるのに、主審の目の前で行われているから覆せないという。

それにしても、ああいった判定は攻撃側に有利すぎないかなと。

ソン・フンミンはああいったプレーの常習犯で、今シーズンもウエストハム戦でズマが蹴った軽めのボールに当たっただけで転がり込むようなタイプなのに、、という。審判は選手のことを予習してこないのか?と思ってしまう。

勝手にアツくなって申し訳ないのだが、少なくとももうちょっとコントロールが出来る試合内容(トッテナムの選手も両シーンとも主審に詰め寄るほどのプレーじゃないと判断していた)だけに、主審の独断で壊されるのがなんとも言い難い気持ちでして。

あれだろうな、多分審判もナーヴァスになっていたんだろうな。

というか、今シーズンのアーセナルはジャッジに泣かされすぎだし、シーズン終了時点でミスジャッジの数だけ勝点を返してくれ!!おこです

 

 

最新順位と残りフィクスチャ

 

さて、今回の結果後の最新順位と残りフィクスチャがこちら↓

 

アーセナルは66ポイントで変わらず4位。

そして、残り2試合はニューカッスル(A)とエヴァートン(H)

単純に考えれば、アーセナルがCL出場権獲得レースで有利なのは間違いないし、残りの対戦相手はどちらもボトムハーフ。しかも、ニューカッスルはすでに消化試合で、エヴァートンも試合時点で消化試合となっている可能性がある。

対するトッテナムはバーンリー(H)とノリッジ(A)で、残留に向けて躍起になっているバーンリー戦は波乱が起こる可能性も感じさせるし、ノリッジも最後の記念にめっちゃガチで戦いそうだなと。

もちろんアーセナルも油断は出来ないし、するわけもないが、残りフィクスチャを冷静に判断するとそんな感じ。

なんだかあっさりトッテナムが次節で負けてCL出場権獲得とかあり得るじゃないかと思えてくる。

 

とにかく!今日の試合はトッテナムに負けてないですよ!あくまで今日のアーセナルは主審に負けました!

僕はまだまだ腸が煮えくり返ってますが、そういった具合に切り替えましょう!

 

COYG!!!

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

ガブリエル・ジェズスに5000万ユーロのオファーを提示か!?

ロマーノ氏が語るアーセナルの中盤補強事情の最新版

ウエストハムがエンケティア獲得レースのポールポジションに!?

今シーズン何度目?惑わされる主審。アーセナル試合レポート” への2件のフィードバック

  1. 敗戦のショックから立ち直れません。
    グーナーだからという訳ではなく、管理人さんの言う通り、一人のフットボール好きとしても受け入れることはできないです。
    完全に試合を壊されたし、勝っている試合でした。

    主審のPaul Tierneyが裁いた試合を調べましたが・・・
    H チェルシー    0-2 L
    A クリスタルパレス 0-3 L
    A トッテナム    0-3 L
    彼はきっと恋人と親をグーナーに殺されたのでしょうw
    それともAmazonの演出でしょうか?

    内容は悪くなかったので、次に期待です!!
    きっと勝ちます!!!

    1. 僕はまだ受け止めきれてないです。。。(泣)
      ホールディングが荒かったのは事実ですが、それを止めるのが審判の役割ですし。。。
      主審のティアニー氏は恐らくAmazonに出演するでしょね(笑)

      確かに!内容は非常にソリッドで良かったので、期待しましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。