今シーズン、改善する必要のある4人の選手

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は弊ブログで毎度おなじみの「FUNSIDED」による『今シーズン、改善する必要のある4人の選手』のレポートを紹介します!

 

はじめに

 

ピエール・エメリック・オーバメヤンはピークからは離れているかもしれないが、ミケル・アルテタ監督の元、以前の姿とは異なり、卓越した仕事率とフィールドでのリーダーシップで彼の弓に新たな弦を張った。

トーマス・パーティは素晴らしいプレーで最高の状態であることを示し、アレクサンドル・ラカゼットはチームに戻るための素晴らしいメンタリティを魅せた。

多くのポジティブ要素があるが、その他の全てもポジティブというわけではない。

現在行われている代表ウィークが終了して戻ってくる選手たちがいる。多くの選手がそこで出場機会を得て戻ってくるが、彼らは今シーズンここまでゴールが少ないチームを助ける必要がある。

ここではその中の4人を紹介する。

 

 

マーティン・ウーデゴール

 

今夏の移籍取引における評価を上から下で順位付けするならば、今の所ウーデゴールは最も低い順位に位置する。

ノリッジ戦に勝利した際のプレーは好調に見え、その後に行われたバーンリー戦でゴールを決めた時は、ノースロンドンの地で実りの多い時間が始まったように感じた。

さらにトッテナムに3対1で勝利した際には、それ以上の輝きを魅せたことで、アーセナルが彼のために使った3000万ポンドは良い使い方かと思われていた。

しかし、ブライトンとクリスタル・パレスとの試合で彼の序列は後退し、その間にラカゼットのフォームを評価されて以来、彼はチームに戻ることが出来ていない。

ラカゼットは対戦相手がアーセナルのセットアップに対応して来る限り、スターティングメンバーの常連にはならない。

そのため、ウーデゴールが復帰した時に、彼は自分自身の能力を試合で発揮するための努力をする必要がある。

最近、彼はプレーできていないが、彼がピッチに立っている時はアーセナルの選手全員がプレーに関与する。それが彼がこのチームにもたらしているもの。

そして、それは最近のチームに欠けているものであり、ワトフォード戦の彼を鑑みると、彼の最高のコンディションがそう遠くないことを感じさせる。

 

 

キーラン・ティアニー

 

サッカーファンの記憶は短く、キャリアの早い段階でピークが来た選手であろうと、その月に新たな芽が出てくると、その前に誰がそこにいたのか簡単に忘れられる。

ここ最近のリーグ戦でヌーノ・タヴァレスが見せたプレーはまさにその反応をもたらした。

それまでティアニーに隠れたベンチウォーマーだったことを考えると彼は最高だった。

パフォーマンスを1つずつ積み上げ、その結果として選手にボーナスを与えることが実力主義の全て。仮にヌーノがまだティアニーの控え選手だという認識だったとしても。

ティアニーはその点を補うための根拠を持っており、実績を鑑みれば疑う余地はない。

今シーズンのティアニーは、試合に影響が出てしまうくらいデュエルで苦労している。

彼はほとんどのパスを後方に戻すばかりで、相手選手を追い抜くエキサイティングなバーストも見られない。彼のパスはショートパスかクロスのみになってしまっている。

アーセナルとティアニーの組み合わせにおける完全なスポットを見つけられていないが、少なくともティアニーからはもっと多くのことを必要としており、あとは彼次第である。

 

 

ガブリエル・マルティネリ

 

ガブリエル・マルティネリの父親は、1月に彼がレンタルでどこかに移籍するという話を払拭した。

ただ、これまでの起用方法を鑑みるに、彼に移籍の話が出ることは容易に想像できた。

1月にANCが行われる影響で2人のFWがいないことを考えると、彼を放出することは出来ないはずで、3日に1回試合が行われるようになれば、彼の存在は非常に重要となってくるはず。

そして、そうなってくれば彼の状況も良くなるはず。

ただ、現在の彼は少し罪を犯していた。

定期的なプレータイムがない状況で、彼は少しでも印象を与えることばかりに一生懸命になり、そうでない時にシュートを放ち、懸命なパスオプションを避けている。

とはいえ、彼はまだ20歳。スコアシートに名前を載せたいという欲求は、彼のような立場にある選手にとっては必然である。彼のチャンスが巡ってきた時にそれを発揮する必要がある。

 

 

ニコラ・ぺぺ

 

ニコラ・ぺぺにまだ希望はあるだろうか?正直なところ、おそらくないだろう。少なくともアーセナルでは。

しかし、彼がここにいる間、彼はグーナーであり、彼が今からシーズンの終わりまでの間にチームに貢献するために彼は改善する必要がある。

どの部分で?かなりの部分。

主に彼は技術的なセキュリティに取り組む必要がある。冗談のようだが、ぺぺがプレーする時は右サイドでボールが止まってしまう。

確かに戦術的な側面もあるが、ブカヨ・サカがぺぺと比較してそのサイドで上手くプレーしている姿を鑑みると、彼がどれだけ劣っているかがわかる。

ぺぺに対していくつか言いたいことがあるが、1つ要求することがある場合、それは彼がもっとゴールに関与し、少なくとも彼を不満に思っているノイズをかき消すくらいは関与しなければならない。

それらで貢献できれば、恐らく彼に対して不満を持っている声が減るはず。

とはいえ、彼はANCまでは何度か起用される選手で、その間になにか見せてほしいところ。

 

 

いかがだったでしょうか?

まあ妥当な人選だったように感じますね!

個人的にはこういった種の話が出てくるときって、チームの状況が良いときなので、あくまでポジティブに捉えたいなと!

そこを超越していけば、誰が試合に出ても強い!というのを体現できるようになるのではないかと!

とにかく、この中だとぺぺにはもっと活躍してほしいですよ。1回今のラカゼットの位置とかで見てみたい気も。。。

 

元記事はこちら→Arsenal: 4 players who need to improve this season

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

1月の補強はやはりイタリアから?さらなる補強候補の噂

オーバメヤンにゴールを取り消されたウーデゴールはやはり怒っていた

ヴラホヴィッチはレアル・マドリーからのオファーを待っている?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です