ロコンガ、タヴァレス、ホワイト獲得後にアーセナルが動くポジション

本日も更新していきます!!!

 

 

今回は、昨日の「FANSIDED」にて『ロコンガ、タヴァレス、ホワイト獲得後にアーセナルが動くポジション』なるものがレポートに挙がっていたので、そちらをご紹介。

※翻訳ミスや分かりづらい文章もあると思いますが、温かい目で見てくださいませ。

 

 

はじめに

 

アーセナルは今夏の移籍市場でまだ誰も補強する事が出来ていないが、実りの多い移籍ウィンドウになることが期待されており、実際に今までよりも迅速に動いていることが見受けられる。

ヌーノ・タヴァレス、ベン・ホワイロ、サンビ・ロコンガへの関心はこれまでずっと報じられており、多くの報道によればロコンガの取引はほぼ完了しており、残す2つの補強も詳細を詰めるだけとなっている。

ベン・ホワイトはイングランド代表に選出されているため、サインまでもうしばらくかかると思われるが、すでにロンドンに滞在していると報じられているロコンガとタヴァレスは今後数週間の内にofficialでアナウンスされるはず。

しかし、チームの状況を考えればアーセナルのフロント陣は休む時間はない。彼らは次なる目標に向かって動かなければならない。

昨年トーマス・パーティを獲得したアーセナルだったが、同選手の獲得が最終日までずれ込んだことで満足なプレシーズンを送ることが出来ず、結果的にフィットするのに時間が掛かってしまった。

アーセナルが今シーズンを快適に過ごすためには早く選手を連れてこないといけない。

 

 

右SB(右サイドバック)

 

ほんの数ヶ月前まで改革の必要があるとしきりに訴えかけられていた右SBの補強はすっかり静かになってしまった。

最近はエクトル・ベジェリンに対してオファーがあったという報道がされ、彼の退団についていくつか進展があった模様。しかし、内容はアーセナルがベジェリンに対して満足いくオファーがなかった場合、買取OP付きのレンタル移籍も受け入れるといったものだった。

急いでいるアルテタ監督とエドゥTDは、早く放出しなければといった思いが強いかもしれないが、どんな条件でもベジェリンが退団するのであれば、リプレイスを見つけなければならない。

セドリックはリプレイスになれる年齢やクオリティではなく、チェンバースもSBでプレーするには物足りない。

昨シーズンの左SBの大失敗のように、誰かを本来のポジションから外してプレーする危険性は、国内リーグやヨーロピアンコンペティションでの成功を失うことに直結することが明確。

セドリックがダメなわけではないが、彼はいくつかのミスを犯した。そして、グラニト・ジャカはチームがキーラン・ティアニーによって慣れていた推進力と攻撃的な驚異を提供することが出来なかった。

キーラン・ティアニーのおかげで左サイドが安泰になったことにより、右SBに補強の必要性が明確である。

最近は富安健洋への関心が噂されている。

 

 

AMF(アタッキングミッドフィルダー)

 

昨シーズンのアーセナルの弱点は攻撃面だった。

アーセン・ヴェンゲル氏によって普及した、自由に流れる速いパス&ムーブはもはや存在しなかった。特にシーズン前半は前線にアイデアが欠けているように見え、チャンスはほとんどなかった。

これは来シーズンに向けて絶対に改善しなければならない問題である。

エミール・スミス・ロウとブカヨ・サカの継続的な輝きはアルテタ監督の仕事を救い、それまでのシーズンで起こった問題を忘れさせてくれた。

しかし、彼らのような若い選手へのプレッシャーは大きすぎる。スミス・ロウとサカは、攻撃陣に掛かるプレッシャーがない状態で成長するべきである。

さらに、昨シーズンのスミス・ロウに見られたように、トップフライトで試合に出場することで受けるダメージが原因で怪我を負う可能性があり、アルテタ監督とエドゥTDはその場合に備えて別の選択肢を探すはず。

エミリアーノ・ブエンディアはその第一候補と見られていたが、結局何もなかった。

スミス・ロウは素晴らしい才能を持っているが、状況に応じて成長する必要がある。クラブはそれらの最高の資産を信頼するだけでなく、保護する必要がある。

 

 

CMF(セントラルミッドフィルダー)

 

グラニト・ジャカは今夏の移籍市場で確実に移籍する。それは時間の問題である。

まだ確認できてはいないが、噂では取引が失敗する兆候は見られず、スイスのミッドフィルダーの将来がノースロンドンにあるようには見えない。それはピッチの中央に空きが出来ることを意味する。

しかし、ジャカがいたときでさえ、中盤の選択肢の少なさとクオリティの低さは懸念があった。

トーマス・パーティを除けば、モハメド・エルネニーがクラブの中で経験豊富に値する選手である。ダニ・セバーヨスはレンタル期間が終了して去っていき、ジョー・ウィロックとメイトランド・ナイルズの将来は疑わしい。

昨シーズン、パーティが怪我で苦労した期間は、チームの有効性を制限してしまったが、今シーズンはシーズンの最初から全力でプレーすることが期待されており、最高の状態になることも期待されている。

そのため、パーティのパートナーにふさわしい選手を獲得することは、ミッドフィールド全体だけでなく、チーム全体の成功の可能性を高める。

エネルギーと推進力の注入が切実に必要とされている。

 

 

以上、補強すべき3つのポジションでした!

その他にもGK獲得もしなければならない!

 

 

元記事はこちら→Arsenal: 3 positions to target after Lokonga, Tavares & White transfers

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

フセム・アワール獲得するためには、先にもう1人MFを売却する必要がある

中盤補強に新たな名前。ピャニッチ、ザカリア、アワールetc…

ヌーノ・タヴァレスのアドオン250万ユーロがトリガーされるための条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です