ルロイ・サネの後釜はドイツから?それともすでにチームにいる人物?

本日も更新していきます!!

 

 

 

昨夏の移籍市場ではロッペンの後釜としてバイエルン・ミュンヘン移籍が近づいていたサネ。交渉はかなり進んでいたものの、昨年8月に前十字靭帯断裂の大怪我を負ったことで、移籍話は立ち消えになっていた。

しかし、今夏で契約残り1年となる同選手には、今夏も移籍の話が舞い込んでいる模様。

今回はそれらをレポートしていきます!!!

 

 

バイエルンと個人合意?

 

 

先程も紹介した通り、今夏に残り契約が1年になるサネ。

昨夏には契約延長の話もちらほら出ていたが、現在は以前ほど契約延長に関する噂はなく、今夏に退団する可能性も示唆されていた。そして、バイエルンが今夏に獲得へ再チャレンジするのでは?とも言われていた。

5月初旬時点ではそんなサネに対し、フランス紙「レキップ」ドイツ紙「ビルト」はサネがバイエルンと個人合意したと報じている。

 

「両者は5年契約を結び、年俸はおよそ800万ユーロを受け取ることになる。残すところはクラブ間での合意のみだが、マンチェスターCは1億ユーロを要求しているそう。しかし、バイエルンは残り契約1年の選手にそんな大金を払うつもりはなく、4000万ユーロを提示している。」

 

と報道。

その後、イギリス紙「Evening Standard」ではマンチェスターCがサネを残留させることを諦め、フリーで退団になる前に移籍金を得るようとしていると報道。サネの退団は現実味を帯びてきた。

 

 

後釜はレオン・ベイリー?

 

 

マンチェスターCは、交渉する必要のある箇所がいくつか残っているが、おおよそサネをバイエルンへ売却することを認める方向で動いているとのこと。そのため、サネの後釜になる人材を求めて移籍市場に参加する模様。

そして、イギリス紙「Daily Mirror」によると、マンチェスターCはサネの後釜として、レバークーゼンに所属するレオン・ベイリーに熱視線を送っていると報じている。

 

「マンチェスターCはレバークーゼンのレオン・ベイリー獲得に興味を持っている。」

「同じ左WGを本職とするベイリーのスプリント力、潜在能力には疑いがなく、獲得に必要とされる4000万ポンドもの資金投入も辞さない構えだ。」

 

とのこと。

現在22歳であるベイリーは、今シーズンリーグ戦17試合出場5ゴール1アシストを記録している。今シーズンは怪我で離脱していた時期もあり、数字的には物足りない結果になっているが、得点を決めている試合がバイエルン、ドルトムント、ライプツィヒとビックゲームに強い印象。

同じ年齢の時に、プレミアリーグ32試合出場10ゴール15アシストを決めているサネ(化け物)と比べると、大きく劣るように感じるかもしれないが、ベイリーのスプリント力は眼を見張るものがあり、成長次第ではサネ以上の成績を残せる選手になる可能性も!

チェルシーもリストアップしている模様。評価額は2950万ユーロとなっている。

ベイリーのプレー集↓

 

 

サネの代役はマフレズで十分?

 

 

レスターで奇跡の優勝を収め、昨シーズンからはマンチェスターCでプレーしているマフレズ。加入以降、安定したプレーを魅せるものの、大きな試合で活躍する印象が少ないことから、一時期は今夏に放出の可能性も伝えられていた。

しかし、サネの退団、ベイリーへの興味が報道された後「Manchester Evening News」のアミー・ウィルソン氏はコラムにてマフレズの必要性についてこう記している。

要約↓

 

「マフレズはグアルディオラが1年間獲得を望んでいたほどの選手である。」

「加入して最初のシーズンはリヴァプール戦でのPK失敗により、ファンから悪いイメージがついてしまったが、44試合出場12ゴール12アシストを記録しており、悲観するようなシーズンではなかった。」

「今シーズンは現時点で、37試合出場9ゴール14アシストと、2列目の選手としてはスターリング、デ・ブルイネに次ぐ成績を残している。」

「昨シーズンと比べても、飛躍していることは間違いなく、来シーズンはさらなる成績を残せるポテンシャルがある。」

 

と記している。

マフレズはレスター時代の印象からドリブルでの単独突破のイメージが強いかと思われるが、マンチェスターC加入以降は下の画像にあるように、ドリブル以上にパス能力が光っていた。

マンチェスターCでアシストとなれば、デ・ブライネが連想されるが、マフレズも負けていない。

サネの会いた場所には将来投資をするべきでは??

 

 

アルフォンソ・デイビスにも興味?

 

 

おそらく飛ばし記事だと思われるが、、、

Manchester Evening News」によると。マンチェスターCは、今シーズンのバイエルンに現れたニュースターのアルフォンソ・デイビスに関心があるそうで、サネとの取引に含められないか関心があるそう。

バイエルンはデイビスを手放すつもりは毛頭ないと思われるので、あくまで参考として。。

 

 

 

なんにせよサネの退団が近づいており、今夏に代役確保を目指しているマンチェスターC。そもそもの選手層が分厚く、モウリーニョは今シーズンのシーズン予想の際、『優勝候補はリヴァプール、マンチェスターC、マンチェスターCのBチーム。』なんて言われるほど。スターリング、マフレズ、ベルナルド・シウバがいれば、若手の発掘に資金を費やしても良いのでは?

潤贅な資金を持つマンチェスターCは、今夏どのような動きをするのだろうか??続報が入り次第レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

 

 

それでは

 

 

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

見限られたナイルズ。プレミアリーグ内のクラブが獲得に動く?

アーセナルがコウチーニョ代理人と会談?デンベレは大幅値下げ?

アーセナル若手リース・ネルソンの適正ポジションは中央?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です