リヨンは今夏にラカゼットを連れ戻すために何でもする予定

本日も更新していきます!!!

 

 

リヨンは今夏にラカゼットを連れ戻すために何でもする予定

 

現行契約が今夏に切れることでフリーエージェントで退団する可能性が高まっているアレクサンドル・ラカゼット。

すでに1月の段階からラカゼットに対して関心を示すクラブはいくつかあると伝えられていたのだが、昨日の「ESPN」によれば、その中でも特に熱心な関心を見せていたリヨンが同選手の獲得のためになんでもするつもりなんだとか。

同メディアによれば、リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長は今夏にラカゼットを連れ戻すことを『夢』と捉えており、獲得のために『可能な限りのこと』全てを行う予定だという。

『可能な限りのこと』というのが、金額面で言うところの高額な給与パッケージ、サイン手数料、ボーナスを限界まで引き上げる心づもりがあるそうな。

また、リヨンはラカゼットを取り戻すために、今夏に他の選手を獲得することさえ放棄するアイデアも持っているとのこと。

リヨンは1月の時点でラカゼットの獲得を目指していることを公言しており、オラス会長も今夏に獲得へ動くことを語っていた。

アーセナルも単年〜2年の契約延長を検討しているとも伝えられているが、リヨンがここまで動けば契約延長は難しいのではないかと。

しばらく推移を見守る必要がありそうです。

 

 

サウサンプトンのブロヤに関心

 

今夏に新たなストライカー獲得へ向けて動いているアーセナル。

現時点で噂されているのはアレクサンダー・イサク、カルバート・ルーウィン、ジョナサン・デイビッドら、各国リーグを代表する若手ストライカー達なのだが、さらに国内で気になる選手が存在する模様。

昨日のイギリス「football london」によれば、現在アーセナルはチェルシーからサウサンプトンにレンタル中のアルマンド・ブロヤへの関心を持っているとのこと。

同メディアによれば、アルテタ監督がブロヤのことを高く評価しているようでリストアップしたのだとか。

現時点ではそれ以上の情報が出ていないので、どこまで信憑性のあるレポートかはわからないが、ブロヤは先日のマンチェスターU戦で得点こそなかったものの好プレーを見せており、今後が期待できる選手としてフィーチャーされていた。

僕もその試合を観ていたのですが、体は強いし、足元も上手いし、走力もあるしというかなり万能型と感じた!得点力が上がれば大化けする可能性は高いのでは!?という期待感も。

来シーズンCLに出場できれば、新ストライカー、ブロヤ、バロガンの3人で回すみたいな。贅沢ですね笑

ブロヤのプロフィール等↓

プレー集↓

 

 

 

 

今後も新たな情報が入り次第、随時レポートしていきます!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございます!!!

 

それでは

 

こちらの記事も合わせてどうぞ↓

今夏に退団希望のティーレマンスへ5つのPLクラブが関心を示す?

エルネニーはアーセナルの主要選手になることを諦めず

どうやら10人になるのが好きみたいなようだ。アーセナル試合レポート

リヨンは今夏にラカゼットを連れ戻すために何でもする予定” への2件のフィードバック

    1. かなりスケールのでかい選手ですよ!
      サウサンプトンが冬に完全移籍へ移行したくなった気持ちがわかります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。